日本語の悪い所って知っていますか?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


突然ですが、、、

日本語の悪い所って知っていますか?


これを理解すると良いメルマガや、良いセールスレターが書けるようになるので、知っていただきたいなと思います。


実は、この投稿をするために1つの実験をしました。

その実験はFacebookで行いました。


こちらです。





さて、こちらの投稿の、どこが実験か分かりますか??

分かった人は頭良いと思います。


日本語の凄いところって、事細かに全てを話さなくても、相手には意図が伝わるって事です。

10を言わなくても5から6を言えば、そこそこ伝わるって事ですね。

これは日本語というより、日本人の特質かもしれません。

いわゆる「察する力」が、他言語圏の人間よりも高いんです。


英語圏の人なんかですと、「そこまで言うか?」ってくらい言わないと伝わらないんだそうです。

「いやいや察してよ・・・」が、全く通じないわけなんですよ。



というところで、先ほどの投稿を、もう1度見て頂けますか?





「意外と安いと思った。
普通にそんなもん?」

と言っています。


これ、人間の発言としては、メチャメチャ情報が少ないです。

もちろん、画像はありますけどね。


では、この投稿にどのようなコメントを頂けましたでしょうか?


「日本より高いッス(*_*)」

「カヌー?やるんですか??」

「要らないけど安っ!!って思うもの多いです。モニターとかビビるくらい安いです。」

「日本が高杉る( ^ω^ )」

「このカヤック、耐久性が低いみたいだよー!30万で高性能なカヤックが買えるみたいだからあんま使えないかもー。」

「安いですね~^^」

「要らないから安いんですねー、きっと笑」


はい、こんな感じ。


Facebookに何かを投稿する時って、何かしらの反応を期待して、投稿をするわけじゃないですか。

それで、この中で私が期待していた、ドンピシャの反応はこれです。


「要らないけど安っ!!って思うもの多いです。
モニターとかビビるくらい安いです。」


このコメントなんですね〜。



この投稿に関するコメントは、色々な方向性からいただいています。


「日本より高いッス(*_*)」

→ 日本と海外で価格比較をしているという前提。


「このカヤック、耐久性が低いみたいだよー!30万で高性能なカヤックが買えるみたいだからあんま使えないかもー。」

→ 安いからカヤックを買おうとしているという前提。


「カヌー?やるんですか??」

→ 商品に興味を持って投稿したという前提。



誤解しないでいただきたいのは、誰が正解で誰が不正解とか、そういう類の話ではありませんよ。

ここで重要なのは、多様なコメントを頂いたという点です。


これは、それぞれの人が、こちらの背景・考えを察してくれて、その上でコメントしてくれてるんです。

なぜならば、あまりに情報が少ないから。



今回の投稿は、

「意外と安いと思った。
普通にそんなもん?」

というものです。


もし、こちらが求めるものを正しくコメントしてもらうためには、このように投稿しなければいけません。


「グアムでスーパーマーケットに行ったら、どーんと大きなカヤックがありました。

私は特にカヤックなどには興味は無いのですが、スーパーマーケットで普通に売っているのは、さすがグアムだなーと思いましたよ。

ただ、カヤックって私の想像だと超高いんだと思っていたのですが、ここだと200ドルちょっとで買えるんです。

意外と安いと思ったのですが、カヤックの値段ってそんなものなのでしょうか?

知識も何も無いので、相場観がありません・・・

このスーパーマーケットはKマートというのですが、他にも本当に色々なものが販売されていて、思いの外安いものがたくさんありました。

ビックリするような値段のものもあって、見ているだけで楽しいスーパーマーケットでした。」



はい!

ここまで書いてやっと7割の人に、意図が伝わるという所でしょうか。


ですから、私のあの投稿でコメントの方向性にばらつきが出るのは、当然のことなんです。

悪いのは私です。


日本語って察することで多くが成り立つ言語なんですよ。

それは便利ではありますが、一方では伝達ミスも起こりやすい言語でもあります。


年齢、性別、育った環境、社会経験、その他諸々は人によって異なります。

これが異なれば異なるほど、察するための前提知識・条件も異なってくるわけです。

ですから、何かを伝えるのは「正しく伝える」という点から言うと、とっても難しいんですね。


「今日から気合い入れて本気でビジネスに取り組みましょう!!」

これすらも伝わりません。


今まで週に2〜3日やってたのが毎日やるようになるのが、「気合い入れて本気で」かもしれません。

会社終わって帰ったら、テレビを見る時間を全て無くしてビジネスに取り組むのが「気合い入れて本気で」かもしれません。

睡眠時間を削りに削って、毎日3時間睡眠で取り組むのが「気合い入れて本気で」かもしれません。



「今日から気合い入れて本気でビジネスに取り組みましょう!!」

という言葉すら、100%の正しさで自分の意図を伝えられないのです。


これが日本語の悪い所です。

伝わりやすい言語であるのですが、「正しく伝える」のは難しい言語です。


では、どうしたらいいのか!?


・・・って、どうしたらいいと思います???



ちょっと考えてみてください。

もし分かったら、こちらにメールを送ってくださいね!

mail@flmk.jp


「日本語で正しく伝える方法」というタイトルでメールを下さい。

明日か明後日かの投稿で、解決策をシェアしたいと思います。


ではでは、メールをお待ちしています^^

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

まだデータがありません。

週間

PAGE TOP