あなたが稼げない理由について

「副業を始めてみたが、なかなか結果が出ない・・・」
「空き時間に転売ビジネスを始めたが、全然利益にならない・・・」
「新しいビジネスモデルを思いついたがどうやって始めたらいいかわからない・・・」
「オンラインサロンで稼ぐための知識を学んでいるのに成果につながらない・・・」
「独立・起業してみたが、全然稼げなくてがっかりしている・・・」

今日は、これらの原因とその解決方法についてお伝えしていきます。

ぜひ素直な気持ちで読んでいってくださいね。


僕はFRONTLINE WORKSというビジネスコミュニティの運営をしているほか、ビジネス系の教材を数多く販売しています。

また、無料でYouTubeやポッドキャストでも「収入を増やすコツ」や「副業で稼ぐヒント」みたいな情報をお伝えしています。


しかしながら、こういった情報を受け取ってビジネスに取り組む人たちみんなが稼げるようになるかというと、やっぱりそんなことはありません。

ではいったい、なぜ、同じ情報を受け取ったところで「稼げる人」と「稼げない人」が生まれてしまうのか?


結論からいうと「稼げない人」の共通点は3つ。

1 自分の能力を過信している
2 成果が出るまでの期間の見積もりや努力量を甘く見過ぎている
3 日常に引き戻されていく


では、さっそく「自分の能力を過信している」について解説していきます。

こういう人っていうのは、だいたい、うまくいっている人に対して意味不明に上から目線だったり、人の成果を素直にすごいと思えないといった特徴があります。

あとは、おじさんに多いのですが、会社でそれなりの役職についているからなのか、コミュニティ内で変に偉そうにしているわけです。

こういった態度をとられると、単純に「それって学ぶ姿勢としてどうなんですか?」と思いますし、何をアドバイスしても「これ、理解してないわ~」ってなっちゃいますよね。


世の中には「本当にすごい能力が高い人たち」が存在するわけです。

大企業や外資系企業でバリバリ活躍してトップになったり、ベンチャーで社会を変えるような事業やサービスを開発したり、いくつもの会社を経営して上場させたり、一人で毎年100億円売り上げる事業をつくったり・・・

そもそも、「副業 稼ぐ」とかで検索して情報を得たり、 YouTubeで「ネットで稼ぐには?」みたいな動画を見ている時点で、今は成功していないわけで、能力だって高くないわけですよ。


もちろん、それは僕も含めての話です。


僕は、自分の実力を客観的に見て、大企業でバリバリやっているわけでもなく、世界や社会を変えるようなサービスを開発することもできないことくらいはわかっているつもりです。

だからこそ、自分の居場所でやるべきことがハッキリしています。


僕にできることは、超シンプルに「稼ぎ方を教える」こと。

そして僕も稼ぐ。

僕みたいな凡人の延長線上にいる人でも、そこそこお金は稼げますし、稼げるように教えることもできるので、自分の居場所は面白い世界だと思ってます。


要するに、これまでの話をまとめると

「中途半端な自己評価の高さが、学びの姿勢を壊している」

ってことに尽きます。


そのため、謙虚になって、自分の能力を高くもなく低くもなく冷静にジャッジして、素直に学ぶ姿勢を保つことが非常に大事なんです。

自分は凡人であるから、学びに対して努力しなければならないことを強く自覚する必要があるわけです。

物事を斜めから見ている人に限って、こういう話をされると「素直さが大事とかいって自分の意見100%聞くように仕向けて洗脳するんじゃないの?」とか思っちゃったりする。


でも、それは超もったいないことです。

僕自身、素直に聞いて実践したけどうまくいかなかったことも正直ありますが、これまでの人生をトータルで考えたときに、「素直に実践すること」はかなりプラスに作用したといえます。

もし、今あなたがなかなかうまくいっていない状況であれば「物事を斜めに見ない」っていう考え方は大事になってきます。


続いて「成果が出るまでの期間の見積もりや努力量を甘く見過ぎている」について。

僕は独立する前に会社員をやっていたのでわかるのですが、会社で結果を出して毎月の給料を5万円をあげることに比べたら、転売で毎月5万円稼ぐことのほうがやっぱり簡単なんですね。

毎日夜遅くまで残業して、必死で働いて、毎月の給料が2万円アップしたとか、マジで会社はそういう世界。


会社員で年収1000万円とか2000万円とか、もう世の中的にはモンスターですよ。笑


でも簡単の尺度って、人それぞれで、やっぱり自分に都合のいい理解してしまうんですね。

「転売で簡単に稼げる方法」
「ネットビジネスで人生一発逆転しよう」

みたいなところが入口だったりすると余計に「これめちゃくちゃ簡単にできるんだ!」って思ってしまう。

つまり、「成果が出るまでの期間の見積もりや努力量を甘く見すぎている」というのは、自分に都合よく考えてしまうことが原因になっているわけですね。


よくある質問で「こんな私でもできるでしょうか?」というのがありますが、正直いえば「人による」としか答えられないんです。

人それぞれ能力違うので、僕が簡単にできることで、あなたができないものもある。

一方、あなたが簡単にできることで、僕にはできないことあるわけです。


では、どうすれば、成果が出るまでの期間や努力量を正しく見積もることができるのか?

まず大前提として「自分が取り組むことを理解する」というのがあります。

よくありがちなのが、ビジネスモデルを理解せずにテンションだけで「俺は稼ぐぜ!」ってなっている状態では、そもそも正しいジャッジができないわけですよ。しかも自分は初心者なわけなんで。


ではどうすればいいのか?

僕のこれまで教えてきた経験から

「普通のことを普通に理解ができる」
「コミュニケーションが普通に取れる」

という人で、1日2~3時間やれば、3ヶ月で全体像が見えてきます。

そして、半年で「成果が出るぞ」という感覚があって、1年ぐらいでそれで食えるぐらいになる。

贅沢しなければ生活していけるぐらいの収入になってくるイメージでしょうか。


その後は、2年やったらもうかなり世界が変わるといえますね。

年商で2000万円、3000万円くらいでしょうか。


もちろん人によってはもっと早く結果が出たり、サボれば結果が出るのが遅くなったりします。

僕の場合は、海外の商品を落札してヤフオクで売って、初月で50万円の粗利が出ました。


これまでの話をまとめると「成果が出るまでの期間の見積もり」として・・・

・1日2~3時間、毎日取り組む
・3か月で全体像が見える
・半年で最初の成果が出る
・1年で食えるくらいになる
・2年で世界が変わる

このくらいのイメージで考えておくとよいかと思います。


最後の「日常に引き戻されていく」について解説します。

ビジネスや副業をやるというのは、新しいことに取り組むってことです。

私たち人間なので、やっぱり新しいことをするって大変なわけですよ。


これまで普段やっていなかった勉強や読書をしたり、セミナーに参加したり・・・

となると当然しんどい。


これまでなんとなく日常を過ごしてきたんですが、そういっても忙しいわけです。

家族のこと、会社のこと、友人や恋人とのこと・・・

つまり、「副業やビジネス頑張るぞ!」という状態であっても、結局は、日常の用事に時間も心も奪われてしまう。

土日でセミナーに参加して、すごいやる気が出たけど、月曜日から会社に行ったら、また同じ日常に引き戻されていくみたいな。

勉強しようと思っても、今日は疲れてるから明日やろうみたいな感じで、結局はそのままずっとやらないまま辞めちゃったり・・・

会社は嫌だけど、副業で稼ぐの思っていたより難しいし大変だから、今のままでいいかな~とか。

こういうパターンめちゃくちゃ多いんです。


では、どうすれば「日常に引き戻されずに」継続していくことができるのか?

まずは「時間の確保」。

これに尽きます。


1日24時間で、これは誰に対しても平等に与えられた時間。

だからこそ、自分の行動の棚卸をしてください。

1日単位、1週間単位で、自分は何にどのくらい時間をつかっているかを把握する。

そのうえで、次にやめるべきことを決めてください。

そして、そのやめたところを使って1日2~3時間、ビジネスの時間を入れる。


今までの生活パターンのうえに、あらたに1日2~3時間も加えることはほとんどの人が難しいといっても過言ではないと思います。

ちなみに僕の場合は、寝るのをやめました。

要は睡眠時間を削ったということです。


あとは、「短時間でも必ず毎日何かをやる」という習慣をつくってみてほしい。

人間というのは不思議で、何もしない日が1日2日3日と増えていくと、気づいたら日常に戻ってしまうんですね。

そうならないためにも「何もしない日を作らない」のはとても大事です。


僕が運営するビジネスコミュニティのFRONTLINE WORKSでは、みんなに日報を書いてもらっています。

もちろんみんなの取り組みを把握するために書いてもらっているわけですが、実はやらない日を作らないようにするという意図もあるわけです。


ここまで、あなたが稼げない理由についてお伝えしてきましたが、最後にメッセージがあります。

僕はこれまで数多くの方々を見てきましたが、「ダメな人はずっとダメなのか」というと、そんなことはなく、ちゃんと人生が好転していった人たちも数多くいます。

なので今回お伝えした

・自分の行動の棚卸をする
・やめるべきことを決める
・1日2~3時間、毎日取り組む
・短時間でも必ず毎日何かをやる
・素直に実践する
・物事を斜めから見ない

これらを今日から実践してみてほしいと思います。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP