34万円の人間ドックに行った結果・・・





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日、34万円の人間ドックに行ってきました。


嘘です・・・

正確には34万4000円です(どうでもいい)


会社を辞めてから1度も、健康診断すら行ってなかったんです。

それで、昨年末くらいから月に1〜3回くらい微熱が出たりして「これ、何かかも」ということで行きました。


34万円って高い部類に入ると思うんですけど、これがちょっと面白そうなやつなんですね。

PET/CT検査というものがあって、がん細胞がマーキングされる薬を投与して、全身のCTを撮る感じ。

がんっぽいものがあれば、濃い緑とか赤とかで色がつくんです。

ただ、PETでも見つけるのが苦手ながんがあるんですね。

そこで、バリウム飲んだX線検査と、全身MRIとエコー検査も併用していく感じになるんです。


そして、これら

PET/CT
MRI
造影X線撮影
エコー

数々の画像で総合判断をするわけです。


一番最後に画像を見ながら「おー、これが最先端かー」と、かなりワクワクしましたね。

真横からのMRIなんて、あまりにハッキリち○こが写ってます。笑


そして、検査の結果ですが・・・


びっくりするくらい、何もありませんでした。

脳から心臓周り、その他主要な血管は、かなり状態は良し。

確認できる限りの各臓器も問題無し。


あまりに何も無いって言うから

「それでもあえてケチを付けるなら!?」

と突っ込んでみたんですけど、何も無いそうです。


まあ、あとは血液検査と便潜血検査が、1週間後に結果がくる感じですね。

やっぱり、5年も何も検査してないと、何かあるんんじゃないかと、ドキドキしちゃうわけですよ。

微熱が高頻度で出たりしてたし。


だけど、これだけ何も無いと言われると、言われただけで、もう熱も出なそう。

とりあえず、34万円の検査で、安心を買ったのかなというところでした。


ピョーンと、アンテナが立ったところでいうと、中国語の通訳付きで検査を受けている人が、同じ時間帯に2名いましたね。

訪日中国人は、最近はそういう所に、お金を使っているかもしれません。

商品の購入から「体験」に消費が移行しているって聞きますし。

まあ、それ自体は私は、話がうまく流れすぎてるな〜と記事を書いた人の「妄想話」の疑いも半分持ってますけどね。

だって、どの記事もエビデンス無いんだもん。


ただ、中国人の訪日医療ツアーは、昨年くらいから何かとよく聞きますよね。

ちょっと前は、美容系の話を聞きましたけど、最近は健康よりの話を聞きます。

ほら、あちらのお国って、大気汚染とか土壌汚染とか食べ物とかよろしくないじゃないですか。

なので、需要は間違いなくあります。


34万円のコースを紹介したら、超少なくても5〜7万円の報酬はもらえると思うんですよね。

あとは富裕層限定のスペシャルコースを作るとか。

そんな感じで、ここのビジネスは、2016年もっと大きくなりますね。


そんな人間ドック体験でした〜〜!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP