情報発信ビジネスこそが、死ぬまで続けられる最強のビジネスである。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の個別コンサルティングは、半年間で500万円です。

スタート時は300万円でしたが、前々回から500万円となりました。

それでも半年に1回の募集時には、多くの方の申し込みがあります。


このコンサルティングは「フロントラインメンタークラブ」という名前をつけています。

500万円を払えば誰でも受けられるというものはなく、書類選考と面談の上で、お互いの納得があれば受けられます。


というのは、完全な初心者が来たとしても、コンサルティングを活用できないからです。


例えば、月収100万円を稼ぎたい初心者がいたとします。

そういった方は、私のコンサルよりも、転売ビジネスに特化した先生のコンサルを受けた方が絶対にいいです。

そういったコンサル料金の相場は、30〜60万円ほどです。


500万円も払う必要はありませんし、私は転売ビジネスに特化した先生より転売ビジネスには詳しくありません。

「ビジネスマインドが身につけばいいです!」という方もたまにいらっしゃいますが、そういう感じの方は自己啓発の先生の方が、私よりも多くの満足感を与えてくれるはずです。



私は大金を頂いたからには、その何倍ものお金を稼いでいただきたいのです。

私が得意としているのは情報発信やコンテンツセールス、ビジネスモデルの構築です。


特に情報発信の指導に関しては、 ・コンセプトメイキング ・集客 ・媒体構築 ・コンテンツ製作 ・セールス ・LTV向上戦略 などなど・・・トータルで、誰にも負けない自信があります。


ビジネスモデルの構築においても、どこかしらで情報発信を絡め、 ブーストをかける戦略を取ります。


例えば、弊社の物販事業。 こちらも情報発信は、欠かせないものとなっていますし、これがあるが故にスピード感を持って事業成長をしていけるのです。

ちなみに、この全4話の「メンタークラブ特別対談」に出演しているメンバーには、全員情報発信を指導させていただきました。





私は、情報発信ビジネスこそが最強のビジネスであり、死ぬまでできるビジネスだと思っています。


情報発信ビジネスのゴールは「自分が商品となる」という事です。

そのためには、何より自分が「価値のある存在」になる必要があります。


もう1段深掘りすると、「価値のある存在」になるためには、他者から求められる存在であり、かつ他に並ぶものが無い状態である事が重要です。

そう考えると情報発信ビジネスの追求は、非常にエキサイティングでありますが、同時に難易度の高いものであるとご理解頂けると思います。



さて、冒頭で申し上げたました通り、私のコンサルティングの料金は、半年間で500万円です。

これが私の提供するサービスの中では、最も高価格のものです。


今は第6期生3名の指導をしているところです。 最も高価格のものが500万円。

では、2番目は? という事になるのですが・・・ これが半年間で120万円です。


この120万円のサービスは、2015年末から2016年の上半期にかけて開催されました。

たったの20名限定のクローズドなサービスです。


参加者のレベルも非常に高く、全員が年収数千万から億レベルでした。


このサービスがどういったものだったのかという話なのですが・・・ 長くなったので続きは次の記事でお話しします。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP