「スーパー作家養成講座」に参加してきました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この土日、元フォレスト出版編集長・長倉顕太さんによる「スーパー作家養成講座」に参加してきました。

長倉顕太さんと言えば、苫米地英人さん(脱洗脳、脳科学のプロ)や、

石井裕之さん(コールドリーディング)、
ジェームスキナー・・・

彼らの名前は、きっとご存じだと思います。
(いわずとしれた日本の自己啓発業界のカリスマ中のカリスマです。)

そのほかにも、「なぜ社長のベンツは4 ドアなのか?」

や、2010 年50 万部ベストセラーとなった「怒らない技術」

など、数々の日本のベストセラーを生み出してきた、
ビジネス書業界にこの人ありと恐れられた名編集者です。




68万円のプレミアムクラスで参加していましたが、間違いありませんでした。

「億」単位のお金を生み出しまくれる価値を頂きましたよ。

2012年最高に興奮した2日間でしたね。


「圧倒的な結果」「圧倒的な自信」

この2つに裏付けられた長倉さんの言葉には、尋常じゃないパワーと説得力がありました。

マジでかっこ良かったです。震えました。


9月の初出版では、
よーし、がんばろう!

長倉顕太セミナー1

長倉顕太セミナー4

長倉顕太セミナー3


*写真は原田翔太さんのFacebookページからお借りしました。

原田翔太 Facebookページ
http://www.facebook.com/harada.shota





それにしても、本講座やはり我々の業界の人間の姿は見えませんでした。

「うーん、感度低いよなぁ・・・残念だ・・・」と思ってた所、背後に尋常じゃない気配が!!


振り返るとそこにいたのは、MAS主催者の関口智宏さん。

うわ~やっぱり目の付け所が違うよなあ。


こうして、我々は他を突き放していくのであります。


今年後半の私の動きに大注目してください!

超面白い物をお見せします!




ランキング大幅上昇中です!⇒ 

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP