典型的な「稼げない人」からの抜け出し方。

前回の投稿で「稼げない人の理由」について、お話をさせていただきました。

鎌倉で書いていたんですけど、書いているうちにかなりヒートアップして結構な長文になっていましたね。

前回のメールを再確認したい方は、下記にまとめておりますので読んでください。

https://kodamaayumu.com/blog//archives/2740.html


実は、このメールの内容について、FMCメンバーでアウトプットをしたんです。

その中で「これは!」というアウトプットがあるので、今日はあなたにシェアしますね。


早速ですが、転載になります。

長いですが、じーーーっくり読んでくださいね。


******************

何故、真剣度(追求度)が低いのか?なのですが

・失敗体験の著しい多さ
・今までの経験上、努力が実ると思えない
・がんばっても失敗した時の挫折感が強いからガッツリ打ち込めない
・周りからバカにされた扱いを長年、され続けてきて自己評価が低い

これらの経験から「諦め癖(負け癖)」が付いている場合が多いです。

悔しい!
…と思うある種の熱い想いを持たないようにし続けた結果そういう癖があるのです。

もしくは心の奥底にしまわれているか眠っているか。
そういう心が復活不可能なくらいに失われて居る可能性があります。

どうせ成功しないのなら最初から
この気持ちを持たないほうが楽という考えになるからです。

悔しいと思うのはそうなりたいという願望が
強い証拠でもあるけど強い願望が叶わないのは苦しい。

それなら、最初からこういう気持ちを持たないで
曖昧な感じにしつつ何となく行動したほうが心理的ダメージが無い。
「成功したらいいな~」程度にしておくのです。


辛いからそういう心を持たないようになった場合なら
「その辛さが今後の成功や行動に必要なものだ」と
認識を変えていく(変えさせる)しかないです。

また、自己評価が低い場合は周りの
ポジティブな考え方に付いていけなくなる場合もあります。

どんどん、成功する人を横目に
「やっぱり自分なんて無理なんだ」ともっと自己評価が落ちて行くのです。

そんな事はない、
時間がかかってもそれが普通である…という経験が必要です。

周りの成功者と比べず、成長スピードは各々違って当然!と割り切り
他と比べないようにする事かな、と。

出来る人と比べるとやっぱり自己評価は下がるので…

目標に対する姿勢を変える方法、または変わる瞬間は

・小さい事でも良いから何か成功体験を得る
・10の努力で9失敗しても1成功すれば良いほうだ、と感じるようにする
・今までの失敗や努力が報われなかった経験をリセットさせるようにする
・良い面を拾って価値を外側から与えてもらえた(甘えた部分もあるかもしれませんが)
・のっぴきならないくらいに追い詰められる(路上生活ギリギリくらいに…)

また、自己評価が著しく低い場合は
自分が上に立つ経験や頼られる経験も大きく役立ちます。

それも家族とかではなく他人からのほうが強く影響すると感じます。
つまり教える側になる…最初は外注さんを雇い教える。
自分の売り上げはイコールで外注さんの経費にもなる。

人の上に立つ、という経験は絶対的に少ないので
この経験はかなり大きな方向転換になる場合があります。

これらを時間をかけて経ることによって真剣度が上がります。

こういう属性の場合はプレッシャーも最初は逆効果です。

プレッシャーに負けてしまうので
ある程度の成功体験後にすると良いと思います。

******************


重要なのは「自己評価」ですね。


自己評価が高いから目標未達成時に悔しくなる。

「俺はこんなもんじゃない!」となる。


自己評価が低いから目標未達成時でも悔しくない。

「まあ、、こんなもんか」となるわけです。


だからと言って自分の実力とかけ離れた過剰に高い自己評価をしていてもダメですよね。

なので、小さい成功や人の上に立つ経験を経て、自己評価と能力を徐々に高めていくのが大事になるんだという事です。


このアプトプットはかなり説得力があります。


なぜなら・・・

アウトプットしてくれた理駆さんは、もともと「かなりダメ」な部類の人間だったからです。


この発言、失礼である事は承知しています。



でも、何を言っても「いや、自分にはできない・・・」と答えるタイプの人間でした。

とにかく否定から入るネガティブな感じで、うまくいく雰囲気が全く無かったのです。

これはもう表現が難しいのですが、とにかく前向きさが無いんですね。

理駆さんとの出会いは1年ほど前になりますが、正直「これは難しいな」と思っていました。


ところが、そんな理駆さんがebay輸出で50万円を稼げるようになったのです。

いわゆる「脱ダメ」の達成です。

ちなみに、先日お送りした、こちらの動画にも出てきています。




8:25あたりから話しているので、そこから見てください。


私からしても「こりゃあ難しいな」という感じから月収50万円の達成をした理駆さん。

いわゆる、典型的な「稼げない人」というタイプでした。

ですが、そこから変わっていたわけですから、信じられないくらい説得力があるんです。


それこそ、ここまで自分の意見をバシッと書くなんて去年の理駆さんからしたら想像もつかないような話なんですね。

私もこの変化はとても嬉しいですよ!!


理駆さん自身が分析する、この1年間の流れはこんな感じでした。

・やってみようという事に後押ししてくれる方が居た
・マインド合宿への参加(行動阻害の根源を知れた)
・行動阻害の心理的な面を取り去る努力を少しした
・外注さんを雇いある種の責任感と頼りにされるという経験を得た
・これらが重なりジワジワ売れ出した
・成功体験の積み重ねで重かった気が晴れてきた
・だけどまだ発展途上なので時に弱気な発言もチラホラ…

やっぱり行動ができて、ジワジワでも成果が出た事が自己評価の向上につながったと感じます。



理駆さんとのやり取りの中で、印象的だった事があります。

それは結果が出ていないころから、理駆さんがずーーーっと言い続けていた事があるんですね。


それは、「でも、絶対に諦めません」という言葉。

いっつもこれを言っていたんですね。


本当にこれが全てだと思いました。


すぐに結果が出ないのは仕方ない。

だけでも諦めない。

これが、この1年間の理駆さんのスタンスだったと思います。


さっき届いた理駆さんのメルマガに、ちょうどこの部分に関する記述がありました。

これを紹介して今回の投稿を終えたいと思います。


******************

絶対に言えるのは
「時間がかかっても諦めない!」という事です。

自分を含めたこの属性
…ダメ要素が強い人は結果が出るのが遅いです。

周りがガンガン結果を出す中、
全く進まないように見えるくらい。

下手すればマイナスに働いているかと
感じるくらいに結果が出ません。

ですが、諦めずコツコツ行動をしている限り。

売り上げ、という数値が伸びていなくても
他の要素が地道に成長しています。

また、他の要素が地道に成長をすれば
売り上げという数値もジワジワ成長します。

どんだけダメであっても。

諦めてしまった時点で全てが終了します。

息苦しい気分
重いテンション
諦めたほうが良い?という迷い…

こんな日が続いても
絶対に諦めず行動だけはしてください。

結果が見えない先が明るくない…不安です。
自信はどんどん減りますが絶対に諦めない!

この想いを大切に進んでくださいね。

時間がかかっても芽が出る瞬間は来ます。

******************

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP