5億円、10億円

こんにちは、AYUです。

 

いやー今日の東京は寒いです。
どうしたんでしょうね~。ブルブル。

 

先日、関口さんのメルマガで
「期末だからって稼ぎの手を緩めるんじゃねーぞ!」
というメッセージが配信されました。

 

こ・・これは、正に自分の状況でありました。
経費消化とかそう言うものとは違うんですけど、期末で緩んでいたのは確か。

 

2年ちょっと前からネットビジネスは色々やっていたんですけど、
法人化したのは昨年だったんですね。

 

で、今月が一期目の決算な訳です。

 

まあ、税金を逃れるつもりはないので普通に書いてしまいますと、
売上が2億円くらいな感じでした。

 

まあ、「副業年収1億!うおー!」とか言ってやっていたので、
一期目の数字が何となく見えた所で、ちょっとふわっとしてました。

 

ちょっと前まであった「ギラギラ感」が完全に消えてしまっていたんですよね。
Twitterを見ても、
「フットサル楽しいぜ!」
「アカチャンホンポ行ってきたよ!」
「コーヒーが美味いね☆」
「ウイイレまじで面白すぎ!」
とか気の抜けたツイートしかしてませんでしたからね。

 

というわけで、こんなんじゃマジでぬるい毎日になってしまうので
家入さんと相談して新しい「旗」を掲げる事にしました。

 

それは、
「2期目 年商5億円」
「3期目 年商10億円」
という旗です。

 

まあ、与沢さんが「年商100億」というものをぶち上げているので地味に映ってしまいますが、
「選択と集中」、そして「適切なポートフォリオ」を組んだ結果の金額です。
あとは、あまり組織が大きくなりすぎると、組織運営に関わるストレスがしんどいので
私自身の能力を冷静に考えた組織サイズで生み出せる金額ですかね。

 

ちなみに、今期の2億円は私個人のアフィリエイトとコンテンツ販売が殆どです。
自分自身今の状況はバブルだと思っていますので、この部分はこれがマックスかなと思っています。

 

来期は落ちるか、良くて横ばい。
結構落ちてしまうことも想定しています。

 

ですので来期以降はその他の、現在「仕込み」を行っている事業を花開かせていく予定です。

 

森田さんが手がける、物販周りの総合事業。
森さんが手がける、某業界に超新風を吹かす事業。
山部君が手がける、継続課金がどんどん膨らむ事業。
渡辺さんが手がける、自動でバリバリとリストが入って来る事業。

 

そして、「生きるレジェンド!今もなお最前線!」畑岡さんが受けてくれた、「某日本最大の口コミサイト」の運営。
ちなみに、この口コミサイトはNTT東日本の「FLET’S BOOK」にも掲載されています。

 

これら、いわゆる「情報業界」とはまた別の所の事業をガンガン攻めて
来期5億円、再来期10億円というのをガチで目指します。
もちろん今利益が大きく出ている「情報業界」は捨てません。
これも含めて目指していく金額です。

 

確かに今のスタンスでメルマガを書き続けたら、生きていくのに全く困らないお金を
リスクも殆どなく稼いでいけると思うんですよ。

 

「選択と集中」ってさっき言いましたけど、これを極限までやったら
メルメガだけでいいような感じになっちゃうんです。

 

ただ、1年くらいメルマガしっかりやってきて、ある程度「答え」が見えてきましたし
金額的な上限というのもわかってきました。

 

今の金額を大きく超えていくには、大規模なプロダクトローンチで
塾コンテンツのような大コンテンツを販売しなくてはいけないです。
ただしかし、今の私のリソースではちょっと厳しいです。
人的リソース的にも、精神的リソース的にも。

 

間違いなく言えるのは、現状メルマガ以上に
効率的に低リスクで大きなお金を稼ぐ方法は無いという事です。

 

このままやっていたらずーっと稼いでいけます。

 

ただなあ、、、性格なんでしょうね。

 

他人がやっていない事とか、
新しい事に興味が止まらなくなってきてしまいました。

 

これは昔からそう。

 

何かがうまくいったり、ある程度追求し切ったらまた別の所を攻めたくなるんですよねー。

 

私は川島さんにはなれないようです。

 

はい。

 

で、ここからの話は普通は心の中にとどめる事だと思うんですけど、
なんか裏でそう思っているのも嫌なので言ってしまいます。
パートナーのみんなにはテンションを下げずに
逆に発奮して欲しいと思ってます。

 

上記で列挙したように、今後様々な事業が平行で進んでいく事になります。

 

ただ、正直な話この中で大ブレイクする事業は1個か2個だと思っています。

 

というのはやはり何をどうしても「パレートの法則」から逃れられないと思うんです。
現に、「絶対大ヒットだ!」と思って作った12個店舗のネットショプでも
売り上げの大部分を3店舗で占めている訳ですし。

 

勘違いして欲しくないのは、だからといって「これは上手く行かねーだろ」と
前もって適当にやっている訳ではないという事です。

 

全てありえないくらいに上手く行くつもりで取り組んでますし、
上手く行かないものにお金なんてかけません。

 

ましてや、人と協業する事をそんなに簡単に考えていませんからね。

 

マジで全員命かけてやっているのはわかっていますし。
だけど、現実的に全ての事業のブレイクは無いでしょう。

 

これは超冷静な発想。
「思ってても言うな」という意見もありますが、パートナーのみんなは
これで「ブレイクするのはオレの事業だ!」と発奮する人種だと思っていたので書きました。

 

いや、だけども全部上手く行かせたいですよね。
本音の本音の本音の所は。

 

こういう、謎の法則のようなものに打ち勝ってみたいという闘志も一部では燃やしています。

 

勝ちたいーーー!!!うぐぐ。

 

ちなみに、今仕込んでいる事業の中でも畑岡さんが手がけるものは別次元でした。

 

畑岡さんの元に集まってきたプロのお仕事を見させていただいている訳ですが、
「これが・・・本当のプロか・・・」と、しびれる毎日です。

 

ああいうやり取りを見れる事に本当に感謝しています。

 

この2年間、数々の先輩に触れる事でその度に自分は大きく成長してきました。

 

そして、今もまた畑岡さんという大先輩のもと成長させていただいています。

 

畑岡さん!来期はこの事業だけで億です!

 

こちらではウルトラ企画を練っていきます!
宜しくお願いします。

 

パートナーのみんなもマジでがんばりましょう!

 

全ての事業が夢で溢れています!絶対に成功させましょう!

 

読者の皆さん、マジで面白いドラマをこのメルマガで見せていきます。

 

それぞれ公開できるタイミングがきたら公開します。
おもしろがって私を追いかけてみてくださいね!

 

というわけで、とりあえず今夜はオーストラリアに勝つぞ~!
ジャパーン!!

 

(いきなり気が抜ける発言だ・・・)

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP