ブロガーの収益を爆発的に増やす方法とは?

Twitterを本格的に始めてから一年ちょっと経ちまして、フォロワーも58,000人となりました。



それで、Twitterの世界を見ていると、すっごいブロガーがたくさんいることに気づく訳ですよ。

記事の更新頻度がめちゃくちゃ高く、Twitterからのトラフィックも呼び込めて、最近はYouTubeもほぼ毎日アップしている。

そして、しっかりと稼いでもいる。


そんな姿を見て思うのは「信じられないほどマメで真面目だ!」ということです。

「稼げない訳ないじゃん!」って作業量な訳であります。

あそこまで毎日毎日とんでもないスピード感で色んなものがアップされている姿を見ると、これはもう完全に敬服しかありません。


その一方で、もったいないな〜って部分もあります。

それは、リストマーケティングをやっていないことですね。

リストマーケティングというのは、要はメールマガジンです。


恐らく、その文化が無いのだと思います。

私なんかは、あらゆる媒体を構築していくのは、すべてリストマーケティングにつなげることを前提としています。

「メルマガ読者リストが全て!」みたいな価値観のところから情報発信ビジネスをスタートしていたので、自然とそうなっているんです。


顧客台帳ってのは商人が江戸の昔から大事にしているものでした。


江戸時代は、とにかく火事が多い時代でした。

いざ火事が起こると、商人は顧客台帳を井戸に投げ入れて逃げた訳です。

というのも、逃げている間に顧客台帳を落としてしまったら、これは一大事ということで、まずは焼失しないように井戸に投げ入れて、そして鎮火後に取りに行くという感じ。

ですから、1,300年の歴史を持つ石州和紙という、頑丈で水に溶けなく、かつ品質の良い和紙が生まれ重宝されていたりしました。


そんな感じで顧客リストというのはむかーしから大事にされていまして、その理由としては一度でも顧客になった人に対しては何度でもアプローチできること、これまでの購買動向から何が今欲しがっているのかを把握できること、この顧客の好みは一体どういう傾向にあるのか知れること、というように効率的な営業活動ができるからですね。


Twitterで目立っているブロガーになると1日に数万から強烈な人は数十万人という人が訪れます。

これだけ多くの人が毎日訪れると「集客」って部分であまり考えることはないのかもしれません。

ざっくり商品を紹介すれば、確率論の問題でそこそこに商品が売れてしまいますからね。


それにしても、1回だったり数回だけ記事を読んで、あとは数ヶ月間ブログに訪れない、もしくは2度と訪れないというケースは多々あります。

要はブログを淡々と書いているだけでは、情報を届けられるか否かは読者にかかっていて、こちらでコントロールでない訳です。

もちろん、毎日毎日ブログの記事更新を楽しみにしているコアファンは別ですよ。

加えて、TwitterやYouTubeなど、常にその世界に入り浸っている人も多いので、昔よりは新しい情報を届けやすくなったのかもしれません。

ただ、いずれにしても昔々からリストマーケティングをやっている身としてはその力を知っているために、あれだけ集客できるのにメルマガをやらないのは、もったいないな〜と感じるところなのですよ。


例えば、私の場合は今これを書いている超雑記的なブログの他に、こんな媒体があります。

サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う

こちらは12月の月間PVが3.2万人で、この媒体からの売上が168万円、11月の月間PVが5万人で、売上が291万円でした。(右肩下がりのPVを1月には爆上げさせていることを担当者には強く期待している・・・)

Twitterでよく見る、並み居るブロガーたちのPVはこれより余裕で1桁増える訳なので、売上はこんなものではないでしょう。


メルマガで情報を届ける、特に何かをセールスする際にとっても良いことがあります。

それは、こちらの伝えたい情報を、伝えたい順番で伝えられ、それによって商品の成約率が上がるということです。

よく、メルマガでセールスって話をすると「読者を洗脳している!!」というようなことを言う人がいますが、まったくもってそんなことはありません。

何か商品説明をする時ってのは、適切な情報の伝え方と、伝える情報の順番というのがあるのですよ。

そして、それによって商品の魅力を余すことなく理解してもらい、それによって購入するか否かのジャッジをしっかりしてもらえるようになるわけです。

個人的に特に大事だと思うのは、伝える情報の順番ですかね。

これは、他のあらゆる媒体よりメルマガが、こちら主導でやれるのかなって思います。

TwitterやYouTubeのように、他の情報がない分雑音なく情報を伝えられますしね。


あとは、メルマガも毎日書く必要はなくて、スクリプトを作ってステップメールとして設定しておきます。

そうすれば、一度作ってさえしまえば、精読率を高める微調整をするだけで、その後何もしなくてよくなります。

何よりもったいないな〜と感じるのは、ブログから登録してくれたメルマガ読者さんって、とにかく精読率が高いってことなんです。

しっかり読んでくれるんです。

ですから、それは高成約率にも自然とつながっていきます。


私はWEB広告大好きマンなので「うぜーなー」ってくらいに広告を見かけると思います。

全ての流入元別に商品の成約率を計測しているのですが、Facebook広告からのメルマガ登録者に比べるとブログからのメルマガ登録者の成約率は2倍あります。(実はYouTube説明欄からの登録者は、さらにその倍!)

日々の作業時間を増やすくことなく収益を上げる方法として、メルマガってのは本当にオススメなんですよね。

ということで、デイリーでPVが万を超えるブロガーさん、お声がけいただきましたらやり方教えますよ。

私、書籍のプロデュースなんかもそうでしたけど、面白そうなことに関しては一銭もいただかずお手伝いしますので。

みなさん優秀なので、2時間くらいで全体像を把握して、丸1日あればステップメールの設置まで終わると思います。


「小玉には頼らん!自分でやるぜー!」って方は、こちらでお勉強してみてください。

「The Mailmagazine」

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP