タオバオをリサーチした結果・・・。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月7日に弊社で運営する天然石のお店がオープンしました。

扱っている商品の仕入れルートは「超シークレット」です。

物販ビジネスは仕入れがキモなのですが、このジャンルは特に仕入れがモノを言います。

仕入れの強さによって同じクラスの商品でも、コストが倍くらい違ったりするんですよ。

 

他の実店舗の方がうちのショップ見たら「仕入れに使える・・・」というレベルの商品もあるんです。

うちの仕入れはかなり強いので、セールとかじゃなくてもそのくらいの価格でやれています。

 

あとはトップレベルの商品ですね。

この辺りの商品たち。

http://premiumstonegallery.com/?mode=cate&cbid=1819346&csid=2

 

ここまでくると、コストがどうこうというより、そもそも手に入れることができません。

それこそ「人脈」の世界になります。

「お金があっても簡単には買えない」という、なんだかよく分からない話になるんです。

(この話をしたら日が暮れても終わらないので、私に会った時にでも直接聞いてください。)

 

ちなみに、うちの仕入れについてはネットは全く使っていません。

というかネットは基本的に世界中にオープンなので、ネットの時点で「超シークレット」じゃないですよね。

それこそ、先の「人脈」という話になるんです。

 

天然石系は様々な仕入れルートがあるのですが、日本のショップは下記3つが主な仕入れルートとなっています。

 

1つは目はネットで「業者専門」と銘打って薄利多売で捌いてるショップです。

まあ、安いですが質はそんなに良くないですよね。

薄利多売なので1つの写真を載せて、「これと同等品質が届きます」なんてやるところが殆ど。

天然石なので一つとして同じものは無いし、それぞれの主観で品質クラスを決めるので、この取引方法ですと商品に対する認識のズレが大きくなります。

ですので、届いたらがっかりみたいなことが多々あるわけですね。

「いや、写真に載ってたクラスと全然違うでしょうに!」と。

こういったショップは普通に一般の人でも買えるので、「業者専門」というのは名ばかりですよ。

 

2つ目は国内の卸業者です。

彼らはあまりネットを使わずに対面であったり、ネットや電話なんかで注文を受けて全国に発送します。

日本のほとんどのショップは国内の卸業者から仕入れて商品を販売している感じですね。

通常でショップをやられている方は、ここがスタンダード。

毎月どこかしらミネラルショーがあるので、そういった所に行けば卸業者とは普通に出会えるでしょう。

ただ、先ほどお見せしたクラスの商品を持っている卸は、国内では恐らくいないんじゃないかなと思います。

そういった商品ではなくでも卸業者の力によって彼ら自身のコストがだいぶ変わるので、どの業者と付き合うかが重要になります。

 

3つ目は中国ですね。

気合の入っているショップは広州やその近辺に行って、現地の問屋なんかから仕入れます。

国内の卸は大体ここで仕入れているので、流通を1個飛び越えるイメージです。

ただ、ここにも問題があります。

まず、どこから仕入れたらいいのかわからないくらい雑然としているという点。

荔湾(リーワン)広場とか本当に物凄いボリューム感です。

目利きのできない素人が行ってもまず無理ですし、さらに照明とかメチャメチャで品質がわからない。

そして、1個2個とかだと安くならないので、莫大な資金が無いと行く意味は無いです。

1箇所で1回数百万円を仕入れるくらいで、初めて意味が出てくる感じです。

ですから、小ロットなら大人しく国内卸から買ったほうが安いですよ。

 

ちなみに、「何で中国なのよ?」って話になりますが、我々が扱う商品の加工は主に中国で行われているんです。

もちろん、原石は鉱物によって採掘地が異なりますので、世界各国に産地が散らばっています。

ただ、加工が中国なので、そのまんまマーケットもできている感じです。

世界から原石が集まって加工され、近辺で販売されているということですね。

 

もちろん、加工は中国オンリーではなく日本では山梨でやってたりします。

ただ、やはりそこでもコストが乗っかりますし、絶対数が少ないのでやっぱり中国がいいです。

 

ちなみに、私の仕入れは上記3点のどれでもありません。

なので安泰中の安泰であります。

超シークレット!!

 

上述の通り、こういったブレスのような天然石の磨きもの系は、殆どが中国で取引されています。

そこで、ふと思ったのが「タオバオ仕入れで転売できるんじゃね?」ということ。

そんな訳でちょっとリサーチしてみようと思い立ったわけですよ。

 

とりあえず、日本でも一番人気のあるルチルクォーツをタオバオで見てみました。

中国語では金发晶と言いますので、それを検索した所・・・

 

鬼のような数のルチルクォーツが出てきました!!

 

1ページに48個出ていて、それが100ページ。

それで、100ページ全部の商品を3時間半かけて、じっくり見させていただきましたよ。

 

その結果わかったことは「仕入れには使えない」ということです。

確かに信じられないくらい数は多いし、日本では到底手に入らないような品質の商品もあります。

見ていてワクワクしましたね!

 

ですが、普通に高かったんです。

いや、もしかしたら国内卸で買うよりは、多少安いのかもしれません。

ただ「多少」なんです。

こんな値の張る物なのに多少安いってだけで、画像オンリー&マジでそれ届く?という中で仕入れるのは、あまり利口とは言えない感じですよね。

ですので、仕入先としては使えません。

 

実は、来月から弊社でもタオバオでの販売を開始するのですが、3時間半のリサーチ結果、普通に戦える事がわかりました。

いや、普通にイケるとは思っていましたが、改めて「イケる感」を増すことになるリサーチでしたよ。

品質も戦える、価格も戦えるって感じ。

 

あとは日本人が運営している店舗が日本から出品しているということに、タオバオ市場がどう反応するかですね。

本当にどうなるかわからないけど、夢は広がります。

 

まあ、タオバオで仕入れが成り立たないのは、考えてみたら当然ですよね。

あそこは普通は「仕入れる場所」ではなく、中国の方が普通にショッピングを楽しむところですから。

小売ですもん。

しかも広州の問屋から仕入れて売っているショップなんか、普通にうちよりもコストが高いはずなんでね。

 

天然石事業はネットショップからスタートして、実店舗をオープンし、タオバオもやります。

こっそりebayにも先月から出品していて数日前、無事に1回目のリミットアップが成功しました。

さらに、原点回帰というわけではありませんが、ヤフオクにちょっと力を注ぎます。

 

ちなみに、ヤフオクは作業量多めになりそうなので、アルバイトを募集することをかなり真剣に検討しています。

ヤフオク経験があって普通に写真撮影ができて、仕事がテキパキできる人はスタンバッててください!

 

そんなこんなでタオバオをじーーっと見てて、その後にebayの海外セラーを隅から隅まで見てたら気づいたら背後に妻が立っていまして・・・

「なんだかんだで輸入転売やってるのね!」とニヤニヤされて、「お主、鋭い!!」とビクッとしてしまいました。

タオバオはイマイチだったのですが、ebayでは実は使えそうなものがちょろちょろとありましてね・・・汗

 

国内海外問わずマルチチャネルで展開してるわけですが、実はこのプラットフォームもこっそり使っています。

http://ayu777.net/web/1413/

 

あまり気合入れて出品していない中、それでもポロポロ売れている感じなんです。

ここは、テレビCMも入っていて今後どんどん伸びていきそうですよね。

期待!!

 

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP