白玉で気づいた面白い話。

白玉の話。

これは与太話ではなくて、ネット集客のネタの1つです。

 

先日ですが、妻と鎌倉に行きました。

何か地味に「遠くに行きたいな〜」なんて漠然と思ってたんです。

ただ、半日くらいしか時間が取れなくて、どうしようか考えたところ「鎌倉行こうぜ!」となったんですよ。

 

そして鎌倉で食べたのが、こちらの「宇治白玉クリームあんみつ」です。

美味しそうでしょ〜?

まあ、実際に美味しかったんですよね。

 

それで、聞いていただきたいのが、どうやってこのお店にたどり着いたのかってこと。

この流れが、また新しいネット集客にヒントになりそうなんです。

 

そもそも何でここに言ったかというと、鎌倉に行くって話をしてて妻が「ここ行きたい!」と白玉あんみつの写真を送ってきたんですね。

「おおー、うまそー!」となって、妻が店名も調べていたので場所を検索して行った感じです。

 

注目したいのは、その妻が送った画像です。

この画像にどうやって辿り着いたかなんですよ。

 

これがInstagramなんです。

そもそも投稿がスマホからしか出来ないって時点で、私はめんどくさくて触っていませんでした。

だから、全くInstagram研究をしてなかったんですね。

ですが、今回はInstagramの可能性を普通に感じましたよ。

 

まず、「鎌倉行くぜー!」となって妻が何をしたかというと、Instagramで「鎌倉」ってハッシュタグ検索をしたんです。

すると、鎌倉に関係する画像がばーっと出てきます。

そして、それをなんとなーく見ていると、さっきみたいな超美味しそうな白玉が出てくるんですね。

この美味しそうな白玉をタップすると、画像にいくつかハッシュタグがついています。

そのハッシュタグを見てみると、「これは店名かな??」というものがあるんです。

この店名っぽいのををタップすると、そのお店で撮った画像がざーっと出てくるんですね。

 

ここまで来たら完落ちですよ。

普通に店名をGoogle検索して「よし行こう!」となるわけです。

スマホ文化と写真文化。

さらに言うとInstagramの、ハッシュタグをつける&ハッシュタグ検索文化。

 

これはTwitterやFacebookではあんまり無い文化だと思います。

もちろん機能自体はありますし使っている人もいますが、Instagramほど主流ではないです。

 

そして、もっと言うとInstagramの豊富な写真加工機能。

素人が撮っても食べ物が超美味しそうに見えます。

 

いや〜、素敵ですね。

再現性ありありです。

 

まず大前提として最も重要なのは、思わず写真に撮っておきたいビジュアルのメニューを用意すること。

実はこれだけである程度戦えちゃうと思うのですが、そこは軽くしかけを入れておくとしましょうか。

じゃあ、白玉で行きましょう。わかりやすいので。

さっきのお店みたいに、大きくて柔らかそうな、他には無い感じの白玉にしておきます。

あんなのは思わず写真に撮って「見て見てー!」と、Instagramに投稿しちゃいたくなる訳です。

 

それを促進する施策をぬるっと打ちます。

ハッシュタグに「地域名」「店舗名」「メニュー」を入れて、Instagramに投稿したら白玉1個サービスとかをやります。

そうしたら毎日一定数の人が投稿してくれるますよね。

そもそも美味しそうな物を投稿する文化があるところに、投稿してくれた人に何かをあげる感じ。

 

ただ、これは正直悪い方に転ぶ可能性もありますよ。

何か投稿に対して店舗側の「意図」が見えると、そういう事を嫌がる層もいないわけではないですから。

このあたりの「ぬるっと感」のさじ加減は、まあーいい感じのセンスでやっていければいいでしょう。

 

SNSの時代になって特にスイーツ系のお店が流行るかどうかって「写真を撮ってアップしたくなる見た目か」がかなり重要です。

というか、再重要項目。

だって、「ふなっしーカフェ」とかSNSにアップする写真を撮りたいがために何時間も並ぶんですよ。

もう、私には何が何だかわかりませんが・・・。

 

飲食系は、この流れでの集客はかなり効くと思います。

他も工夫次第ですよね。

 

超机上の空論ですが例えば美容室。

カットが終わった後に「髪切ったよ〜」みたいな感じで、写真とともにハッシュタグで「地域名」「店舗名」を入れて投稿としたら、お会計から1000円値引きしますとか。

うまくいくかはわかんないですけど。

もっとイケてる策は考えればいくらでも出てくると思います。

 

とにかく、この白玉の一件で私は俄然Instagramに興味が出てきた訳です。

使っている芸能人が多いですし、若い女性層と完全にセグメントが明確。

何か出来るに決まってますからね。

 

そんな感じで、ちょっと色々と実験してみようと思います♪

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP