LINE@にこんなメッセージが送られてきました(涙)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタークラブ対談の撮影をしてきました。

対談に出演したのは、

2期
三浦孝偉
坂本幸一
横山ゆき

4期
前村健輔

5期
西野ゆきひろ

6期
中川直之
相原良太
広田光輝

この8名です。


4時間を超える対談になりましたが、さすがにこのメンバーでの対談は、かなり面白いと思います。

今の所、6月に公開予定です。

楽しみにしていてくださいね〜!

 

さて、今日の本題。

先日LINE@にこんなメッセージが送られてきました。



「有名起業家の人が勧めるものは30万円以上もするので稼ぎたいと思っても高すぎて始めることすらできません。
貧乏人からむしりとろうとしているのが私からは見え見えです。
本当に稼げるのであればまずは数万円でその後にステップアップで高額な講座を案内すればいいと思います。」


何の前置きもなく送られてきて、正直な所「??」となりました。

こういう方って突拍子もなく、いきなり文字の塊を送ってくるんですよね。


そういうコミュニケーション不全が起こっているのは置いておいて、思ったことは大きく2つです。


まず1つ目!

卑屈だな〜〜〜〜と思います。


同じものを見ても、見ている人の状態や気持ちで見え方って変わるんですよね。

何事も。


「貧乏人からむしりとろうとしている」

ここですね。



恐らく色んなローンチを見て、色んな塾のセールスを見て思ったのでしょうね。


ただ、なんていうんだろう、別にむしりとろうとはしていないと思うんですよね。

単純にセールスをしているだけで、それを買うかどうかは強要されているわけではないです。


セールスを受けた時に、どのように感じるかってのは本人の心の状態によると思うんです。


私もセミナーに参加したりして、バックエンドでセールスを受けることがもちろんよくありますよ。

そういう時にサササッと帰っちゃう人がいるんですよね。


「何か売り込まれる、うわー」みたいな心の状態なのでしょう。

ただ、私はどんな商品なんだろう?と興味津々に話を聞くわけです。

だって、その商品が自分にとって価値あるものであれば、買った方が良いわけじゃないですか。


価格は、その中身に対して自分自身が適切だと思うかどうかで、ボッタクリかどうかなんてのは、一概には言えませんよ。


例えば私のコンサルティングは、半年で500万円です。

これを人はボッタクリと、言うのかもしれません。

だけど少なくとも先の8人は、そう思わないわけですよ。

そういうのは大体が無関係の外野がうるせーわけです。


それで、話を戻しますと「貧乏人からむしりとろうとしている」というのも心の状態が、そのような思考を生んでいるんです。

極めて卑屈だと思います。


価値を感じれば買えばいいし、感じなければ買わなければいい。

それだけの話です。

それ以上に考える必要がありません。


卑屈卑屈言っていると、ただの悪口になってしまって申し訳ないので、重要なことを端的にまとめますね。


ここからの教訓は・・・

何事も心の状態、心の在り様で、見え方が変わってくるということ。

場合によってはチャンスを逃したり、さらに心の状態を悪い方向へ持って行くこともあるということ。

そんな事を思うわけです。


そして2つ目!

何も調べてないんだな〜〜と思います。

「本当に稼げるのであればまずは数万円で」って言っているじゃないですか。

数万円の入門教材って、探せばいっぱいありますよね?

何が何でも30万円の塾に入らなければ稼げないってこともありませんし。


ネットビジネスの業界が塾だらけになったっていうのは、ここ数年の話です。

私がネットビジネスを始めた時は、そんなものはありませんでしたし。

普通に数万円の教材を買って、普通に自分で取り組んで、普通に頑張って稼ぎましたよ。


先ほども言った通り今だって数万円の入門教材は、インフォトップを探せばいくらでも出てきますよ。

私が主宰するFMCのメンバーでも、そういった教材で学んで結果を出している人もいます。

別に必ずしも塾に入らなければ、稼げないってことはないです。


例えば私が初心者にオススメする転売ビジネスだっていい教材がちゃんとありますよ。

http://maekenfinal.com/


昨日、対談で一緒だったので、前村に「転売TRADERってどうなの?」って聞いてみたんですよ。

そうしたら「いや、あれ以上の物は無いと思いますよ」と堂々と言い切っていました。


これ29,800円じゃないですか。

30万円なんてしません。

そして、この教材「だけ」で月収100万円を稼いだ人なんて何人もいるわけです。


別にこっそり売っているわけでもなく、インフォトップを探せば出てきます。

きっと探してないんだろうなあ〜と、思うんですよね。


そりゃあ、ツールがあったり、しっかりとしたサポートがあったり、塾は結果が出やすい環境だと思います。

そのための、あのお値段ですから。


ただ、別に教材だけでも稼げますよ。

そうやって稼いだ人がいることも、調べれば分かることですしね。


まあ、何を言いたいかというと、何の脈絡もなくいきなり不平不満のメッセージを送っても状況は何も好転しないってこと。

そんな事をやる暇があったら、前を向いて頑張って行こうってこと。


不平不満言ったって周りを変えることなんて難しいですよ。

私らが生きる世の中なんてどうにもならない事ばかりだし、それを嘆いてもしょうがないわけです。

だから、自らが動いて自らが自らを何とかするしかないんです。


説教くさくなりましたね・・・すみません。


とにかくやるしかない!!

頑張って行こう!!


「長々話してそれかよ?」って思ったかもしれませんが、それしかないんですよ。

なので、頑張って行こう!!

エイ!エイ!オー!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP