LOOK 誰でも体験できる世界一周





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



僕が手に持っているのは、ナミビア砂漠の砂と南アフリカ共和国喜望峰の砂です。

1年ちょっと前、Twitterをなんとなく見ていた所ある若い男の子がソフトバンクの孫さんに「車で世界一周するのでiPadを至急して下さい!」とコメントを送っていました。
それに対する孫さんの返事が「やりましょう!」。

彼らを知ったのはこれが始めてでした。


23歳という若い二人。
中学校からの腐れ縁だそうです。

そんな二人だから完全にノリで「車で世界一周しようぜ!」という事になったんでしょうね。
しかし、どうしても資金が足りずキャンプファイヤーというクラウドファインディングで資金を募ります。


大学を卒業したら就職するのが当たり前の中、卒業後に車で世界一周をする。

そんなアホみたいな無邪気な二人を純粋に応援したくて、システムの上限金額である10万円を援助しました。


そして、援助者が集まり彼らは旅に出ます。

彼らからは行く国々で写真を撮り、その絵はがきを毎月送ってくれました。
そのはがきを私も妻も毎回楽しみにしていました。


そんな中、ある情報が私に入ります。

南アフリカ共和国からアルゼンチンに車を輸送するのに2ヶ月かかるので、その間日本に一時帰国するというのです。


そんなわけで、忙しい所を無理言って会ってもらいました。


はがきの文面から何となく伝わってきましたが、とても純粋な二人。
ここ最近見た事の無い目のキラキラ感でしたね。

ここまでアジア大陸を回って、アフリカを縦断したのですが、やはりアフリカはかなり大変だったそうです。

とにかく道が悪く、時速5キロで走っても危ないくらい。
泊まったホテルの話や、シマウマを食べた話などとても面白くお話を聞かせていただきました。


6月末からまた旅が再開されます。

しかし、実は盗難や現地情勢によるルート変更など様々な理由により資金が底をついてしまったのです。


本日現在で不足している金額は1,357,012円。

毎日少しずつ支援が集まっているのですが、このペースでは出発までにはたまらないと思います。


そこで、みなさんで彼ら二人を応援しませんか?

正直この金額でしたら僕が普通に全額支援する事も可能です。
ただ、そんな簡単に資金が集まるのも彼らのためにならないと思いますし、何よりここにいるみんなと一緒に彼らの旅を応援したい気持ちがあります。

ちなみに、今日僕は彼らに50万円の支援をしました。
ですので残りは857,012円になります。

本当に1,000円からでもいいので、若い二人に応援をよろしくお願いします!

http://lookintheworldwithme.com/sponsors/sponsors.html



また、残りはアメリカ大陸縦断になりますが、もっともっと彼らの旅が注目を浴びる面白コンテンツになるように色々とアドバイスをしてきました。

彼らにしかできない物がこれからどんどん飛び出してくると思います。
小玉のアドバイスで彼らの旅やコンテンツがどう変わっていくかも期待して下さい。

マジで見返りとかそんなんじゃなくて、純粋に応援をよろしくお願いします。
僕もそうなので。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

まだデータがありません。

週間

PAGE TOP