「情弱」から抜け出そう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は「情報発信バイブル」の作者である三浦孝偉さんと、購入者限定生放送を配信しました。

いや〜、楽しかったですね!


生放送の中では、事前に頂いた質問に回答するコーナーも用意しました。

「情報発信」という切り口だと、質問内容も本当に多岐に渡るんですよ。

このジャンルの奥深さを、改めて確認できた生放送でした。


また、どこかのタイミングで孝偉さんとは生放送をしたいなあ。

次回やる時にはリアルタイムでメッセージを受け取る仕組みを考えて、双方向性があったほうがいいですね。

もっとライブ感があったほうが、より楽しめると思いますから。


昨日の生放送はどうでしたか?

感想を下記アドレスに頂けると嬉しいです!

kodama@flmk.jp



「情報発信ビジネス」において、情報を取り入れることは何よりも大切です。

常に最新の情報に触れて、自分の考えを巡らせる必要があります。



これ大事ですよ。

触れるだけじゃダメで、ちゃんと考えてくださいね。


私が主宰しているFMCの中でも思ったりするんですけど、結構みんな情報不足なんですよね。

まあ、初心者の段階だと目の前の事に集中して欲しいので、そんなに問題ありません。

ですが、そこそこ実績を出していて、もっと飛躍したいって人は、情報を取りにいかないとダメよ。


例えば転売やってて50万円とか稼ぐと、それって「教材のその先」に、足を踏み入れている状態じゃないですか。

自分で考えてってのはもちろんだけど、考える元となるネタは、外から拾ってくる必要があります。

自分だけで考えても、新しい事って出てきませんから。

「着火剤」となるネタが必要です。


そして、実績を出していて、情報発信をするって人ならば、積極的に情報に触れないとアウト。

お話にならないわけです。


この辺りの基準値とか感覚でいっても、やっぱりモノ知らない人が多過ぎです。

これって「情弱」ってことですからね。

ヤバイですよ??


そんなこんなで作ったのが、こちらのFacebookページなんです。

→ https://www.facebook.com/AyumuCurate/


「Curated by AyumuKodam」って名前のページです。

キュレーションって言っても、そんなに大げさなモノではありません。

日々の情報収集の中で、「おお、これはいいね!」ってネタを単純にシェアしているだけ。


情報の基準値を揃えるために、社員には常にチェックするように話しています。(ちゃんと見てるかな〜〜??)

もちろん私の趣味趣向が反映されているので、偏りが無いとは言えません。

ただ、「何を見たらいいか分からない」とか「小玉が何を見ているか気になる」って人は、このページをチェックしておいてください。

間違いなく「情弱」ではなくなります。


「情報が多すぎて・・・」なんて言う人が結構いるわけですが、私からしたらお話にならないですよ。

そんなんでビジネスやろうだなんて、脳みそのキャパが少な過ぎでしょうって。


ちょっと厳しめに言いましたが、事実としてそう思うシーンが多いんです。

こういうのは「慣れ」でもあるので、その「慣れ」のためにも、このページを活用してもらえればと思います。



PS

新しいビデオができました!!

先月の情報交換会の模様です。

→ https://youtu.be/6kCFIv1kzK4


月収1000万円越えが何人も出てきて凄かったですね〜。

みんな稼ぎ過ぎだわ・・・。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP