「コア馬鹿」たちの「The 洗脳」





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

講演とかセミナーとかで、受講者とお話しさせていただく機会というのが結構あります。


そんな中でビジネスをやっている方から相談されるのが、
「自分のコアが見つからなくて・・・」とか
「独自メッセージが決まらなくて・・・」とか
「USPがわからなくて・・・」とか
「世の中に主張したい価値観が定まらなくて・・・」とかいう感じのこと。


はっきり言いましょう。


こんな物は考える必要は無くて、ビジネスをある程度進めていくとそのうち浮かんできます。

考えるだけ時間の無駄だし、それよりもいち早く稼いでしまった方がいいですよ。


むしろ「考えなきゃいけない」という「The 洗脳」を受けてるんじゃん?とまで思ってます。

「コア馬鹿」たちの商売客にわざわざなる必要も無いかと。


だってさーーー、そういうセミナーとか行って稼げるようになりました?

賢くなった気がして、それで満足してる感じがしてならないんです。


いや、本当に哲学的に何か自己を追求していて、そこが目的なら全く問題無いですよ。

でもそうじゃなくてビジネスを成功させて稼ぎたいなら、まずは1万円、2万円でも稼いだ方がいいです。

そのほうがよっぽど世界が広がります。


そうですね、大体200~300万円まで。

月収で、です。

ここくらいまでは、コアもクソも無くても稼げます。


もちろん無いよりはあった方がいいですよ、それは。

でも、必要以上にそこに重点を置きすぎている風潮があるんですよね。


もう、そんなの見つけなくてよくて、私の大好きな【小手先のテクニック】だけで普通に稼げるようになりますから。

Twitterで裏技的にフォロワーを増やして無料オファーで稼ぐとか、
Facebookで投稿をバイラルさせてそこからアフィリエイトで稼ぐとか、
こういう感じの技って軽視されたり馬鹿にされたりするじゃないですか。

だけど、そういう方法なんかでも1万円とか稼ぐと、今まで見えなかった世界が見えるんですよ。


そもそも私がそうですもん。

今でこそ著書がヒットして偉そうなことを言ってますけど、最初は輸入転売とPPCアフィリエイトです。


ebayとヤフオクで価格差のある物を仕入れて売る。
1枚のペラページをPPCに出稿して報酬を得る。

こんな感じで数百万円の利益を得ていましたが、ここにコアなんかありません。


「いかに稼ぐか」
「どうしたら1円でも多く稼げるか」

これだけです。


ひたすら、テクニックを追い続けマーケティングを学んで、
それだけやってて、「メッセージ」なんて崇高な物は1ミリも考えませんでした。


だから、なんか最近の風潮を見ていると気持ち悪くて仕方ないんです。

なんですか?賢者にでもなるんですか?


こういうこと言っていると、「金金言っててうるせーんだよ」って人が絶対出てきます。

別にそれでもいいです。

事実、現状そういう話になっていますから。


でもやっぱり本音として思う訳です。

そういう「○○のため」とかいう信念や想いは、ある程度のステージまでビジネスを持っていかないと出てこないんです。

あなたの周りの立派な方もやはりそうだと思います。
(まれに首尾一貫してすばらしい信念を持っている凄まじい人もいますが)


やはり最初はお金を稼ぐ。

そのために全力を尽くす。


となると身につけるべきはテクニックなんですよ。


だから、私は常にテクニックを追求し続けて、それを皆さんにシェアしているんですね。

実際私のコンサル生にはとことん、テクニックとマーケティングを教えてます。

もちろん、ビジネスへの姿勢に関して甘ければ厳しく言いますよ。

だけども「あなたのコアはどーたらこーたら」なんて、そんな偉そうなことは講釈たれません。

みんな月に数百万円稼ぎだすと勝手に考え出します。



だから、

「自分のコアが見つからなくて・・・」とか
「独自メッセージが決まらなくて・・・」とか
「USPがわからなくて・・・」とか
「世の中に主張したい価値観が定まらなくて・・・」とか

こんな感じで悩んで手が進まない人がいたら、いったん忘れてください。


初心者が最も成果を出しやすい教材を、無心で実践して1円でもいいので稼いでください。

そして、1万円2万円・・・と重ねて行くと、そこでいきなり世界が変わります。


分かりやすく言うと、ビジネスに対する自分の可能性に気づきます。

こうなると面白くなって、どんどんはまっていき、間違いなく収入は増えていきますよ。



で、諸々のことはそこから先に考えたらいいじゃないですか。

そこからでも全然問題ないと個人的には思いますし、むしろスピードが速いと思います。

考える必要も無いのに、そこにはまっちゃっている人が多すぎですね。


ある程度になると本当に勝手に出てきます。

「あー、地域復興のために力になりたいなー」とか
「すんごい良い物が埋もれてるけど、何とか世に出したいなー」とかね。



というわけで、モヤモヤした物がある人は「こういう考え方もある」ということで参考にしてみてください。

現時点で何も問題なく突き進んでいる人は、そのまま突き進みましょー!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP