昨日のセミナーで気づいたこと。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日今日と2日連続でセミナーです。

内容はFacebook広告についてのもので、テーマは大きく2つあります。

1つはアフィリエイトで、もう1つはリスト取りですね。

アフィリエイトについては、今年に入ってから広告を使って、8000万円以上の報酬を得ました。

リスト取りは、現在1リスト500円で、1日130リストくらい取っています。


もっとも、アフィリの目標は月間8000万円ですし、リスト取りは1日750リスト。

ですから、弊社としても道半ばって感じですね。


このセミナーっていうのは、つまるところ広告運用の方法と、誘導ページのコピーの話になるんです。

そこが中心となって、あとは細かい話がある感じ。

細かい話も結構多いんですけど、まあ、大事なのはその2点です。

ですから、セミナーの内容も、その部分の比率が多くなっています。


昨日と今日は参加者が違うだけで、内容は同じなんですけど、昨日のセミナーをやって気づいたことがあります。

それは、そもそもコピーの基礎が、みんなできてないんじゃないか?ってこと。

なんかね、話していて受講者の顔を見ると、伝わってるような伝わってないような、そんな感じの表情な訳ですよ。


当たり前ですけど、アフィリでそんなに稼ぐとか、簡単じゃないですよ。

もう、これって高度な話です。

それをなんとか噛み砕いて話していますが、それでも分かってない感じがするんです。

それで、思ったんですよ。


私は2010年からメルマガを書いています。

当時、駆け出しの頃は、「コピーライティング」と名のつくものは全て手に入れて勉強しました。

それこそ、インフォトップで「コピーライティング」と検索して、出てきたものは古くても全て買いました。

Amazonでもめぼしいものは全て買いました。

100冊とか・・・それは言い過ぎか?

でも、50冊は買っていましたね。

本当に片っ端から手に入れて、勉強しまくった訳です。


そういう勉強ってしてるのかしら?

最近、自分が異常者だって気づいたので、そこまでは買わなくてもいいです。

でも、最低限の勉強というか基礎的なことを学んでない気がしますね。

メルマガとか買いているのであれば、勉強しているのとしてないのとでは、天と地ほどの差がありますよ。


もちろん、中にはセンスでやりきる人もいます。

ですが、世の中の殆どの人は、凡人な訳じゃないですか。

だったら勉強しないと無理ですよ。

私はやべーと思って、当時かなり焦って知識を入れましたし、今でも何か見つけると買って読みます。


よく「コピーライティング」なんて、上っ面なテクニックはいらん!

とかいう人がいますが、アレはポジショントークですよ。

やっぱり基礎的な事は学ばないと。

その基礎があった上で色んなものを乗せていくのがベストだと思います。


最近、色んな場面で勉強してない人が結構いる事に気付いて驚いています。

サラリーマン時代も、マーケティング部の人間が全く勉強していない事に驚きました。

起業してしまったら自分の力で生きなきゃいけないのに、勉強してないってのはヤバイですよ。


最終的に頼れるのは自分の力です。

私はあまり恐れる事ってありません。

ただ、唯一あるとしたら、自分の力が伸びていない事だったり、劣化してしまう事ですね。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP