コミュニティ運営はバックエンドがすごい。

今回はコミュニティ運営について超商売的な部分のお話をします。

コミュニティ運営をする上で、みなさんが良いな〜とイメージするのが「継続課金」ではないかなと思います。

実際、私が主宰するFMCは月額3万円で、継続会員数×3万円が毎月安定的に売上となって入ってくるわけです。


しかし・・・

これよりもインパクトが大きいのが、月額会費以外の売上なんです。

仮にコミュニティそのものをフロントエンドとしまして、それ以外をバックエンドとしましょう。


では、FMCを運営してきた5年で、バックエンドの合計売上金額は、どのくらいになると思いますか?

さあ、問題です!!


って、すぐ答えを言ってしまいますが、バックエンドの合計売上金額は7億2,000万円となりました。

漏れがあるかもしれませんが、確実なところで7億2,000万円です。

コミュニティの会費売上以外に、これだけのお金を頂いているのです。

いや、改めて計算してみて、こんな大金を頂いていることにドキドキしてきました・・・!


ビジネスをやっている人ならば、このインパクトの大きさが、すぐに理解できると思います。

というのも、大きな金額の売上を立てていくにあたっての、新規集客コストがゼロなんです。


当たり前ですが、何をセールスするにも、まずは集客をしなければいけませんよね。

インターネット広告をブンブン回して、見込み客を呼び集めていきます。

そして、その見込み客に対して情報を提供していきセールスする。

すると、その見込み客の中の何割かが購入してくれて、会社としては売上になるわけです。


ですから、新規顧客に対してセールスをして7億2,000万円という売上を作っていくとしましょう。

そうなりますと、集客するのに数億円の広告費がかかります。

しかし、私が今お話ししている売上には、その広告費が全くかからないのです。


今の我々の業界の人たちがやるのは、広告費ドカッとかけて集客して、その見込み客にセールスして売上◯億円!みたいなそんな感じ。

3ヶ月や6ヶ月の塾をセールスして、その期間が終わったら広告費ドカッとかけてセールス。


これ・・・本当にお疲れ様です。

私には効率が悪すぎて、しんどくて真似ができません。


断言します。

コミュニティ運営をしっかりとやっていったほうが良いですよ。

ビジネス面でもそうですし、精神面でもそうですし、顧客の幸せ面でもそうです。



弊社は年に2回か多くても3回しかプロダクトローンチ的なことをやってきませんでした。

それよりもコミュニティ運営に、しっかりと軸足を置いてきました。

どこの面を切り取っても、正解だったなーと断言できますね。


もちろん、楽ではありませんし、多くの生身の人間が集まるので色んなことが起こったりします。

ですが、5年間やってきて答えはかなり見えてきました。

まあ、かなり研究しましたしね。

そして、その結果としてFMCは他のどこよりも良いコミュニティーになったと胸を張って言う事ができます。


あなたも、胸を張って「自分のコミュニティが最高だ!」と言えるようなコミュニティーを作ってみたくはないですか?

そして、これがビジネス面でも良い結果をもたらすのであれば、最高だと思うのですよ。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP