Amazonギフト券3万円を3名、出演者からのスペシャルギフトを3名にプレゼント!

1/13は新年一発目の「Weekly Frontline News」をお送りします。

20時からの生放送です。

「Weekly Frontline News」は、この1週間の出来事からネタを持ち寄って、そのネタについてやんややんやとお話をする番組。

昨年末にスタートしたのですが、ここまではこんな感じでした。







毎回、当日になってそれぞれのネタが何なのかを発表するので「なるほど〜!そう来たか〜!」と、お互いに誰が一番の面白ネタを出せるかの勝負となっています。

1週間の出来事といっても、何かガッチガチの時事ニュースだったり経済ニュースなんかを持ちよったところで、それはテレビの方が上手に解説できるに決まっているので、どの辺りのネタを拾ってくるかのバランス感でセンスが問われますよね。

小玉・高山・横山の専門領域と上手く重なる部分で見つけられれば、他の誰にもできない切り口で語れますから、言わずとも高山・横山は過去3回の放送では上手くネタを見つけてきているように思いますぞ!


そして、「Weekly Frontline News」では毎回抽選企画を行なっているのですが、今回は新年一発目ということで豪華にやります。

前回はAmazonギフト券1万円を5名にプレゼントしました。

明日の放送では、Amazonギフト券3万円を3名に加えて、出演者からのスペシャルギフトを3名にプレゼントします。

このスペシャルギフトが何なのかというのも、明日の生放送が始まってから3人それぞれ手の内を明かしていくので、ここがまたセンスが問われるところです。笑


こちらから、抽選企画へのエントリーができます。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=arrztw
(入力いただいたメールアドレスは、抽選のご案内や当選後のご連絡以外には使用いたしません)

なお、これまでの番組をご覧になった方はご存知かと思いますが、この抽選は放送中に名前を読み上げて、YouTubeのチャットで放送中に反応していただいたら当選確定となります。

ですから、もし抽選で引き当てられたとしても、番組をリアルタイムで見ていなかったら当選権利が無くなってしまいます。

その場合は、再抽選で別の方が当選する形となりますので、ご注意くださいね。


ここまで3回やって分かったんですけど、この放送時間の1時間って嵐のように過ぎ去りますね。

びっくりするくらい一瞬で終わります。

これくらいが長すぎず短すぎずちょうどいいんだろうな〜って思いました。

そして、我々がやんややんやとやりつつも、視聴者の方もYouTubeのチャットでやんややんやとやってくれると、これまたチャットからコメントを読み上げさせてもらったりして番組が彩られるな〜と感じます。

せっかくの生放送なので、そんな感じで双方向で盛り上がっていけたらいいですね。

ということで、1/13 20時からの「Weekly Frontline News」をお楽しみに!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP