香ばしい言葉。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ネット業界は一気に市場が大きくなっていると言われています。

というのもプロダクトローンチの売り上げが5億円、10億円という、今まででは信じられないような金額の規模感になっているからです。


少し前までは1億円行けば成功で、3億円も行けば天地がひっくり返るそんなレベル感だったのです。

ですから、今は本当に大きくなったと言えるでしょう。


しかーーーーし!

この市場が大きくなったというのは、私やFMCメンバーには、そこまで喜ばしい事ではありません。

なぜならば、新しく市場に来た人は、恐るべき馬鹿ばかりだからです。


私は研究のために色々なローンチをしっかりと見ています。


最近のローンチを見ていると・・・

「私はもうお金がたくさんあるので、あなたにお金をあげたいと思います」

「ツールを起動してボタンをクリックするだけで競馬で1億円を稼げるようになります」

「10倍になる仮想通貨を4回連続で買えば、1万円が簡単に1億円になります」

と香ばしい言葉の連続です。


賢明な私のメルマガ読者さんなら、「んなわけない」と分かるでしょう。

ところがどっこい!

こんなローンチが5億円、10億円と売れているわけなんですね。


ですから市場が大きくなったと言っても、やってきたのはこういう属性です。

買ってしまうわけです。


私が『クビでも年収1億円』をシリーズ15万部突破したことで、やってきた人とは全く違うんです。

あの本を手にして業界にやってきたのは、私の周りでも三浦孝偉さんや前村健輔さんなど、実社会でもとびきりのエリートでした。

彼らは努力する意味や意義も知っているし、ビジネスに真摯に向き合う姿勢を、元から持っている人たちでした。


ですが、今やってきている人は一発逆転ギャンブル属性です。

関口さんの伏線塾でも言われていましたが、この属性が真面目努力系に変化する事は、100%ありません。

100%です。

一瞬ちょっとビジネスを頑張って結果を出したとするじゃないですか。

でも、根底には一発逆転ギャンブルのマインドがあるので稼いだお金を溶かしちゃいます。


何が言いたいかといいますと、我々はこれまでと変わらず淡々と真面目にしっかりやりましょうと。

教え子に結果を出させ続ける事で、自分の価値を高めましょうと。

そんなところです。


香ばしい言葉が飛び交っているので、相対的に我々のコピーが弱くなるので、どうしようかと思うかもしれません。

実際に私も今の感じだと、私の商品なんて売れないんじゃないかと思っていました。


しかしながら、何をどうしても私の所に来たとしても楽には稼げませんし、しっかり勉強して努力して稼ぎましょうと、そんな感じに結局なってしまいます。

ですから、香ばしい言葉に対抗して何かをする必要はありません。

むしろ、その属性に来てもらっても、困るのは私たちですからね。


「Work Hard & Grow Rich」

これは私の中での私の合言葉です。

「死ぬほど働いて金持ちになろうぜ!」って感じですね。


私のメルマガ読者さんで結果を出している人は、これ以外には無いというは分かっているはず。

ですから、信念を持って真っ直ぐ前を見据え、正しく力強く進んでいきましょう。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP