マジで幸せを感じましたよ。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今日はかなり上位にきました!⇒ 人気ブログランキングへ




うちには猫がいます。

きなこさんという3歳の猫です。

きなこ


スコティッシュフォールドという種類の猫で、ペットショップで購入しました。

そのときは、確か産まれて3ヶ月でした。

で、スコのくせに耳は立っているわ、顔はげっそりしているわ、口の周りの毛が抜けているわで、正直血統書付きの猫には見えない感じだったと思います。


初めて見た時には、そんな見た目なので売れ残っていたこともあり8万円だったのです。


最初は「ちっちゃくてかわいいな~」くらいだったんですけど、見れば見るほど気になる・・・

今までは完全に犬派の自分だったけど、試しに抱いてみたら超かわいい。



そして次に見に行ったら、まだ売れ残ってて何と3万5千円とかになっていたんです。

で、「もしかしたら、このまま売れ残ったらこの子はどうなるんだ!?」とか意味もわからなく不安になってしまい、その日に子猫を買って帰りました。

1回抱いただけで情が移ったのでしょうねぇ。

あの不安感は凄かったなあ・・・



その後、家に来て数日経った時に、よーく目を見たらなんか白く濁っているのを発見。

「あまりにも濁ってるでしょ?」ということで専門の眼科に行くと、なんと先天性の白内障でほとんど視力が無いって診断されたんですよ。


超ビビりましたね。

まあ、ここら辺は結構ドラマがあったんで改めてお話しします。




そんなきなこさん。

私ら夫婦は彼を息子のように育ててきました。


そこにきて先日、人間の本当の我々の息子が産まれました。

自宅に息子を連れてきたら、さすがにきなこさんも自由に家の中はうろつけないよねという話をしていました。

これは、「きなこ、魔のゲージ生活だ」と。



かわいそうだけど、赤ちゃんの顔とか引っ掻いたら大変なことになるなと思っていたわけですよ。

でも、いざ家にきたら息子にはあんまり近寄らないんですよね。

遠くから見ている感じ。


それが、やっぱり気になっている様子で日に日に距離を詰めてくるんですよ。

気づいたらベビーベットをのぞいていたり。
(この様子はかなりかわいい)


そして、今となってはこんな感じで仲良く過ごしています。

きなこ&はやと


この前投稿した動画よりも、距離が詰められているのがお分かりかと思います。

*この前の動画 ⇒ http://ameblo.jp/kodama-ayumu/entry-11305680766.html



超ありきたりですが、、、

この「絵」。マジで幸せを感じましたよ。

息子2人が仲良くやってて、お父さんは嬉しいです!!


きなこさんも猫のくせに、息子の相手ばかりしていると明らかに機嫌が悪くなるんですよ。

ちゃんとかまってあげないとかわいそうですね。




なーんて、ちょっと気持ちが悪い投稿でした!

ではまた!


応援クリックお願い致します!⇒ 人気ブログランキングへ





Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

??小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP