11月の成功報告。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月は教え子周りで、嬉しいニュースが結構ありました。

まず、メンタークラブ2期の横山と坂本。

それぞれ、英語と書道という、ビジネス系とは別の分野で情報発信活動をしています。

この2人が11月は過去最高収益を記録しました。


横山は550万円の売り上げ。

かかった経費は7万円のセミナールーム料金だけだそうです。

「月1000万円も見えてきたので来年につなげていきまーす!」

という明るい雰囲気でした。


坂本さんは1056万円の売り上げ。

広告費で60万円くらいかかったのかな。

多分そのくらいです。


私は10月に三浦孝偉さんと一緒に「情報発信バイブル」で大暴れしましたが、横山&坂本は孝偉さんと同期なんですよ。

ですので、この2人が孝偉さんに続いて大きな結果を出して嬉しいです。


そして、メンタークラブ5期の小原と西野。

2人とも6ヶ月目にしっかりと、結果を出してくれました。


小原さんに関しては10月にかなりの説教をしてから、猛スピードで走りまくっていましたね。

最終的には11月の売り上げが、1260万円という感じ。

広告費は150万円くらい使っていたと思います。

とりあえずコンサル代くらいは期間中に稼がせたかったのですが、それを大幅に超える結果です。

さすが、馬力があるな〜と思いましたよ。

びっくり。すごすぎ。


西野くんは11月25日に、自身の初教材をリリースしました。

月末の先行販売終了まで、263名の方に購入いただきました。

アフィリ報酬を引く前の売り上げで、520万円くらい。

バックエンドの制約が3割くらい出てそうな感じです。

そうしたら、120万円のプラスかな。

半年前はサーバーの使い方も、かなり危うかったレベルですよ。

それを考えると上出来だと思います。


ただ、5期の2人に関しては、この先の展開を練らないといけないですね。

とりあえず稼げましたが、確固たる方向性がそこまで固まっていない。

でも、11月にセールスをしっかりこなして、見えてきたところがあると思います。

それを近々話し合おうかなって考えているところです。

疲れているかもしれないけど、休んでる暇なんて無いから。笑


ということで、本当に気持ち良く11月を終えて12月に入ったんですよ。

ですので、2015年の仕上げをしっかりとやろうかなと、気合をムンムンに溜め込んでいます。


年内の個人的な活動としては、表に出るのは1回だけです。

FMCの行事は3回ありますが、オープンの場ですと、このセミナーのゲスト出演で終わり。

→ http://ayu777.net/web/1503/


12月5日に開催されるこちらのセミナー。

残りが10席くらいだそうです。


わずかなので今も残っているか微妙なところではありますが、興味のある方は申し込んでみてください。

せっかくなので面白いネタを仕込んでいきますよ・・・


まあ、そんな感じでラストスパートかけていきましょう!!

11月に成果出したからって、12月に気を緩めちゃダメだよ〜!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP