長倉さん、勝手にこんな感じにしてもいいですか?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月3日に『超一流の二流をめざせ!』という書籍が発売になりました。

この書籍の著者は長倉顕太さんです。


長倉さんはフォレスト出版で編集者として、累計1000万部を手がけた、正真正銘のカリスマ編集者。

そんな長倉さんが独立後に手がけた1冊目が私の処女作『クビでも年収1億円』なんです。

この書籍はシリーズ累計で15万部のヒット作となりまして、小玉歩の代名詞のような感じになりました。


私は実は割と自分を冷静に見ていまして、副業で1億円を稼ぎましたが、1年か2年くらいで消えると思ってたんです。

キャラクタービジネスみたいなものなので、旬を考えるとそのくらいかなと。

意外かもしれませんが、マジでいなくなると思っていました。


ですが、この書籍を作っていき、そして世に広げていく中で「自分が何を世に発したいか」が、どんどん明確になり強くなりました。

これがバシッとあるから、今でもやれている感じですよ。

もしも、長倉さんと本をやっていなかったら、どうなっていたのかな〜と想像もつきません。


そして、この書籍のヒットのおかげで沢山の人との出会いがありました。

ネットの住人である私と、リアルな人々を結びつけてくれたんです。

孝偉さんとか、前村とか、普通に生きてたら交わらないと思うんですよね。

あの素敵な2人との出会いも書籍きっかけです。


長倉さんがクビ億を一緒に作ってくれたおかげです。

もう、一生足を向けて眠れませんし心から感謝をしています。


この動画は当時の打ち合わせの様子を撮影した、とっても貴重な動画です。




日付を見ると2012年なんですよね。

私とっても若い!!

なんか長倉さんが今より小綺麗!!



『超一流の二流をめざせ!』の著者である長倉さんと私の関係はこんな感じです。

超恩人なのです。

その超恩人の長倉さんの出版ですから、私も何か力になりたいと思ったんですね。


何ができるかな〜何ができるかな〜と考えまして、やはり私の武器は媒体力じゃないですか。


メルマガ22万部、
Facebook友達&フォロワー15000人、
Facebookページ13万いいね、
LINE@ともだち3600人、
YouTubeチャンネル登録者数5880人、

ということで、ネット業界ではトップクラスにリーチが広いと思うんです。


ですので、長倉さんと対談を撮影し、それを死ぬほど広げることを考えました。

書籍の尖り方は魅力的です。

内容も最高です。

終盤の「memento mori」なんかは私も強く思っていることであって、みんなにも読んでいただきたい。


ただ、やはり長倉さん本人の事も沢山知ってもらいたいんです。

本当に衝撃的な大人なんですよ。

動いて話している姿を見てもらわないといけないんです。

そうなると、やはり動画じゃないですか。


そこで、対談動画の撮影を打診したところ、長倉さんから快諾を頂きました。

こうなったからには、最高に面白い動画を作りたいわけです。

とってつけたようなものではなくガチで対談の構成を考えていたんですね。


そうしたらですよ!!

そうしたらですよ!!



昨日、長倉さんのメルマガで紹介された動画・・・

これが破壊的に楽しすぎたんですね。

かなりのカオス状態。

対談相手が長倉さんの師匠なので、もう凄いわけですよ。

「右手にマウス、左手にチ◯コ」とかあんなの完全にアウトじゃないですか!!


こんな凄いの出されたらねえ・・・

どれだけ内容を練っても、やっぱり面白くならない気がしてきたんです。

普通にカメラに向かって2人で話しても何も起こらないなと。


そこで、考えました。

どうしたら自分の想定を超えられるか。


マジで考えました。

そして、その答えが・・・


「公開収録」です。

ギャラリーを呼んでの対談収録です。



私の恩人である長倉健太さんの書籍発売を記念して、対談の公開収録をやろうと思います。

人がワイワイいたら、ライブ感から何か起こるんじゃないかとミラクルに期待しております。

ノリでステージに誰か上げてもいいしね。


いや、まだ会場も取ってないからステージがあるのかも分からないけど。

あ、それ以前に長倉さんに相談していないからNG出されたら開催すらできないんですけどね。


ただね!

こういうのは、既成事実っていうか、みんなが「見たい!!」ってなったら長倉さんも断れないはずです。(卑怯)

ですから、もうこの投稿で募集をしてしまいますよ。


ええ、してしまいます。

長倉さん、ごめんなさい!


公開収録は9月25日の、お昼12時よりスタートします。

場所はこれからなので未定ですが都内のどこかです。

入場料は無料です。

ただ、無料なんですけど長倉さんの『超一流の二流をめざせ!』を入場券という感じにします。


あー、ちなみに1冊じゃなくても全く問題ないですからね。

5冊とかカッコイイね〜〜!

いっぱい持っている人から、前に座っていただきましょうか。
(半分冗談、半分本気)



いや、もうさ!!

本当に長倉さんの本を買って欲しいし、長倉さんの姿を見て欲しいし、とにかく盛り上がって欲しいわけですよ。

その一心なんです。


それで、対談では書籍の紹介や2人の思い出話をベースに質問にも回答していこうと思います。

こういう当事者以外の質問から何かミラクルって起きますからね。

所詮、私の頭の中でのシナリオは想定の範囲を超えませんから。

ですので、なんか気の利いた質問を期待しております。


ということで、もう来週の話ですし会場もこれからなので、いいところ50名くらいの定員でしょう。

それ以上は今からは難しいと思います。


公開収録に参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。

→ https://canyon-ex.jp/fx7015/20160916


とりあえず申し込むとか、当日誰かが死ぬとか体調崩すとか、そんな感じの人は最初から申し込まないでくださいね。

今回は、勘弁してください。


「間違いなく行くぜ!」って方だけ、参加をお願いいたします。


ちなみに、撮影したものは編集後に私の媒体で案内するので、会場に来れなくても心配しないでください。

まあ、一番は同じ空気を吸ってライブ感を全身で感じる事ですけどね。


ということで、長倉さん!

やってくれますよね!?


怒らないでくださいね!汗

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP