「好きなことで生きていく 3STEPメソッド」の初回講義を開催しました。

「好きなことで生きていく 3STEPメソッド」の初回講義を開催しました。


3STEPメソッドは、

1、商品を考える
2、興味のある人を集める
3、商品を販売する

という流れになります。


この流れに沿っていくことで、好きなことから収益を生み出していけるわけです。

初回の内容は3STEPの1つ目である「商品を考える」でした。


いかに売るのが上手くても、いかにお客さんを集められても、売る物がダメダメだったら全くお話になりません。

どこかで何かの嘘をつかない限り、ダメダメなものが売れるなんて、ありえない話です。

仮に何かの嘘をついて売っても、ビジネスは続かないので、その売上は全く無意味ですよね。

ですから、基本的には商品の良し悪しが全てであり、「商品が良い事」が大前提です。


ただ、商品の良し悪しというのは、必ずしも機能的性能的に他と比べて圧倒的に優れているかで決まるかというと、そういう話でもないんですね。


重要なのは「コンセプト」です。

「コンセプト」が全てを決めます。


2つ目の「興味のある人を集める」と、3つ目の「商品を販売する」については、ある程度の型があるので、やるべきことは決まってきます。

ただ、コンセプトに関しては、死ぬほどリサーチをして、死ぬほど考えなければいけないので、他の2つと比べると大変なんですよ。

ですから、初回講義にして最も重要だったというのが、昨日のお話だったんですね。


ちょっとリサーチしたくらいでは、良いコンセプトは見つかりません。

1日2日考えたくらいでは、良いコンセプトは思いつきません。


講義の中で「病的な共感」という、お話をしましたよね。

そのレベルでどっぷりと、市場の人々の思考に浸かって下さい。

浸かりすぎて共感しすぎて具合悪くなるくらいに考えまくって、やっと少し見つかるかなって感じです。

そういう基準値。


ある程度マーケティングの経験があればベネフィットから考える事に慣れているので、なんとくコンセプトの当てカンがあります。

ですが、初めてこういった事を考える人は、時間がかかるのは当然ですから、考えるのを放棄しないでじっくり行きましょう。

これも昨日の講義で話した通りですよね。

安易に他人に答えを求めたり、考えることから逃げたりしたらダメですよ。


ちなみに、コンセプトについては、ホワイトボードを使ってザザッと話した動画を、年明けにYouTubeへアップしていました。

「えーん、3STEPメソッドに参加してないから全く話についていけないよー」って人は、こちらの動画でエッセンスを掴んでくださいね。




あなたの好きなこと、得意なことで、顧客に価値を提供して対価を得る。

これは、本当にエキサイティングであり、自分の心も満たされる素敵なことです。


コンセプトを決めていくのは簡単ではありませんが、決まってしまえば一気に道が拓けます。

ですので、ここは気合い入れて頑張っていきましょう!!


3STEPメソッドの参加者へは、セミナーの録画版をお送りしますので、しばしお待ちください。

何度も何度も繰り返しセミナーを見て、理解を深めてくださいね。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP