「無事これ名馬」はビジネスシーンでも。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「無事これ名馬」って言葉を知っていますか?


正しい意味合いで言うと、

「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」

となります。


ただ、最近の使われ方では「能力が多少劣っていても」という、前半部分は含まない感じのニュアンスです。

この「無事これ名馬」って、本当にそうだなーと思いますね。


今朝、起きてヤフーニュースを見たら、こんな記事が目に入りました。

「移籍後2年で2度目の大ケガ…宮市亮が再び前十字じん帯断裂で離脱」

サッカー選手の宮市亮に関する記事。


「うわぁ・・・またか・・・」というのが、正直な感想です。


宮市選手はとんでもないスピードでサイドを駆け上がる魅力的な選手です。

さらに両足で蹴れるので、クロスを上げるのもカットインしてシュートも、どちらもナイスな選手です。


私は足の速い選手が大好きなんですよ。

下手でしたけど岡野も好きでした。

ですので、今だったら浅野だったり、永井だったりも好きです。


宮市は高校時代から、そのスピードで他を圧倒し高校卒業後にアーセナルに入団しました。

その後レンタル移籍によって海外を転々としました。

そして、2015年にアーセナルから契約を解除されると、ドイツ2部リーグのFCザンクトパウリにフリーで移籍をしました。


この間・・・

かなりの回数の怪我をしました。


その中でも2015年7月に、左膝前十字靭帯を断裂してしまい翌年の4月まで長期離脱となったのは最も大きい怪我でした。

しかし、その長期離脱でも、彼はめげずに前を向いて走って行きました。

そして、怪我から復帰すると同年5月にフル出場をして、2得点1アシストの大活躍をするのです。


ところが、その後も筋肉系の怪我が、何度かあって離脱もありました。

そんな中での今日のニュースです。

前回とは逆足の膝前十字靭帯を断裂してしまったのです。

スピード系の選手にこれはきつい・・・


もちろん、24歳の若さなので、まだまだ行けるとは思っています。

ただ、離脱していた期間を考えると、やはり経験値としてもったいないのは、まぎれもない事実だと思います。

もちろん、治療・リハビリの期間が全く無駄だとは思いませんよ。

それにしても「もし怪我がなければ」と、どうしても思ってしまうわけです。

小野伸二選手も天性と称されながら、怪我で苦しんだ選手ですよね。


やはり「無事これ名馬」だと思います。


ビジネスシーンもそうです。

いくら仕事ができたとしても、すぐに体調を崩して休みがちであれば、ビジネスではダメですよね。

体力も実力のうちだと思います。


例えば、私はサラリーマン時代に、副業で1億円を稼ぎました。

ただ、その副業時代というのは朝7時に起きて会社へ行って、19時に帰宅して21時から副業開始。

それを深夜3時くらいまでやって、やっとベッドに入る。

翌日は、また7時に起きて会社へ行き、仕事もしっかりやる。

こんなことを1年以上続けました。


体力が無いとできないですよね。

当時は毎日リポD飲みながら頑張りましたが、今再現できるかというと厳しいですね・・・。

とはいえ、副業で1億円を稼ぐほどに時間を確保しようとすると、こうするしかなかったわけなんです。

物理的に時間を確保するには、睡眠時間を削るしか無いって。


ですから、ビジネスにおいても、体力といういうのは能力の1つだと思います。

虚弱体質の人や持病を抱える人を、批判しているわけではありません。

ただ、こればっかりは厳然たる事実として、存在してしまっているわけです。

アスリートだけでなくビジネスも体力があるのは、大きなアドバンテージです。


ただなあ・・・

最近、私は熱ばっかり出すんですよね。

こりゃあ、ビジネスマンとして、かなりアウトな感じでございます。

偉そうに「無事これ名馬」を語っている場合じゃないってところです。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP