ただ怠慢なだけ。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はマジで気持ちのいい日ですね。

恵比寿のオフィスにて、窓を開けてメールを書いています。


「ゴールデンルールセミナー2016」ですが、600席が完売となりました。

→ http://ayu777.net/web/golden_2016/

お申し込みいただいた皆様、本当にありがとうございます。

6月4日にお会いできることを楽しみにしています。


また、昨夜18時に公開した「国内転売ビジネス灼熱対談」は、3500名以上の方に登録をいただいています。

→ http://ayu777.net/web/1512/

ここ最近の弊社のキャンペーンの中では、一番盛り上がっている感じです。

面白い対談動画ですので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。



この上記2つの企画を通して、改めて集客の重要性を感じましたね。

やはり集客ができる人は強いし、できない人は食えなくなります。


まあ、そりゃあそうですよね。

お客さんを集めることができないと、商品を販売することができませんから。

説明するまでもないことです。


それで、集客といっても大きく分けて2種類の集客があります。

有料とか無料とかじゃないですよ。


何だと思います??

ちょっと考えてください・・・・









それは、誰かに動いてもらう集客と、自分だけでやる集客です。

意味わかりますかー??


前者はアフィリエイターにお願いして、無料オファーを紹介してもらったり、フロント商品を売ってもらったりする集客。

後者は広告を使ったりSNSやSEOでトラフィックを集める感じです。

まあ、厳密に言えば広告を使うとなると「第3者」が絡むわけですど、誰でも使えるので自分だけでってことにさせていただきます。


例えば、無料オファーなんてリストホルダーと関係性が無いと動いてもらえないわけじゃないですか。

特に最近は。

これは完全に「誰かに動いてもらう集客」で、広告費をかけてはいますが、自分だけでってものではありませんよね。


この記事で伝えたいのは、誰かに動いてもらう集客に頼らず、自分だけでやる集客ができないといけませんよってことです。

そうしないと、結局何かや誰かに頼って生きていかなきゃいけないわけですよ。

アンコントローラブルな状況が、起こりうるってことです。


だってさ、無料オファーだけに頼ってると、たくさんリストを集めるためには、パーティーとか開催しないといけないんですよ。

そこで軽く接待的な事をしたり、「ご協力宜しくお願いします!!!」とかやっちゃったりするでしょう。

見てると、最近はエスカレートしてて、軽いショーみたいな事をやったり、シャンパン開けたりしてるじゃないですか。

まあ、それに参加したらキャンペーンに協力しないわけにはいかないですよ。


めんどくせーーーーーーーーーー!!!

クソめんどくせーーーーーーーー!!!

個人的には絶対に無理です。


しょうもない案件の紹介もしたくないし、私はこういうパーティーには参加しません。

あと、天邪鬼な性格だったりするので、みんなが盛り上がってると、逆になんか加わりたくなくなったり。

それゆえ、中身が良くても参加しなかったり・・・
(↑これは割と後で後悔する。笑)


もちろん、多くの方の力を借りるってのは、すごいパワーが生まれるわけです。

最近の一番でかいキャンペーンは、23万リストも集まって14億円かそれくらい売れたそうです。

これは、一瞬でうちの年商の3倍近くです。

すごい・・・!!!

すごすぎる・・・!!!


ただ、この集客方法が常であり、これだけに頼ると宜しくないと思うのです。

売り上げが常に他人の動きに左右されるわけですから。


FMCでいうと中本さんとか広田くんは、セミナーの集客は自分でやっていないでしょ?

プロモーター任せですし、プロモーターもアフィリエイター任せです。

それって、リスキーだとは思いませんか??


あ、別に吉田くんとの関係を壊そうとしているわけではないので、それは勘違いしないでくださいね。

あくまで例としてお話ししただけですので、吉田くんも愛しています。笑


私も2ヶ月に1回無料オファーをやっていますので、これを否定をしているわけではありません。

短期間で多くのリストを集められ、業界の空気を染められるのは、この手法以外には不可能ですからね。

ただ、自分だけでやる集客を、みんなも頑張らないとだよって話です。


今私はアフィリエイターを使わない集客で、メルマガ読者を1日100〜130名のペースで増やしています。

無料、有料の手法さまざま使っていますが、一番熱いのがFacebook広告ですね。

読者獲得単価は500円くらい。

1日1万円くらいの広告費の時は、獲得単価250円で行けましたけど、踏み込んだらこのくらいになりました。

でも、無料オファーをやるよりは、完全に安い単価で集められています。


この集客数を、まずは1日300名まで増やしていきたいと思います。

そして、夏の暑い頃には1日500名という所まで調整します。


ちなみに、これって私だからできるってわけじゃないですからね。

ブランドがあるからとかじゃないですよ。


人一倍勉強して、人一倍実験しているからです。

ですので、あなたが集客できていないとしたら、それは単に怠慢なだけなのです。

その辺勘違いしないでくださいね〜。


実力不足なら努力する。

知識がないなら勉強する。


それだけの話です。

ですので、頑張っていきましょうね!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP