メール1通の1回勝負です。

先日より号外広告の受け付けをスタートしたのですが、かなりたくさんのお申し込みを頂きました。

これ、マジで面白いですね。
当たり前ですけど、広告は投資なわけで何らか回収のスキームがあるわけですよ。じゃなきゃ出すわけ無いじゃないですか。

回収が難しいのにガンガン広告出すのは、私の出版のように「男のロマン事業」だけですよ。

『クビでも年収1億円』を出版した時に、実はデヴィ夫人のメルマガに広告を出稿しました。デヴィ夫人の広告はメール1通で50万円です。

これ、たっけー!って思うじゃないですか。

だけど、結局メール1通で1000名の方の立ち読み請求があったんです。もちろん、そこでメールアドレスを取得しているわけですから、50万円で1000人の顧客リストができているんですね。メルマガ広告をやった事がある人は、これがかなりイケている結果だと分かるはずです。

今は無料オファーとかやると、最低でも1人獲得するのに700円くらいはコストがかかります。まあ、不正とかがあるから単価はもっと上がるでしょう。
そうしたら、デヴィ夫人のメルマガ広告は悪くないですよね。

ただ、メール1通の1回勝負です。配信してしまったらやり直しはきかない。ここに50万円を投資するわけですから、メールの文面には命をかけました。色々と練って練って練りまくって文章を作り上げるんです。

マジで魂ですよね。

私の号外広告は反応率が高いかもしれませんが、料金的には高い方だと思います。なので、当然出稿者も魂込めて文章書いているに決まっているんですよ。だから、何を言いたいかというと、ちょっと私のメルマガもじっくり読んでみて下さい。

3人に1人はかなりうまいです。素敵。・・・まあ、3人に1人ですけどね。

どうしたら私の読者が振り返るか?
どんなオファーを出したらいいのか?

その辺をしっかりと練っている上手な方が、たまにいますのでちょっとじっくり読んでみて下さい。絶対に勉強になりますから。

メルマガ広告に限らず広告の基本的な考え方は、その媒体にいる人間からいかに自社の顧客リストを作れるか。これが大事というか、全てです。

だから私は『仮面社畜のススメ』の広告は、電車広告も新聞広告もこれをかなり意識しています。全てに「仮面社畜」で検索誘導をかけています。そして、ここで重要なのは、電車広告も新聞広告もほぼスマホでの検索だという事。ですので、スマホ専用サイトを作ってスマホのPPC広告を出稿しているわけですよ。

もし、今手元にスマホがあったら「仮面社畜」と検索してみて下さい。スマホサイトがPPC広告で出てくるはずです。

ここまでのガチのヤツをやった事がある人はいないのでイメージがつかないと思いますが・・・まあ、今の所で4000人が立ち読みをしている感じです。

大企業は大体イメージ広告なんで検索した所で、その先からリストを取得するような事をあまりしてません。あれをちゃんとやったらすごい事になるな~とか思いますが、大企業は大企業のやり方がありますからね。だけど、あの方式も商品によってはもうきついかと思います。

あ、急に思い出したんですけど、コンパクトデジカメってもう売れないじゃないですか。今なんてスマホで殆どの写真を撮っちゃいますよね。持ち歩きも楽だし、データのやり取りも楽だし、それでいて写りなんかも本当にキレイなわけなんです。だから、今更何万円も使ってコンパクトデジカメなんか、わざわざ買う事なんて無いわけですよ。

それを何とかコンパクトデジカメで写真を撮らせようと啓蒙活動するなんでバカな事をやってました。これは私が会社にいた頃なんで、今はどうか知らないですけどね。

はっきり言って過去の歴史をずーっと振り返って見ても世の中の大きな流れに逆らうなんて無理です。そんなの当たり前。

じゃあどうしたら良いのかな~~って考えたら、普通にナイスな方法が思いつきました。コンパクトデジカメ事業を撤退せずに、しっかりと利益を作っていく方法ですね。マジでこれからの時代に勝ち抜いていくナイスなアイディアです。

今日は長くなっちゃったので、これはまたの機会にお話しします。

まあ、この話をどっかのカメラメーカーの人間が見たとしても全く相手にしないと思いますね~。

以前、某大企業の子会社の社長が私の所に話を聞きに来てくれまして、それで私も嬉しくて色々とアドバイスしたんです。web系の新規事業があまりうまく回っていないという事だったので「俺の出番だ!力になりたいぜ!」と思ってがんばりました。

だけど・・・結局何一つやってくれませんでしたね。涙

で、その会社がどうなったかというと、消滅して親会社の一事業として吸収されてしまいました。あんなにお金を使えるならマジで何でもできたのに、超もったいな過ぎでしたよ。しくしく・・・。

まあ、小玉の意見なんて大企業からしたらそんな物。広告代理店のアホみたいな提案には盲目的に乗るくせに、小市民のナイスアイディアなんかゴミみたいな物なんですわ。

仕方ないので私は私のお話を聞いてくれる経営者さんを応援して、売上が伸びていくのを楽しみます。一緒にお仕事するのは頭のいい経営者と直接お話ができる、フットワークのいい会社が最高ですね。

というわけで、コンパクトデジタルカメラのお話はまた改めて。面白いお話ができると思います。

直接お話が聞きたいという企業の方がいらっしゃいましたら・・・・いるわけないね。笑

では、また!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP