この号外広告のタイトルは上手いと思った!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メールマガジンの号外広告ってタイトルがかなり大事じゃないですか。


先日、私のメールマガジンの号外広告で「このタイトルうまっ!」って感じのものが配信されていました。

自分でメールボックスを見て、思わず開封した感じですよ。


そのタイトルが・・・

【号外】なぜ怪しい情報ほど本当は稼げるのか?

これです。


「おー!」となりまして、どくらいクリックが出ているのかを確認してみました。

号外のもろもろは社員がやっているので、私は普段はほとんど見たりしないんです。


久しぶりに見てみたところ、結果はこんな感じでした。



うむ、これは悪くないかなと思います。


と思って見てみたら、3月の下旬くらいから全体的にイイ感じの反応ですね。




ただ、これ見てわかると思うんですけど、同じ媒体に号外広告を配信しても、タイトルでクリック数に結構な差が出るわけですよ。

本当に腕の見せ所だな〜と思ったりしていますが・・・まあ、上記の結果を見ても分かる通り、クリックが出ているタイトルはかなりエグってますね。笑


私のところの号外広告はタイトルの頭に【号外】と入ります。

「広告ですよ〜」とタイトルの時点で分かるんですね。

私以外のところも大体そうだと思います。

ですから、受け取る立場からしたら「広告だと分かっていたとしても開封せざるを得ない」といったタイトルをつけなければいけないんですね。


ちなみに、この半年間の号外広告の反応をザッと見てみたところ、一番クリックが多かったのは1302クリックで、一番少なかったのは113クリックでした。

その差は10倍以上です。

結果を見ているからというのもありますが、113クリックの広告のタイトルはやはりダメダメでしたね。

その次に少ないのが117クリックでしたが、こちらもやはりダメな感じのタイトルです。


一言で言うと、フックが無いに等しいくらい弱くて、誰も全く気にならないという感じです。

もしくは、狙っているんだろうけど完全に滑っているか。

こうなると、号外広告が配信されたとしても、受け手は開封せずにスルーします。

家に帰ってポストを開けるとDMが大量に入っていて、それをそのままゴミ箱に捨てちゃうような、ちょうどそんな感じになってしまうのですね。


コピーライティングと言いいますかタイトルライティングと言いますか、もちろん本文にも大事な要素はあるのでそれが全てではありませんが、これはメールマガジンでは開封されるか否かを決める、本当に大きなポイントです。

特に広告ならば尚更です。

クリックに差が10倍あったら広告効果が10倍違うと言っても、過言ではありませんからね。

ですから、メールマガジンに関わる人は、この部分の技術は磨きまくったほうがいいですよ。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP