昨日ちょっと嬉しいことがありました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日ちょっと嬉しいことがありました。

私が運営しているFMCというコミュニティーの、グループチャットでこんな投稿があったのです。

 

***********************

この数日のこと報告させて下さい!

金曜日に小玉さんとディナーに行かせて頂きまして、 FMCのアフィリエイトで1位になった際の特典である

『小玉さんをセミナーゲストで呼べる権利』 やセミナーの件を含めて相談させて頂きました。

 

『これじゃバックエンド売れないな…』

と僕の中で結論になりまして、

寝ずにセミナー内容を修正して 土曜日セミナーに挑んだのですが、

売上0円で全く売れなくて…

 

さらに寝ずに修正をして、

昨日、日曜日に 僕のセミナーに小玉さんゲストで来て頂く日になりまして、

セミナーの途中にワークがあり、 その隙をみて小玉さんにセミナーの件を相談したところ、

適確かつ親切にご指導頂き、

なんと、 クロージング3分前にセミナー中にスライドの資料を 修正変更してクロージングしました。

 

ほんとに自分で何を話しているのかわからず、 クロージングは即興みたいな感じで何を喋ったのか覚えていません。

ただ、小玉さんにご指導頂いたおかげで、 なんとか200万円以上の売上が上げることができました。

大変感謝しております。 ありがとうございます。

 

ずっと前にいてセミナー受講生の顔をみていたのでわかりますが、 小玉さんの講演の部分が一番うなずいていて、

小玉さんがお話している内容も僕のセミナー全部聞いていたのではないか? と思えるぐらいピッタリで 即興であそこまでできる小玉さん物凄かったのと次元が違うと思いました。

 

ほんとに忘れられない1日になりました。

なにより、ここ数日『小玉愛』を凄く感じました!

 

セミナー後 『まだまだだね、頑張れ!』

と言われ正直、ほんとに泣きそうになりました。

 

セミナーを全くわかっていなく、実力不足なのに、 ここまで勢いとノリでセミナーを行いましたが、

教える立場として、 小玉さんのように僕も ちゃんと導けるようになりたいと心底思いました。

個人ごとにも関わらず長くなってしまいましたが、 ほんとに感謝しかありません。

 

小玉さんありがとうございます!

***********************

 

そのまま転載しました。

私は死ぬほど分かりやすい性格です。

みんなが見ているグループチャットで、こんなこと書かれると嬉しいに決まってます。笑

 

で!!

「いや〜、嬉しいな〜♪」で終わるとアホなので、私が彼にしたアドバイスや、会場で受講者に話したことを解説しましょう。

 

まず、セミナーの前日の夜に、彼と食事に行きました。

FMC内で行ったアフィリエイト企画で、1位を取ったご褒美の奢りメシです。

 

そこで彼と色々話をして気づいたのは、「難しいことをやりすぎだな」という事ですね。

セミナー参加者のレベルから考えると、彼の話は理解できないなと思ったんですよ。

講義の内容が理解できないし、紹介する商品の価値も理解できない。

そんな感じです。

 

彼自身は能力が高いので、色んなことを実践して色んな成果を出していますよ。

それをセミナーの時に、全力で出し切ろうとしたんだと思うんです。

でも、それじゃあダメだったんですね。

 

もちろん、そういう「出し切る姿勢」はとっても素晴らしいですよ。

参加してくださる受講者への感謝の気持ちも込めて、そういう意識でセミナーに臨むことは重要。

ただ、それが理解されなかったら何の意味も無いわけです。

 

セミナーの受講費は3000円です。

その価格設定の時点で、初心者かリサーチ目的の同業者が大半の参加者となることは間違いありません。

だとしたら、その参加者に合わせた内容や商品にしなければいけないんです。

 

FMCの中でやるんだったら、当初の内容で全く問題ありません。

ただ、こういう形式で集客したセミナーでは「受講者にはチンプンカンプンになる」というのが、私の正直な感想でした。

そして、それを彼にも伝えました。

 

翌日に彼は1回目のセミナーを開催しました。

私はその翌日である2回目のセミナーにゲストで、20分くらい講義をするという感じだったんです。

 

セミナー自体は13時開始ですが、私が講義をするのは16時過ぎということでした。

当日は私もなんやかんやあったので、出演直前の16時に会場に入りました。

 

そこで彼から話を聞くと、前日に行われた1回目のセミナーでは、商品の購入者が0人だったと。

食事の時の話を聞いて資料や商品を修正したが、それでもダメだったということなんです。

「それは困りましたね〜」ということで、セミナー資料と商品説明のスライドを見ました。

 

で、それを見て直ぐに問題点がわかったので、修正をかけていくことにしたんです。

修正すべきところは山ほどあったのですが、その場で改善できる所だけ改善しました。

 

具体的には商品のプランですね。

通常プランと上位プランがあったのですが、これを通常プランのみにしました。

というのも、パッと見で2つの差異というのが、殆ど見えなかったわけですよ。

これだと、お客さんが迷っちゃって最終的には「買わない」という選択肢をとるんです。

「どっちがいいかわかんないからやーめた!」現象です。

 

もちろん、オファーの仕方にもよりますよ。

明らかに特徴がそれぞれにあったり、明らかに片方が良かったりすれば迷いは起きません。

ただ、そんな諸々を教えている時間は無かったので、ザクッと上位プランを無くしたわけです。

 

ただ、私が気になったのは、商品のことよりも講義内容だったんですね。

私は資料を見ただけで講義の場にはいなかったのですが、あの資料から察するに「伝わってないな」と。

ですので、私が彼からもらった20分では、講義内容をわかりやすーーーーくお話ししました。

 

なんていうのかな、

「は〜い!復習しますよ〜!」って仕切りでやったわけではないんです。

 

私は私で、また別のお話をしているのですが、その話の中に彼の講義を噛み砕いた内容がある感じ。

私の話を聞いているうちに頭の中で講義を振り返って、「ああ、あれはそういうことか〜」と、改めて理解してもらうことを狙ったんですね。

これはいいですよ。

各々が自分で自然に理解を深めていくので、「腑に落ちた感」が格段に上がるんです。

 

そして、それに加えて

・そのノウハウがいかに稼ぎに直結するか? ・実際にどれくらい稼げるのか? ・他の稼ぎ方と比べていかに優れているか?

ということを伝えました。

 

この時に重要なのは、受講者の顔を見ること。

伝わってるか伝わっていないか、理解しているか理解していないかは表情を見れば簡単に汲み取れます。

伝わってなかったら、もっとわかりやすく話す。

 

1対1で会話していたら、普通はそうやって理解してもらうでしょ?

セミナーだってそれと全く同じです。

伝わってなかったら伝わるように話す。

そういう事です。

 

そんなこんなで、彼の激動の3日間が終わりました。

激動って大げさか。笑

 

私の話した20分って録画してたと思うので、何を話していたか拾っておいてくださいね。

それが講義の補足なので、今後の講義に活かせば理解度は上がるはずです。

とにかく、結果が出て良かったね(^_^)v

 

彼が一番良かったのは、私が言ったことを実行したことですよね。

それも言ったこと全てを素直に。

 

「小玉さん、どういうことですか?指導内容を実践するのって当たり前じゃないですか?」

あなたは、そう思ったかもしれません。

 

ですが、実際全てを素直に実践する人ってあまりいないんですよね。

「小玉さんはそう言いますが、私はこうやります」って、人はかなり多いですよ〜。

 

最近で言えば、ヤフオクで不用品売れって言ってるのにメルカリで売ってみたり。

いや、メルカリがダメってわけじゃないですよ。

まずは言われたことをやりなさいよってこと。

 

初心者だけじゃなく中級者以上でも、そういう人は結構います。

私の指導から中途半端にエッセンスを吸収しようってケースが多いかな〜。

まあ、そういう中途半端な人は中途半端な結果です。

 

「いいとこ取り」なんて能力が相当高くないと、できない芸当だと思うんですよね。

ですから、基本は100%コミットで100%実践。

 

この1年くらい本当に強く感じます。

言われたことを100%忠実に実践した人と、中途半端に拾っていた人の差が、死ぬほど付いたような1年だったと思います。

私が調子こいているとかじゃなくて、事実としてそうなっているんで仕方ないです。

 

でも、これって当たり前なんですよ。

私が何か指導する時って、いい加減に言っているわけではありません。

これまでに同じような場面に遭遇して、試行錯誤した上での最適解をお話ししているんですよ。

例えば、「AとBのどちらがいいか?」ということを、ある人が考えていた(悩んでいた)とします。

それに対して私が「Aが良いよ」という答えを出したとしますよね。

ただ、悩むくらいですから、本人はBもそこそこ良いような感じがしているんです。

でも、私も適当に言っているわけではなく「Bを選んであまり良くなかった」という経験があって「Aが良いよ」という事を言うんですよね。

 

そこにきて、「小玉さんはAが良いって言うけど自分はBだと思う!」ってなったら・・・・

もうね、失敗は見えているんです。

私が過去にその失敗を犯しているわけですから。

 

たまにウルトラ天才な人がいたりするのですが、それ以外の人であれば、遭遇する問題は大体私も経験しています。

何か変な方向に進んでいれば、それも経験済みなので直ぐにわかります。

ですから、間違いなくアドバイスは的確なんですけど、やっぱり100%で聞かない人が多い。

言った通りにやれば良い結果が出るって例を、かなり出してきたはずなんですけどね。

「言った通りにやればもっと稼げる」って人は、本当にいっぱいいるんですよね。

もちろん、稼ぎたくないのであれば、別にそこに関しては言うことはありません。

 

ただね〜、もったいないです。

いいとこ取り的なことや中途半端なことはやめて、素直に小玉のアドバイスを実践してほしいな。

マジで素敵な未来をお約束できるのですが❀(*´◡`*)❀

 

ということで、長くなりましたが!

 

そんなことを最近強く思っていた中で昨日みたいな投稿があったので嬉しかったのです。

彼みたいな事例を今後も山盛り作っていけば、素直に話を聞いてくれる人も増えるでしょうね。

もっと、がんばりま〜す♪

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP