「1時間だけだよ!」と小学生のように言われたんですが。



こんばんは、AYUです。

昨日はウイニングイレブン2012のオンラインをやっていたら
朝になってしまっていて、時間感覚が完全に狂ってしまいました。

久しぶりに1人でゲームをやり込んでましたが、時間を決めなきゃダメですね。

妻には「1時間だけだよ!」と小学生のように言われたんですが、
妻が寝てしまったのをいいことに6時間もやってしまいましたよ。


この時間、仕事をしっかりしていたらどれだけ稼げたか・・・


ま、たまにはそんなのもいいでしょう。




いやーしかし、ウイニングイレブン本当に上手くなりたいんですけど!

誰かコンサルしてくれませんか!?


これはかなり本気です。



・・・これからフロントライン・マーケティングの紹介をしようと思ったんですけど、
ウイニングイレブンのことを考えていたらそれどころではなくなってきました。

昨夜、6時間もやっていて2回しか勝てなかったんですよ。

メンタル的にボロボロな状態で寝たんですよ。
それを思い出してしまいました。


















はい。



【AYU式】フロントライン・マーケティングについて昨日お電話を頂いたんですね。

電話相談とかやっていないんですけど、恐らく会社に直接電話して来たんでしょう。


性格の悪い私は、普段なら「電話相談は受け付けていないので申し訳ございません」と、
さくっとお話する所ですが、昨日はちょっと話し込んでしまいました。

理由は不明です。タイミングの問題ですかね。




ネットビジネス初心者の方で購入を悩まれている方だったんですね

で、結論から言うと「買わない方がいいですよ」とアドバイスしました。



最大の理由は「自分で決められなかった」ということです。


私だってせっかく世に出した商品ですから、多くの人に手にしてもらいたいですよ。

多くの人に手にしてもらわなければ、ただの自己満足ですから。



さらに言うと私は一流の営業マンなので、
素人の方からの電話があったら100%買わせる自信があります。


でも、そんな感じで手にしてもらうことは「アレだなー」と思ったわけです。


別に電話相談とか受け付けて、クロージングしまくってもいいわけですよ、ビジネスに徹するなら。

そうやって購入しても、結局上手く行かない人が殆どなんですよ。

それはさっき言った「自分で決められなかった」というのが理由です。


ビジネスで上手く行く人って、やっぱり決断力があるんですね。

決断するって、「自分の意思決定」に「自分で責任を持つ」ということなんで、
これってかなり重要な行為なんですよね。

で、ここを「買ったらいいですかね?」と他者に意思決定を委ねるのはいかんなと思うわけです。


というわけで、この方はフロントライン・マーケティングを手にしても
きっと活用できないな~と思って「買わない方がいいですよ」というアドバイスをしたわけです。


というわけで、【AYU式】フロントライン・マーケティングの購入を検討されている方
自分で購入を決断できるのかというのを、購入の判断基準にしてください。

この「決断」ができるということが、まずはビジネスの成功の第一歩です。

もちろん、「買わない」という「決断」も当然それはまちがいではありません。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP