「毎日必ず1つすごい事をやれ できない日は死力をつくせ」





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「21個のマインドセットでどれが見たいか投票」に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

投票してくださった方には特典として、第2位と第3位の動画をお渡ししております。

「届いてないぜ!」という方は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認ください。

 
ちなみに、

【第2位】
「努力している」と自覚しているうちは成功しない

【第3位】
1人を信じてついていけ 多くの情報に惑わされるな

となっております。

 
個人的には第3位の「1人を信じてついていけ 多くの情報に惑わされるな」は物凄く大事な事だと思っています。

師匠がいながらフラフラしている人って多いんですよ。

セカンドオピニオン的な感じで誰か他の人に師匠の考えについて意見をもらおうとする人がいるんだけど、あれは完全に良くないんですね。

その師匠を信じきれないなら、そもそも学ぶのを辞めるべきだと思うんです。

 
動画を見ていただければわかると思いますが「1人を信じてついていけ」という言葉には、かなり重要な前提があるんです。

 
例えばネットビジネスでうまくいっているAさん、Bさん、Cさんがいるとします。

ただ、この3者とも全く違う事を言っていたりします。

こうなった時に誰か1人が正しく、残り2人が嘘を言っているかというと、そうではないのです。

これね、みんな正しいんですよ。

 
というのは、そもそも答えって1つではないですし、それぞれがそれぞれのやり方で、それぞれの正しい答えにたどり着いているんです。

全部正しいんだけど、全部違うんです。

そうしたら、「AさんとBさんとCさんの意見聞いて・・・」みたいな事をやっていたら完全に混乱します。

確かに、いいとこ取りが出来れば最高です。

でも、そんなに判断力が高くて器用であれば、既にかなりのレベルに達しているはずですよ。

 
もし最短最速で結果を出したければ、そんな器用さを求めるのは間違いです。

盲目的とも言えるレベルで1人を信じるのが正解です。

 
だからね、先に上げたセカンドオピニオン的に師匠の教えについて他の人の意見を聞くなんてのは良くない、というか無意味ですよ。

だって、その師匠が結果を出している人なら教えは正しいはずだし、意見を求めた人も結果を出していれば正しいことを言うから。

ただ、どっちも正解だけど、全く違う答えを言ったりするわけです。

そうなったら完全に混乱でしょ〜?

 
だから師匠は1人。

他の意見とか完全に無視でオッケー。

もちろん、その師匠から学びきったという自信があって、「その先に進んでいくぜ!」となるなら話は別ですよ。

だけど、学んでいる限りはブレちゃダメですよ。

そう私は思う訳なのであります。


それでは、投票第1位を発表したいと思います。

最も多くの方が公開を希望したのが、

「毎日必ず1つすごい事をやれ できない日は死力をつくせ」

でした。

 
いや〜、これが第1位にになったのはタイミングが良い。

というのは、これこそが『あなたはまだ本気出してないだけ』の根底に流れる思想だったりするんですよ。

 
「毎日必ず1つすごい事をやれ できない日は死力をつくせ」

これ、見たらそのまんまじゃないですか。

やった方が良いなんて言わなくてもわかりますよね。

 
でも、やってない人が殆ど。

本気出してない人が殆ど。

 
じゃあ何でそれができないのって話になるじゃないですか。

そこで、この動画なわけですよ。

 
2:36の動画なんですけど、深堀りしたら4時間くらいいきますね。

そうなったら誰も見てくれないと思うので、ザクッと短い感じで良かったです。

そんな短い時間の動画でも何かを感じてもらえたら嬉しいですね。

 
というわけで、動画をご覧下さい。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP