情報発信ビジネスで最も早く異次元の結果を出す方法とは?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のメルマガは様々なジャンルのビジネスマンが読んでいます。


もし、あなたが情報発信ビジネスで結果を出したいのであれば、今日のメールの内容はかなり重要です。

すぐに実行していただきたい感じですね。

本当に信じられないくらいに一瞬でステージが変わりますよ!



情報発信ビジネスで最も早く異次元の結果を出す方法・・・

それは「プロダクトローンチ」を行うことです。


「プロダクトローンチ」というと、短期間に大きな売り上げを作る手法としてよく知られています。

「これに取り掛かって一瞬で1億稼ごう!!」なんてことを言いたいわけではありません。

今日の話の本質は全く別のところにあるんです。


長期的に情報発信ビジネスをやっていく事を考えたときに、実はそのローンチの売り上げ自体はどうでもいいんです。


そんなことよりも、

・業界全体に「そのジャンルの専門家」として知られる

・短期間に多くのEメールアドレスを獲得できる

この2つの効果の方がめちゃめちゃ大きいんですよ。


例えば今私がメルマガに関するキャンペーンをやったとします。

それを、多くのアフィリエイターさんが、例えば「メルマガのすごい情報が受け取れますよ」と紹介してくれたとします。

そして、キャンペーンで今まで私がリーチしてなかった方が、新規で5000人登録してくれるとします。

すると、その5000人に対しては一瞬にして私が「メルマガの専門家」として認知されるわけですよ。


このインパクトは凄まじいいですし、はっきりってこれまでとは異次元のステージに行きます。

新規で5000人に専門家として認知されるわけです。

それって物凄い事だと思いませんか?

一瞬で世界が変わっちゃうんですよ。



これまで4年間くらい業界にいますが、私のステージが大きく変わったのが2回あります。

どちらも2011年の話ですね。

1回目が「マネートラップ」という教材をリリースした時。

この時には教材の購入前に、必ず無料で一部見てもらうというやり方をしていました。

そして、この無料での一部閲覧に関しては、アフィリエイターさんに報酬をお支払いして紹介していただきました。

その結果、確かスタートした月だけで1万5000リストほど集まったと思います。

それまでメルマガ読者が2000人とかでしたから、このインパクトはすさまじいものでしたね。


その次は年末に「MAMセミナー」というセミナー動画を無料で配布した時ですね。

これはメルマガに関する大規模セミナーの動画でしたが、2万弱のリストが一瞬で集まったと記憶しています。

ちなみに、もう大昔ですが若き日の私の姿を今でもYouTubeでみることができますよ!


(画質はかなり悪いので注意!)


画質が悪いながら見ていただいたらわかると思いますが、コンテンツが超しっかりしています。

ここが重要なんですね。

もちろんプロダクトローンチは、広告費をかけてやるものなので商品はしっかり売ります。

そこで利益を出さないといけませんからね。


ただ、それ以上にしっかりやるのが「良質なコンテンツをお届けすること」です。

そしてローンチ終了後には、購入者も非購入者も自分のファンになっていただいていることが重要なんです。

最近のプロダクトローンチは商品を売ることばかり考えていて、上記の部分がかなりいい加減になってます。

まあ、情報発信ビジネスとかどうでもよくて、商品を売るだけならそうなってしまうかもしれませんがね。
(全然いいことではないです!)


ですが、この部分をしっかりやりながらローンチを重ねれば、収益を上げながら自分のフォロワーとなってくれる方をどんどん増やしていくことができるんです。

ご存知かどうかわかりませんが、私は過去に何も売らないキャンペーンを何度もやっています。

・苫米地英人さんとの対談
・井上裕之さんとの対談
・ゴールデンルールセミナー
・小西玲太朗くんとの対談

それぞれ、500万円から1000万円ほどの広告費を使ってキャンペーンをしました。

ですが、何もセールスすることはありませんでした。

それは目先の利益を上げることよりも、良質なコンテンツを届けることに意識がいっていたからです。


そして、最近お手伝いした前村さんと中川さんのローンチも、セールスはしましたが3万円以下の教材です。

巷によくあるやつだったら、20万円とか30万円の塾のセールスをしますよね。

私はそんな短期的な利益よりも再現性の高く実践者の結果が出る教材を多くの方に手にしてもらう事と、短期間に多くの人に認知される事を彼らに与えてあげたかったんです。

「バコーーーン!」と稼がせたい気持ちも当然ありましたが、今回は良く考えてそちらを優先しました。


まあ、この辺りは微妙なさじ加減ですよね。

私も売るときは売りますしね。

本当に気合い入れて売ります。


ただ、そうじゃないときは売らない。

ええ、売りません。

だって、最近やった小西とのキャンペーンの最後の動画なんてこんなんですよ。




こういうことを結構やるので、「小玉さん、あれは何のためのキャンペーンだったんですか?」ってよく言われるんですよね。

その回答が本日のメールってことでございます。


ですので、もしあなたが情報発信ビジネスに取り組んでいるならば、こういう感じで「プロダクトローンチ」をやってみてください。

本当に一瞬でステージが変わりますので。



とは言え、

「アフィリエイトセンター持ってないし・・・」

「紹介してくれるアフィリエイターの知り合いなんていないし・・・」

「そもそもランディングページとか良く分かんないし・・・」

とか色々あると思うんですよ。


ですから、今年から始まった「Frontline Marketing Club」のメンバーには、小玉プロデュースのジョイント権利があるわけですね。

まあ、これは誰でもオッケーなわけではなく、私から見て「恥ずかしくない」結果やノウハウを持った方になります。


ただ、普通ならばそういう物を持っていたとしても、ある程度人脈的なものがないとなかなか難しいわけです。

ですから、「こういうのあるんですけどー!」とか、何かやりたいことがあれば声をかけてくださいね。

面白い人はガンガン世に広めますので、どんどんステージを上げていってほしいと思います。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP