なぜ、小玉歩はフロントラインな発信を続けられるのか?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「モチベーションが下がった時には、いったいどうしたら良いのでしょう?」

こんな質問を頂くことがあります。


ただ、残念ながら私の場合って、モチベーションが下がることが、ほぼ存在しないんです。

なので、なかなか適切なアドバイスができなかったりします。


ただ、モチベーションが下がることが無くても、ビジネスをやっていてテンションが上がることはあります。

その時っていうのは、微妙に気持ちにモヤがかかっていたのが、一気に晴れるような感じです。


それはどんな時かというと・・・

広告経由でのリスト取りが、物凄く上手く行き始めた時です\(^o^)/


私はリスト取りからのエバーグリーンで、いかに安定的な収益を上げるのかを、ここ1年以上テーマとしていました。

取締役の内田とは毎月6000万円を、ここからの収益として得たいと、話している感じなのでございます。


以前は1日1000リストを取れたりしていて、かなりイケイケだったんですね。

ただ、その広告媒体がダメになったり、最近はFB広告の審査が厳しくなったりと、雲行きが怪しくなってきたわけです。


そ こ に き て !


苦心のテストの結果、やっと見えてきたんですよ。

広告審査が超厳しいリスト取り戦国時代において、低単価で多くのリストを取得する見通しが出てきたのであります。


これはテンション上がりますね〜。

一気に目の前がパッと開けて、未来が明るくなりましたよ。


ベースというか、おおまかな道筋が見えて、あとは細かいテストを重ねて、精度を高めていく段階になりました。

やっと、リスト取れまくりの、あの時代に戻れるんだ・・・嬉しい!


ということで、今日は凄く元気です\(^o^)/


それもこれも内田取締役から、ヒントをもらったからなんですよね。

彼はSNS広告でのアフィリエイトを柴くんと2人でバリバリやっていて、毎月数千万円の広告費を使っています。

当然、テストも死ぬほどやっているわけです。


なんかですね、特にFacebook広告って、うまくいく設定の仕方が、その時その時で変わっていくんですよ。

効くオーディエンスの作り方とか、マジでびっくりするほどコロコロ変わる。

だけど、常に大金を運用している内田は、そこについては死ぬほど詳しい。

その内田からのアドバイスで、私のリスト取りの未来も衝撃的な明るさでパッと開けました。


ありがたや・・・ありがたや・・・


まあ、私もかなり実験やテストは大量にやるほうであります。

ただ、それ以上に弊社メンバーの実践からの、フィードバックが強烈です。

全員、やり込みが凄まじいわけです。


こうやって偉そうに発信をしていますが、その源泉というのは会社のメンバーの、実践によるものが大きかったりします。


ここ最近、上場企業の商品を企画段階から作り込んで、ネットでガンガン売って行っています。

それにしても、私は95%ノータッチで、全て彼らだけで進んでいるわけです。

知らぬ間に商品名が決まっていた時は、さすがに寂しくて涙が出ました。笑


本当にヤバい会社になってきたと思います。

逆に、私もプレッシャーを感じたりしてます。


このままお払い箱になったりして!!

みたいな。笑


ただ、ありがたいなとおもっているのは、彼らの実践や、その結果というのは、全て「小玉歩」の発信として昇華できるという事なんですよね。

自分の手柄にするって訳じゃないですよ。

そういうのは好きじゃないです、マジで。


発信に奥行きが作れますし、実際の知識として私にも身につく。

その知識というのもネットに転がっているどこにでもあるというものではなく、実践から生まれた新鮮な知識です。

マジでフロントランな発信ができるわけ。


この好循環を絶やす事なく、みんなで前に進みたいと思います。


何はともあれリスト取りの希望が見えまくって、今日は凄く元気でございます。

イケる!!これはかなりイケる!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

まだデータがありません。

週間

PAGE TOP