2月の収益を計算してみました





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは、AYUです。

ちょうど先ほど、JV先から先月の報酬の連絡が来たので
2月の収益をざっくり計算してみました。

ただ、物販はまだ数字が森田さんからもらえてないため、
その他のアフィリエイトやコンテンツ販売の部分になります。

 

収益はこんな感じ。

アフィリエイト 1,257万9,229円

コンテンツ販売 339万6,231円

合計 1,615万5,460円

 

このなかで、やはりインフォトップが832万6,679円あるので大きいです。

アフィリエイターランキングは結局3位でしたが、純粋なアフィリエイトだったら私が1位です♪
(ま、この辺は気付いている人が気付いているって感じでいいでしょう。)

 

他にアフィリエイトでは、一部分割決済の案件があって
アフィリエイト報酬も分割で発生してます。

これが分割じゃなかったら、あと400万円くらいプラスでしたね。

ま、そもそも分割決済だからこそ伸びた案件でもありますが。

 

恐らく、ここに物販の利益が200万円くらい乗ると思います。

物販に関しては、ここずっと右肩上がりなので森田さんと森さんに感謝!

 

なんだかんだで月の利益が2,000万円規模の会社になっています。

驚くべきは、社員は私一人ということですね。

 

これは完全にインターネットのおかげと言えますよね。

旧来のビジネススタイルでは1人でこんな利益は出せません。

 

私は前職で社員2万人規模の会社にいました。

いわゆる「大企業」です。

 

で、そんなところで働いてて「大企業だりーなー」と思ってたこともあり
会社の人的規模の拡大には興味はありません。
(この辺は、億の細道LIVE参加者には伝わっていると思います)

大企業ってイケイケどんどんの時はいいんですけど、ちょっとでも傾くと
固定費の負担がかなりきつくて身動き取れなくなるんですよ。

さらに、フットワーク軽くないんで、新しくて儲かる事業にひょいと移れないという。

 

こんな変化の激しい時代に於いて、フットワークの重さは致命的。

一瞬で取り残されて「さよなら~」です。

 

なので、学生時代にあれだけ憧れた大企業に今では全くもって興味が無いのであります。

日本式大企業は、遅かれ早かれ全滅ですね!

 

とは言っても、だんだん私の手の届かない所もでてきていますので、
バランスを第一に考えて人員の増強は図りたいと思います。

基本的には小さくて利益率の高い会社が理想的。

そっちの方がストレスが少ないと思います。

 

社員がたくさんいたりすると、今回みたいに思いつきでハワイなんか行けませんからね。

大ブーイング必至な訳ですよ。

 

勤め先の会社がいきなりハワイに遊びにいったらブチ切れするでしょう?

 

そうそう。

昨日は、ハワイということでランチ付きのホエールウォッチングに行ってきました。

 

こんな感じで、クジラがちらりと見えました。笑

http://ayj.jp/eam/lk/0516/10446/326m4/

 

本当はどかーんとジャンプしている所が見たかったんですが、
なかなかそんなシーンには出会えないようですね。

 

こっち来てから、食事はファーストフード的な物が多いです。

昨夜もこんなもの。

http://ayj.jp/eam/lk/0516/10446/326m5/

 

パニーニって書いていたんですけど、生地がかりかりしてて
お好み焼きみたいな感じでした。

ちょっと私の想像するパニーニとは違いましたね。

でも、かなりおいしかったです。

 

その前夜はこれでした。

http://ayj.jp/eam/lk/0516/10446/326m6/

まぁ、安くてうまくていい感じなのですが、ちょっと豪華なものも食べてみたいなーということで
明日の夜はクルーズディナーに行ってきます。

なかなかなお値段でしたので、きっと豪華なはず!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP