自分の思うまま生きてて、嫌われたらしかたないじゃん。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが・・・


私は「義理」「人情」「男気」と、この辺の感じの言葉が好きです。

クールを気取ってた時代もありましたが、完全にこの辺が好きです。

そして、人ってこういう物で成り立っていると思っている派です。


こちらご覧下さい。

→ http://bit.ly/1PhQuxZ


「ファンタジー!」の白石さんが、今回のキャンペーンで物凄い紹介をしてくれました。

これ、本当にびっくりしました。

嬉しかったです。

こんなことをされたら、「義理」「人情」「男気」が好きな私は、何かの時に必ずお返しします。


私がセミナーの時などに「ファンタジー!」を、さんざんネタ扱いしてることも耳に入っているだろうに・・・


これ、マジで別に裏の密約も何もありません。

白石さんが普通にやってくれたんです。

彼は結構ぶっ飛んでいる所もありますが、こういう部分の人間性が好きなんです。

つきつめると、とても真面目な人間なんです。

だから、「ファンタジー!」のキャンペーンでも、私は思いっきりオプトを入れました。

その時も見返りは求めていませんし、まさか、こんなことになるとは想像もしていませんでした。


結局、私も人間ですから。

こういう所に心が動きます。

オプト単価がいくら高かろうが、やらないものはやらない。

自分は人間の好き嫌いも激しいですからね。

くだらないことをやってる人のキャンペーンなんか紹介しませんよ。


まあ、でも実はいつもそこまで深く考えていないんです。

気持ちの問題なんですよね〜。

「なんか乗り気じゃ無いなあ」とか「お!これはやってみよう!」とかみたいな感じ。


だとしても、ベースは「心の部分」です。

例えば、今回は与沢さんが、こんな紹介をしてくれました。


************

私が日本にいた時、圧倒的一番に仲が良かったアユさんがインフォトップから6億5千万を稼いだ秘密を公開しました。

 ⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=3364&u=6608

そっか、あれから、そんなに増えたんだなーって感じで、感慨深いです。

一緒にやってた時はお互い3億ぐらいでした。私がインフォトップアフィリを辞めたのが2013年の末ぐらいです。その時の自分の3.5億の報酬履歴は保存してあって、あの時はまだ私の方が勝っていました笑

私は途中でしくじってから、道をトレーダーに変えたので、気付いていませんでした。

あれから、あっという間に倍も抜かれていたとは(^^♪

ここ数年は私も海外移住したこともあり、疎遠になってしまいましたが、

間違いなく私は、日本にいた時アユさんとほぼセットで活動していました。

ほとんど一緒にいたし、ビジネスもお互いを参考にやっていました。

一番好きだった人です。

それぐらい自分的に惚れた男だし、今でもひっそりと大好きな方です。

今回はキャンペーンなので紹介していますが、だからと言ってここに書いていることは本心です。

本当にすげーやつです。やつといっても一個上の先輩ですが。笑

またアユさんは人の好き嫌いが激しいのですが、

私は好かれていて、終始常に私には優しかったです笑、アユさんからもらったプレゼントは数知れず。

金色のお守りやヴィトンのバッグをもらいました。今でも大切に持っています。

ちなみに、気性が荒く好き嫌いも激しいのですが、確実に結果を出すので、かっこいいわけです。

とにかく結果を出すので勝てば官軍なのです笑 私もそういうタイプなので、似ていたのでしょうね。

私がネット業界で最も長きに渡り信頼し、尊敬していた友です。

一度、中を見てみて下さい。無料ですが、6億稼いだ秘密はそうなかなか見れるものではないです。ちなみにアフィリエイトですから報酬部分のみです。つまり、100%営業利益であり、売上にすると倍近いでしょうね。

6億円の利益を稼ぐ秘密です 
⇒ http://nmq.y-ml.com/_cs?m=sosial&c=3365&u=6608

いつかアユさんと再会し、国をまたいでまたお仕事できる日を自分的には楽しみにしています(^^♪

与沢 翼

************


いや、もうこれなんか当時を思い出して、ウルウルしちゃいましたよ。

初めて飲みに行った時の事も、
2人で書籍の打ち合わせをしていたことも
ジョイントセミナーでの与沢さんのハイジャンプも、
タクシーの中で「親友がいないなら俺がなりますよ」と言ったことも、
ニュース沙汰になった時に一目散に六本木に駆けつけたことも、
会社が厳しくなった直後に2人でお茶したことも、

なーんだか色々蘇ってきました。


これはね、与沢さんが何かする時は、協力しよう!!となるわけじゃないですか。

まあ、私なんか脳みそも単純なんで、そんなものなわけですよ。


そんな感じで生きております。

嫌われる生き方かもしれませんが、自分的には分かりやすくて悪く無い生き方だと思っています。

自分の思うまま生きてて、嫌われたらしかたないじゃん。

自分を偽って仲良くしていても、一生偽り続けなきゃいけないんだよ?

それは辛いと思うな〜。


ぜひ、あなたも参考に・・・なるのか?

ならないか!!

小玉の戯言だと思って聞いていてください。笑


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP