結果を出すために必要な行動量とは?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そこそこネットビジネスをやっていて、月5~10万円ほどの利益でくすぶっている人がかなり多いのですが、何てことはなくて彼らに必要なのは「行動量」です。それだけ。

本人はやってるつもりなのでしょうが、本当に結果を出すためにはその程度ではダメなんです。
ここで問題なのは「じゃあ、どのくらいやらなきゃいけないの?」ってこと。

いわゆる「結果を出すための基準値」というものを知る事が出来れば「やってるつもり」という事は無くなります。
何故なら、結果を出した人の行動量を掴んでいるので、それと比較して「自分がやっていない」という事が明確になるから。

ということで、昨夜メンタークラブ2期生の横山とメンタークラブ3期生のマサに協力していただき『結果を出すために必要な行動量とは?』というテーマで急遽撮影を致しました。



いきなりお願いしたにも関わらず、快く協力いただいた2人に感謝!

「なかなか大きな結果が出ない!」という全ての方に見ていただきたいので、シェアをしていただければありがたいです。

全てが正解というわけでは無いと思いますが、必ず参考になる部分はあるはずです。
また、感想をコメントいただければ、嬉しい限りでございます。


『結果を出すために必要な行動量とは?』

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP