夫婦円満に大事な3つのこと

土曜日に結婚披露宴に出席してきました。

そこでありがたい事に、乾杯の音頭&挨拶という大役を務めさせていただいたのでございます。
ですが、実は私挨拶を考えるのが大の苦手。いや、こういうのって超重要じゃないですか。なので、ネタというか話す内容を事前に考えるのってできないんですよ。いつまでたっても答えが出なくて。
話す事自体が苦手なんじゃなくて、前日とか事前に考えるのが苦手なんですね。

なので、頭を無にして披露宴に臨み、マイクの前で思いつくままに話しました。

新郎新婦の顔を見た時にパッと出たのが「夫婦円満に大事な3つのこと」です。
まあ、それをテーマにする事を決めただけでその時点では3つ決まってなかったのですが、最終的には自分なりにかなりいい事が言えた気になったので(自己陶酔がひどいレベル)いい気になってシェアしたいと思います。


1つめ。相手に与え続けられるように常に努力をすること。

生まれも育ちも全く違う2人が惹かれ合うというのは、相手に自分には無い何かを感じるから。そして、相手が持っていない物を自分が与える事ができるからだと思います。
それは、体力なのか経済力なのか楽しさなのか優しさなのか、それぞれ色々あると思います。これを、5年経っても10年経っても20年経っても、与え続けられるように常に努力をしなくてはいけません。


2つめ。相手を敬い認め合うこと。

生まれも育ちも全く違う2人ですから、持っている物が違いますし、できる事も違います。自分ができるような事でも相手はできないかもしれません。ただ、前述の通り惹かれ合うというのは相手に魅力を感じられたということに間違いありません。
重要なのは、出来ない事にフォーカスするのではなく、相手の魅力にフォーカスすること。そして、それをお互いに忘れないことです。


3つめ。感謝の気持ちや愛情を言葉にすること。

「いつもありがとう」だったり「愛しているよ」と言葉にするだけで、本当に夫婦の雰囲気は良くなります。男性特有の「言わなくても分かってるだろう」というのは、女性には通用しません。女性は分かりやすくしっかりと言葉で伝えて欲しいと思っています。
特に専業主婦は仕事をしていないので男性からしたら「大変ではないだろ」と思われがちですが、家事は超大変です。この「大変である」という事を認めてあげないと、女性は物凄くつらかったりします。また、男が働いてお金を稼いでくるのは世では当たり前かもしれませんが、外では色々な物と戦っていています。ですから、妻から労いの言葉をもらえると本当に嬉しいのです。
夫婦がお互いに感謝の気持ちや愛情を持つのは当たり前としても、それを言葉に出すことはかなり大事です。


結婚して数年ではありますが、これが僕が考える「夫婦円満に大事な3つのこと」です。

ちなみに、帰宅後これを妻にドヤ顔で話したら「いやいや、あなた全くできてないじゃん」とバサっと斬られたのは、新郎新婦並びに列席された皆様には内緒の話です・・・。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP