ウイニングイレブン2012


こんにちは、AYUです。

いやー今日は暴風雨ですね。

 

そんな天気の中、美容室に来ております。

集客を無料でお手伝いしている美容室ですが、1円も割引がありません。
(当たり前か・・・)

ただ、2ヶ月後くらいには売上を爆発的に伸ばして「小玉さん、お礼を払わせてください!」と
言われるように、支援を強化していきたいと思います。

 

ライバルが強力でなければ、「地域一番店」を目指すのはそう難しいことではありません。

美容室ってスタイリストさんのキャラが結構立ってたりするので、やりやすいと言えばやりやすいです。

 

スタイリストさんのキャラを確立すること。

その魅力的なキャラを魅せるサイトにアクセスを集めること。

そのサイトから来店すると圧倒的にお得だというオファーを投げること。

 

この流れがまずはいいと思います。

 

今はまだキャラ確立中。

そして、サイトも作成中。

 

うん、やっぱ2ヶ月後くらいだね。

 

美容室に行く理由って結構色々あるじゃないですが。

立地とか、価格面とか、お店の雰囲気とか。

ただ、この辺は簡単に変えられないので、
じゃあやりやすい所はどこだろうと考えて行き着いた作戦です。

 

美容室って、スタイリストさんの魅力でそこに通ったりしますからね。

おいおい作ったサイトやスタイリストさんのTwitterやFacebookを公開しますね。

「Twitterはこうやって使うのかー」というのがわかるかと思います。

 

さて、先日バンドをやってたときのボーカルの家で手巻き寿司パーティーをしました。

久しぶりにミュージシャンだらけのなかで、時間を過ごして新鮮な気分でしたね。

 

超イケイケでブレイク寸前だったバンドが、有名アーティストのパクリ問題で解散させられた話とか
刺激的すぎて楽しかったですよ。(裏話が多いのもミュージシャン仲間で話す醍醐味・・・)

 

そして、一通り手巻き寿司パーティーが終わると、ボーカルと私のウイニングイレブン対決がスタート。

バンドやってた頃は、彼とは毎晩のようにウイニングイレブンをやってましたが
ここ最近はとーんと遠ざかっていました。

1年ぶりのウイニングイレブンでしたが・・・やっぱり超面白い!!

気付いたら4時間もやってましたね。

 

いやーあんなにエキサイトするゲームは他にはありませんよ。

 

で、そのエキサイトの流れのままAmazonで、ウイニングイレブン2012を購入しました。

最新作ですね。

ウキウキがとまりません!!

 

というわけで・・・ウイニングイレブン大会を開催することにします!!

 

実は私の事務所が4/4に完成するんですね。

なので、その次週くらいに事務所でウイニングイレブン大会をやります。

参加資格は、「私と直接面識のある起業家」です。

詳しい日程は参加希望者で調整しましょう!

 

エントリーはこちらからお願いします。

http://ayj.jp/eam/lk/9954/10848/23m3/

 

西野くんがやる気満々すぎて、ちょっと萌えです。

楽しみですねーウイニングイレブン大会!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP