人生における幸せとは何なのか?

「リストラされたサラリーマンが・・・」
「ダメダメなニートだった僕が・・・」
というのが、これまでの我々の世界の印象でした。

そこに一石を投じて、新たな世界を示したのが『クビでも年収1億円』。
書籍のプロフィールを見ていただければ分かるのですが、そこには「新潟大学出身」「キヤノンマーケティングジャパン株式会社入社」とはっきりと書いています。
まあ、取り立てて凄い経歴ではありませんが、少なくとも「リストラされたサラリーマンが・・・」「ダメダメなニートだった僕が・・・」という物とは毛色は違いますよね。

書籍内で描いたのは、サラリーマンの不条理とそこから抜け出して、大事な人と大事な時間を過ごす人生を手に入れた人間の姿。

「ネットビジネスの本」と思われがちなのですが、それは1つの手段でしかなくて私が伝えたかったのは「新たな生き方」と「幸せについて」でした。

そして、みなさんのご支持のお陰で『クビでも年収1億円』は、シリーズ累計13万部を突破させていただきました。


本日は、従来のイメージではなく、「割とまともに大学に行って、割とまともな会社に入った人間」のストーリーに心打たれてネットビジネスの世界に入った2人との対談を紹介します。



対談のタイトルは「人生における幸せとは何なのか? ~エリートたちの憂鬱~ 」です。

登場する2人とも慶応大学を卒業後、一流企業へ入社。
経歴としては私とは比較にならない次元の違うエリートなコースです。

そんな2人が人生を振り返った時に何を感じ、そしてこれからをどう生きていこうと考えているのか?

非常に興味深い内容になっています。
前回同様にシェアとコメントを頂ければ大変嬉しく思います。


「人生における幸せとは何なのか? ~エリートたちの憂鬱~ 」



Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP