気になって眠れない


こんばんは、AYUです。

今夜はハワイ最後の夜です。

 

変な時間に東京に着かないような便を選んだら、明日の朝10時フライトの便になりました。

空港には2時間前には入るとして、6時半には起きたい。

 

で、今2時を過ぎた所なんですけど気になって眠れないのです。

PCを叩きながら適当にテレビをつけていたんですが、なんか映画みたいなのが始まったんです。

当然、私が映画の会話を100%聞き取れるはずも無く、超断片的な理解。

 

でも気になって眠れないんですよ。

 

テレビをつけたら研究室のシーンで、男女一人ずつ。
(この二人は夫婦らしい)

で、なんか宇宙人みたいな未確認生物がいるんです。

恐らくDNAをなんちゃらして作り出したようです。

 

魚みたいな、手の無い感じ。

ちょっと気持ち悪い。

 

でも、足があってそのへん歩き回るんですね。

うーん、鳥っぽいかな。

 

最初は、恐怖におののいていた二人もいつの間にか育てるようになるんですね。

フリスクみたいなヤツが好きそうでした。

 

そんな感じで月日が経って、この未確認生物がだんだん大きくなって超人間っぽくなっていくんです。

言葉は話せず「キー」とき言ってる感じですが、人間の言葉は理解できる感じ。

 

どうやら名前は「ダレン」みたいだなー。

その「ダレン」が恋愛感情とかも持ち出して(ここで女だと判明)恋人のうちの一人と「ピー!」

興奮して、背中から羽根とか生えてました。

 

ちなみにこの未確認生物は、しっぽの先に超鋭利な角があって
恋人の飼っていた猫を一撃で殺してしまうということも。

 

そうそう、最初は男性の方が未確認生物を気持ち悪がって処分しようとしてたのに
いつのまにか「ダレン」に女性を感じてなんだか変な感じになってたんですよね。

いや、しかし名前が「ダレン」なのかも怪しいな。

 

こんな感じで、言葉も聞き取れなくストーリも絵だけなのに気になって眠れません。

日本に帰って見直したいが、そもそもなんて映画かわからない・・・

 

この超断片的な情報で、なんて映画かわかった人教えてください!

あ、テレビの画像メールに添付します。

 

 

ちなみに、ハワイ最終日はオアフ島をくるりと回ってきました。

前回はワイキキしか行かなかったので、割と発展した町並みな感じでしたけど
ちょっと足を伸ばすと本当に田舎の景色が凄いですね!

 

ノースショアまで行きましたが、波の高さが半端無かったです。

なにやら、年に一回サーフィンの大会があるそうです。

最終日は結構詰め込んだ感じで、

・日立のこの木何の木を見るが、意外と周りにも木があって想像との違いに萎える。

・ノースショアでアオウミガメの甲羅干しを見る。青くはない。でもかわいい。

・ドール・プランテーションでパイナップルを食べる。新鮮。ドライフルーツを買ってしまう。嫌いなのに。

・マッキーズ・カフク・スイート・シュリンプで超うまいエビを食べる。手がかゆくなるが、それを補ってあまりある美味さ。

・マカダミアナッツファームでマカダミアナッツが安すぎて買いすぎる。ワイキキのあたりより50%くらい安い。しかも新鮮。

たっぷりと動いてきました。

 

で、さらに夜は前回2人で1皿ずつ頼んで失敗した「EGGS ‘N THINGS」のパンケーキを
今回は2人で1皿にしておいしく頂きました。

充実ですね~。

ハワイはオアフ島しか言ったこと無いのですが、次回はハワイ島なんか行ってゆっくりしたいと思います。

 

ちなみに「EGGS ‘N THINGS」は原宿にもいつの間にかできているそうです。

かなりのボリュームですが、挑戦してみてください!

 

こんな感じ↓

http://aov.jp/eam/lk/9954/10848/1m3/

 

前回ハワイに行ったときは、これを一人で食べきりましたが
後半はほとんど「試練」のようでした。

 

ちなみに、美味しいエビはここです。

http://aov.jp/eam/lk/9954/10848/1m4/

 

 

あ、映画が終わりましたね。

ラストが全く意味わからなかった・・・

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP