「移ろいと、揺り戻しと、強い確信。」





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日はちょっと深夜まで色々と、調べ事をしたり考え事をしたりしていました。

その中で1つ自分の中で行きついた考え方があって、その考えに沿ってこの先進もうと勝手に決め込みました。


その考え方というのが、

「移ろいと、揺り戻しと、強い確信。」

というものです。


何かあらゆるもの全てに、これが高確率で当てはまってくる気がします。

ビジネスとかではなく、ほぼ全てのものにおいてです。

そして、この考え方がハマった時の、「強い確信」のパワーたるや、半端ないと思うわけであります。


抽象度が高い話し方をしてるので、ちょっと具体的にお話をします。

私の身の回りだけでも、これが当てはまる具体的な話は結構ありますよ。


例えば、実はうちの会社では、5月にサイトアフィリエイトで874万円のアフィリ報酬を得ました。

広告を全く使わない、検索エンジン経由のトラフィックによるアフィリエイトで、それも1サイトだけの報酬です。

昔ってアフィリエイトの手法って、色々あったわけではなく、サイトを作って検索エンジン経由で、トラフィックを集める感じだったじゃないですか。

それが、アドワーズとかYDNとか、TwitterとかFacebookページとか、そういう色んなトラフィックの集め方が出て、色んな稼ぎ方が出てくると。

そうなるってくると人々は、「あれ?検索エンジン経由じゃきつくない?」という雰囲気が流れるわけですよ。

そして、色んなトラフィックの集め方に、人々の心が移ろいでいく。

だけども、Twitterがダメになったり、Facebook広告アカウントがぶっ飛んだりして、また「検索エンジンだなあ」と戻ってくる。

そこで集中してみると大いに結果が出て、「やっぱ、検索エンジンじゃん!サイトアフィリじゃん!」という事になって一気に人々もそちらに戻り、「強い確信」となって結果もバリバリ出てくる。

最近の言い方だとオウンドメディアかな。

色々と移ろいでいた人たちも、最終的にここにバーっと戻ってくる。

「強い確信」を持てた人々は、そこで大きなパワーを持って取り組み、大きな果実を手にする訳です。


情報発信で行ったら、古くから使われてたのって、ブログとメルマガじゃないですか。

そこから、最近ですとYouTubeでの発信や、LINE@での発信が流行ってくる。

そんな感じで色々出ると例えば、「ブログじゃないな、YouTubeだな、LINE@だな」みたいな感じで移ろいが起こる。

そこに関しても何らかの現象が起きて、例えばLINE@のアカウント大量凍結とかがあって「やっぱりメルマガじゃーん!」ってなる。


集客に関してもそういう感じですよ。

今はFacebook広告の効果が高いし集客ができる。

ただ、これもアカウントが飛びまくったり、広告経由のリストの反応が劇的に落ちたりする。

そうなってくると「やっぱブログ集客だわ」「号外広告だわ」みたいな話にまた戻ってきたりする訳です。

実際問題、数字を精査するとブログ経由のリストの反応率と、広告経由のリストの反応率が、最近かなり広がっているような感じがあります。

それで、情報発信に関しても「やっぱり、ブログとメルマガ最強だ!!」という感じになって人々が流れてきて、完全なるメインストリームになる。

そして、そこに「強い確信」を持って取り組めば、大いなる結果を手にできる訳です。


例えば、明日ってサッカー日本代表の試合があるじゃないですか。

数年前までは本田圭佑は、日本代表で絶対的な存在だった訳ですよ。

だけど、ミランに移籍してから出場機会が無くなって、代表でもあまり目だなくなってきていました。

そうすると、「本田いらなくね?」とか「何で代表呼ばれるの?」とう雰囲気が出る。

彼に対するサポーターの信頼は揺らいでくる。

だけど、先日のシリア戦のインサイドハーフのでの起用によって「本田良いかもね」という雰囲気が、ちょっとずつ出てきていましたよね。

そうこうしているうちに「中盤で試合を落ち着けるためには本田が必要だ」みたいな揺り戻しが人々に起こってきます。

そして、明日のイラン戦で本田が活躍して「やっぱり日本代表には本田が必要だ!」ということでまた君臨する訳です。

このタイミングで大活躍できれば、絶対的な存在になるでしょう。

まあ、分からないですけどね。

例えばって話です。


じゃあ、例えば今流行りの暗号通貨ね。

暗号通貨といえば長い間Bitcoin一択でした。

それ以外は詐欺みたいなノリだった訳です。

ただ、そのうちにrippleやEthreumが、どんどん人々の間に浸透していきます。

そうすると、Bitcoinのソフトフォークだったり、Bitcoinの抱える問題点なんかが、急にフォーカスされまくってきます。

逆に、Bitcoinに対するrippleやEthreumのアドバンテージに、人々の目が行く訳です。

そうこうしているうちに、「暗号通貨のメインはEthreumがBitcoinに取って代わるんじゃない?」という感じの空気が広がってくる訳ですよ。

それで、Bitcoinの価格があまり上がらず、rippleやEthreumが暴騰していく。

ただ、何かしらのタイミングで、rippleやEthreumの問題点が露見したり、Bitcoinの再評価のニュースがあったりして「やっぱり暗号通貨のメインはBitcoinだ」と人々がバーっと戻ってくる訳です。

こうなってからの「確信の力」は凄まじく、Bitcoinの価格は大上昇でしょう。

これも分からないですよ。

例えばって話です。


ただ、色んな事にこれって当てはまり、移ろいだ後に揺り戻してくると、その後の「強い確信」は物凄いと思います。

移ろいが不要だったかというとそうではなく、「強い確信」を得てさらに発展するために、それは必要不可欠だったりする訳です。


「私この人と結婚する」

「あれ・・・なんか違うかも・・・」

「もしかしたら、あの時に出会っていたあの人が、運命の人だったのかもしれない」

「いや、もしかしたら、あの人なのかも」

「やっぱり、この人が一番だった!」

「超幸せじゃん!」


これも移ろいだからこそ、その後の「強い確信」があるわけです。


・・・って、何言っているかわからないし、謎の未来予測があってイかれた人の意味不明な文章に、どんどんなっていくのがヤバイです。笑

ただ、何となく伝わるんじゃないかなーと思いながら、強烈なスピードでタイピングしてます。

推敲無しの一筆書きなので、誤字脱字、論理の崩壊もご容赦ください。

ただ、自分の中でこれは残しておきたく、バーっと抽象度の高いところから、具体的な話をさせていただきました。


こんなのは「そりゃそうじゃん」と言えば、まあ、本当にそうでしかない話です。

はたから見たら、何でそんな普通のお話で小玉は勢いづいているんだと、そんな感じになっているかもしれません。


ですけど、革命的に自分の中で単純な話が「腹落ち」をする時ってあるじゃないですか。

昨日の深夜に色んな頃がピーンっとつながって、そして、今日のアウトプットに至ってます。


何を言いたいかというと、今自分の中で色んなことが「強い確信」の状態に入ることができているんですね。

なので、ここからかなりヤバイぞって話です。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP