そうだよね〜。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事で「FMCの仲間である花井志穂が、 月収1000万円を突破した」というお話をしました。

彼女が直接指導を受けた場というのは、私のグループコンサルティングです。

 

このグループコンサルティングですが、 実はFMC募集の際に先着15名の特典となっていたんですね。

ですので、変な話FMCの料金に追加でお金はかからない感じで、 コンサルティングをしていました。

(彼女はFacebook集客エリートコースや、 ゴールデンマインド合宿などにも参加していますけどね)

 

このグループコンサルティングでは、 月に1回全員が集まって それぞれの現状報告と質問事項を発表します。

それに対して私がディレクションを入れていき、 次のコンサルティングの場までに各々実践を進めていくんです。

ディレクション→実践→報告→ディレクションと、 ぐいぐい成長していくわけですね。

 

そんな感じで行ったグループコンサルティングですが、 全3回の最終回に来たのは何名だと思いますか??

 

・・・8名です。

うち1名が最後の1回だけ来ているので、 継続して参加したのは7名という感じですね。

 

花井志穂のケースは1000万円という大きなものでしたが、 それ以外の方もかなり結果は出ていますよ。

しかしながら、15名いたメンバーが最後には半減です。

悲しい〜〜〜!

 

・・・とはいっても、こんな現象が起こるのもわからないくもないんです。

 

なぜなら、

>月に1回全員が集まって

>それぞれの現状報告と質問事項を発表します。

>それに対して私がディレクションを入れていき、

>次のコンサルティングの場までに各々実践を進めていくんです。

こういうスタイルなので、自分が前進していないと 報告も新たな質問も出てこないんです。

 

ですから、何も実践をしていないっていう人は 普通に行きづらくなってしまいますよね。

最初の1回しか来なかった人もいますよ。

実践さえしていれば成果が出ていなくても、 報告することはあるので出席する意味はあるんですけど。

まあ、そんなもんか。

 

今回のグループコンサルティングって、 「その人の最適な地図」を書いてあげるイメージでやりました。

より短時間で、より遠くまで行ける道を示す地図です。

で、翌月にその地図の通りに進んでいるかを見たり、 その人の別のルートを新たに発見して地図を修正したりする感じ。

 

ですから、私は地図は書きますが 結局その地図の道を歩くのは自分なんですよ。

地図:歩く=2:8くらいの重要性なんじゃないかって思います。

あたりまえですが、本人が歩いてくれなければ、 その地図は全く意味を成しませんよね。

 

前回のメールで「あえて売らない」的な話をしました。

覚えてますか??

 

基本的に私との距離が近ければ近いサービスほど 「あえて売らない」みたいなことをします。

距離が近くなるってことはもちろん高額になります。

ですので、申し込んでも無駄になるような人には、 価値が伝わらないように案内をするんですよ。

「ゴールデンマインド合宿」や「Facebook集客エリートコース」の参加者の 結果を出す確率が異常に高くなるのは、そりゃあ当然なわけですね。

価格が高い上に情弱がピクリとも反応できない感じで、 募集をしているわけですから。

 

ただ、今回のこのグループコンサルティングは特典でした。

ですから、なんというか「おまけ」みたいになっちゃったのかな〜。

私としては濃いつながりだと思っていましたが、 半数が最終日にはいなくなってましたね。

 

といっても、こんな感じで数カ月にわたって 成長を見ながら地図を書いていくのは良かったですね。

このスタイルの指導での成功率は、かなり高くなると確信しましたよ。

 

ということで!

昨日限定でグループコンサルティングの募集をしました。

今回は有料ですが、上限7名という超狭い枠です。

 

「昨日限定」ということですので、もちろんもう締め切っています。

 

それで、このグループコンサルティングに申し込んだのが、

岸尾 正博さん

三浦 啓太さん

花井 志穂さん

青木 尚士さん

三浦 紘樹さん

という5名で、なんと定員に達しませんでした。

 

なんというか、「そうだよね〜」という5名です。

 

そうなんです。

そういう事なんです。

 

もちろんメンタークラブのメンバーは別にしても、 FMCで頭抜けている、もしくは今後抜ける可能性が高いのは、 この5人だけってことなんですね〜。

まあね、「小玉から学ぶことは無いわ」とか 「どうせリスト数が多いからでしょ」とか思ってるかもしれません。

去年もそんな感じの人がいましたが、 今もクソみたいなレターで15万円のスクールとか売ってます。

あ〜ひどい。

 

まあ、去年の話はもう手遅れなのでいいんですけど、 FMCは他に何人か期待してただけに残念。

バーンと一気に伸びるんだけどなあ。

私の言っていることが偉そうに聞こえるかもしれないけど、 実際そうなんだから仕方ないでしょう。

 

もちろん、今の段階ではグループコンサルティングに参加しても、 「生かしきれない」って人は参加しちゃダメですよ。

FMCという環境の中で精一杯頑張って欲しいし、 私も超全力でサポートします。

うん、がんばろうね!!

 

 

話は変わりますが、、、

フロントラインメンタークラブの5期のメンバーが決定し、 6月から指導がスタートしました。

今回は2人なのですが1人は東大卒で、もう1人は高校中退です。

物凄い感じの対比がたまらないのですが、 当然2人ともかなり凄い物を持っているわけです。

そうじゃなきゃ、コンサルフィーを受け取れません。

 

東大出るのは普通に凄い事ですし、 学歴が無くても自分の武器をギラギラに光るように磨いているのも これまた凄い事です。

凄い物を持っていて、それに私の手が加われば 何倍にもなると確信しているから高額でも受け取れるんです。

 

本当に半年後がかなり楽しみですね。

この2人の人生を大きく変えていく手助けをするために、 私も色々作戦を練っていきます。

5期の2人、気合い入れていこうぜー!!

 

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP