初詣での話。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは初詣に行きましたか?

私は妻の実家が足立区なので、毎年、西新井太師に初詣に行っています。

おみくじを引くと昔は割と大吉が出たのですが、西新井太師だけは、どうしても毎年末吉なんです。


・・・って、話はどうでもよくて。

西新井太師ってとっても大きくて、初詣には沢山の露店が出ます。

それがとっても楽しいんですよね。


そんな露店の中に、天然石のお店を発見!!

商売柄どうしても気になって、じーーーっくりと見てしまいました。

陳列された商品の中に、本翡翠の手彫り申を発見したのですが、これがメチャメチャ安かったんです。


ちなみに、翡翠の偽物は殆どありませんし、偽物を作るほどのものでもありません。

含浸処理や着色処理はされても、偽物ってのはありえないんですね。

なので、本翡翠であることは、間違いないわけですよ。

それなのに、市場価格の5分の1とか7分の1とかそんな感じでした。


なんでこんなに安いんだ!!!!

と、驚いて陳列されているものから、品質の良いものを大人買い。

いやー、楽しかった。

こんな業者の仕入れよりも安い価格で、露店で売られてるって、本当にテンション上がりました。


店主の方と色々お話をしていると、激安の秘密がわかりましたよ。

実は、この申の彫り物は、12年前に仕入れた在庫なんだそうです。

そうです。

前回の申年の商材で仕入れた物だったんですよ〜。


12年前の在庫・・・

そりゃあ、この価格で販売できるわけだ。


天然石の商品ってここ数年で、異常なほど値上がりをしました。

原材料の高騰はあるんですけど、最も価格に跳ね返っているのは、そこじゃないんです。


天然石の加工は中国でやってます。

産地は石によって世界各地ですが、加工と卸は中国。

この中国での人件費や家賃が、ここ数年で物凄く上がってるんですって。

しかも色々と規制が厳しくて、ほら、石とか削ると粉塵がでるでしょ。

その健康への影響とか考慮して、職人さんの1日の労働時間とかも法律的な物で制限されてるらしいんです。

そんなこんなで、原材料の高騰以上に加工コストの上がり方が凄まじいそうな。


衣類なんかは中国の人件費が上がって、タイとかカンボジアに生産拠点が移ったじゃないですか。

ですので、天然石の加工地も、そっちに移るとか思うじゃないですか。

だけど、衣類に比べたら死ぬほどマーケットが小さいので、わざわざ移さないと思うんですよね。

なので、価格は上がる一方でしょう。


高品質で希少な物の値段が上がるなら、まあ、それはいいかなって思いますよ。

だけど、品質の低いものまで価格が上がっているのだから困りますね。


特に人気の石なんかは5年前に大量に買って、寝かしておけば普通に2〜3倍になってますよ。

品質がそんなに良くない物でも。

ただ、5年とか耐えられないっす、普通は。

売っちゃいますね。


そう考えると、露店にあった12年前の在庫って凄いな〜と「やや感動」したわけであります。

当時いくらだったんだろうか・・・。


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP