ブランドのデザイナーさんがやってきて。


チェックをお願いします! ⇒ 人気ブログランキングへ




先日とあるアパレルブランドのデザイナーさんが会社に来ました。

以前から知り合いだったのですが、最近の私の様子を見て自社のwebマーケティングをしてくれないかという事で話を聞きにきたのです。


年商は1億円くらいあるので、そこそこのブランドです。

それ以上に、デザイナーのこだわりが非常に強く、服だけでなくそこに関わる動画や写真など世界観もかなり重要視しています。

カタログの撮影なんか、異常なくらいこだわりがありますからね。


と・・・こういう感じで見ると洋服に関わるストーリが豊富で、これをweb上でうまく押し出す事で、かなりブランド価値が向上します。

そもそも1億円も売れている服ということで、服自体の評価はもともとあります。
なので、そこからいかに膨らませていくかという仕事。

服って、極限言ったら「布」じゃないですか。

そこにどれだけ付加価値を乗せられるかなんですよ。

今までで言ったら「デザイン」がその付加価値のほとんどを占めていました。

デザインで他と差別感を出し、それが「価格」の価値を生み出す感じ。

でも、今の時代って超安い価格で同じようなデザインというのが簡単に作れて、しかも世の中にあふれてしまっているんですね。


じゃあ、どういう風に価値を作るのかというと、ブランドの思想などその背景にあるストーリを共有するということなんです。

ストーリーを共有することにより、ファン化が進んで購買へと繋がる。


要は背景のストーリーを、ただの「布」に乗っけていくんです。


今回の場合は完全にそれがはまる。

まあ、それが「ブランド」ってものなんですけどね。


ここまでひもといていくと、いかにこのブランドが現代のwebプロモーションが有効か分かりますよね?

殆どお金をかけずにこれらの事ができるから。

彼らは元々こだわりにこだわっているので画像や動画の素材がそろっていて、もうここからはやるだけって感じ。
特に新たな費用がかかる事もないので、売上は上がるしか無いですよね。


あとですねー!

ここのデザイナーが非常にいいんです!

何が良いかって、「デザイナー」とい感じで超雰囲気がある。

かつモデルができるくらいスタイルがよくイケメン。

そして、こだわりが強いので服について何時間でも語れる。

彼自体もコンテンツの塊なんですよ。
「ネット有名人完全プロデュース」じゃないけれど、彼のことも全面に押し出す方向で考えています。


春の新作までにはプロモーションプランを固めて、プロダクトローンチで新作発売時に売上ドッカーンですよ。

今の時代無料でリストを集める手段なんていくらでもあるし、例えばTシャツプレゼントキャンペーンとかFacebookで打ったらザクザク見込み客が集まる。

Tシャツの原価なんて知れてるんで、コストが恐ろしくかからないローンチができます。


もう、うまく行くイメージしか無いですね。

安売りなんかしなくても物は売れる。

勝利宣言!




読んでいただいてありがとうございました! ⇒ 人気ブログランキングへ




Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP