よっしゃ!4500万円!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前々から話している通り、弊社ではebay輸出に熱心に取り組んでいます。

販売しているのは、天然石です。


日本国内は自社ネットショップとヤフーショッピングと、Amazonで展開をしてきました。

あと、恵比寿の実店舗です。

楽天は審査が通らなかったので、断念した感じですね。

楽天やりたかったけど、まあ仕方ないです。


ヤフーショッピングに関しては全くダメな感じでした。

天然石とは相性悪いかな。

ヤフオク流れで低価格商品が中心の場所な気がします。

Amazonはビーズの粒売りが、ちょいちょい売れます。


そんな感じで結局のところ、自社ネットショップと恵比寿のお店が中心です。

もちろん、今後色んな仕掛けをして国内は伸ばしていきます。


ただ、天然石が好きな人は世界中にいるんですよ。

となると、高額商品も売れちゃうebayなんかは使わない理由が無いということになります。


しかしながらebayには、スタート時に出品リミットという物があります。

10品、500ドルしか出品できないんですよ。

これは、ebayで商売を続けて30日ごとにリミットアップの交渉をしていく感じです。


うちのラインナップですと、500ドル以下の商品を探す方が難しいんですよね。

だから、最初のうちは全く商売にならない。

というか、10品では特色すら出せないじゃないですか。


とはいってもボケッとしている時間も無駄なので、在庫をオークションで出しまくりました。

商売の回数を多くして、少しでもebayにアピールできないかと考えたんです。

でも、基本的にオークションって定額出品よりもかなり安めになるじゃないですか。

なので、大体が赤字ですよ。


6月から本格的に動き出したのですが、動き出してからの2ヶ月の収支が・・・


驚きのマイナス156万円!!


まあ、滞留在庫をさばいたんで、処分といえば処分ですがね。

そんな感じで、血を流しながら商売を積み重ねてきたわけです。


ところが!!!


まー、ebayのリミットアップは渋い渋い、本当に渋い。


●リミットアップ1回目 

500ドル → 5000ドル


これは、いいでしょう。

次ですよ。



●リミットアップ2回目

5000ドル → 10000ドル


1回目の10倍が何だったのか謎なくらいに渋い増え方。

ただ、まあ仕方無いかと。


実はこの渋さを見て、オークション作戦に動いたんです。

ここから血を流し始めました。



●リミットアップ3回目

10000ドル → 17500ドル


おっと!

2倍も行かないぜと!!

オークション意味無いのかな〜と、少し涙目になりました。



●リミットアップ4回目

17500ドル → 35000ドル


渋い!!

渋すぎる!!!


ここは、実は横山に電話かけてもらってものすごくアピールしてもらったんです。

ですが、意味が無かったですね。


実はこのへんから、オークション出品でも利益が出る商品が見つかりました。

そこで、一気にオークション出品を増加。

出品数を増やしたら、お客さんは顕著に増えましたね。

イケイケドンドンになってきました。


ところが・・・



●リミットアップ5回目

35000ドル → 64750ドル


渋い!!

淡谷のり子先生かってくらい渋い!!


これ、大体770万円じゃないですか。

うちの在庫を全て出品するとなると、3億円くらい枠が必要なんです。

そこまでいかなくても、ラインナップで特色を出すには6〜7000万円くらいは欲しい。

ですから、これじゃ本当に、お話にならないんですね。


ちなみに、この時も横山に猛烈アピールしてもらいました。

電話を聞いているわけじゃないですけど、多分相当食い下がったと思いますよ。

横山を知っている人は、想像できると思いますが・・・



このリミットアップが、9月2日でした。

こうなると、今後に関しては月に2倍も期待できないわけです。


まあ、2倍だとしても

10月 130000ドル
11月 260000ドル
12月 520000ドル

と、年末にやっと、そこそこいい感じになるかな〜なんて思っておりました。


ところが今朝、こんなメールが。


>We’re pleased to let you know that we’ve increased your selling limits as a result of your recent selling performance.

>You can now sell up to 1750 items and up to $ 350000.00 a month, whichever comes first. To check your sales and monthly selling limits, go to the “All Selling” section of My eBay.


簡単に言うと、

「お前頑張ってるからリミット増やしてやるよ!
月に1750出品、350000ドルまで売ってもいいぜ!」

という感じです。


うおーーーーー!!

マジで嬉しいーーーー!!!


350000ドルだとざっくり4200万円です。

この前進はかなり大きいっす。

そして、来月2倍にできれば、言うこと無しな感じ。


うちは、

ルチルクォーツ
スーパーセブン
ラリマー

の3種類の売上比率が高いので、在庫がかなり多いです。


例えばルチルクォーツを全部出品すると、それだけで9000万円です。

ここでかなり枠を食っちゃいます。

ですので、この3種類を選別すれば、4200万円の枠でも面白くできます。

お客さんがワクワクするショップアカウントを作ることはできそうですよ。

来月に2倍になったら、もう本当に凄いショップになる。


きっと、板垣くんと岡田くんが1日に10個とか15個とかオークションで販売しているのをebayさんが認めてくれたんだと思います。

見ていてくれたんだと思います。


1点ものですから、それぞれ全て撮影して説明文を入れますからね。

1日に10〜15個ペースで。

それヤバイっしょ?


板垣くん、岡田くん!!

君たちの努力は報われたよ!!

本当にありがとう!!!


それで、この枠をどんな商品で埋めるかってのが、また難しい話なんですよ。

本来であれば社員にやらせるべきですけど、かなり時間かかると思うんです。


それを待てないダメ社長な私は、リストを自分で作って彼らに送ってしまいました。


どんなラインナップにするか考えていくのって、勉強になるんですけどね。

でも、待てないんです。

枠が増えたら1秒でもはやくその枠を埋めたい。

リストを送りましたが、現時点でまだ出品されてないので自分でやろうかと思っているくらい。笑


せっかち病ですね、完全に。

でも、スピード感は何よりも大事にしたいです。



そんなこんなで、ebay輸出が大きく飛躍しそうでワクワクしまくっております。

新しい事って楽しいですね〜〜。


最近は、こんな動画を撮ったりしています♪




Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP