「セールス」で最も重要な能力とは?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末は孝偉さんと「情報発信エリート養成 徹底コンサルティング合宿」を府中でやっておりました。

こちらは「情報発信バイブル」の購入者向けにオファーした合宿です。


それにしても「情報発信」というテーマで合宿を開催するとバラエティー豊かなメンツが集まりますね。

これまで、ほぼ交わることのなかった属性の方もいて楽しかったです。

ちなみに、原田さんからの購入者にそういった傾向が多く、新たな出会いをくれた原田さんに大感謝!!


合宿では「情報発信ビジネス」で最も大事な、「ブランド構築」を初日にやりました。



何が好きなの?

何が得意なの?

どんな主張があるの?

誰にメッセージを伝えたいの?

何をしたいの?

何を売りたいの?






などなど延々と質問を続けて「何者なのか」を構築していくのですが、思った以上に深堀りする感じになりました。

「自分」から「マネタイズ」のポイントまでつないで「マネタイズ」のポイントから「自分」に戻る。

これを何度も繰り返して固めていくのが、「ブランド構築」においてとっても重要です。


何度も質問を重ねて、その多くの答えの中から一番美味しいところを見つけるのが私の役割。

私の指導を受けた情報発信者が成功するのは、上記の「一番美味しいところ」を見つけるのが、ものすごく得意だからだったりします。


気をつけなきゃいけないのは、「ブランディング」とか「キャラ設定」で自分に無いものを演じちゃうこと。

「これがウケるぜ!」とか言って、何かを演じることになったら100%上手く行かないですからね。

だって、そんなことしてたら発信が自分の腹から出る本音ではなくなってしまいますから。

本音じゃなどころか、誰かの言葉をそのままなぞることになります。

誰かの言葉なんて全く意味が無くて、みんなが興味を持つのは「あなた」の言葉なわけですよ。

ですから、「自分に無いもの」を演じるのは百害あって一利無しです。


そして、2日目に行ったのが、「セールス」についてのワーク&セッション。

いくら良い発信をしてファンが集まっても、セールスができなければお金になりません。

「情報発信ビジネス」と「ビジネス」がつくくらいなので稼げなければ意味が無いわけですよ。

となると、「セールス」から逃げることは絶対にできないのです。


でも、いざワークをしてみると、やっぱりみんな「セールス」から逃げる逃げる・・・

売っているようで売っていないわけです。


100%の自信を持ってオススメできないというのは、とっても失礼なことなんですよ。

そんなものを売るなんて、お客さんに失礼じゃないですか。

アフィリエイトだとしたら、教材の作者にも失礼です。

ですので、100%の自信をもってオススメできないなら、むしろセールスしない方がいい。

「間違いなく良い!!」と思うものをガツッとセールスしましょうよ。

お客様が商品を手にした結果、幸せになれるならば全力でオススメしたほうがいいでしょ?


みんな、「セールス」の本質を分かっていません。

「セールス」に最も必要な能力って何なのかわかりますか??

この質問に正しく答えられる人は、実はものすごく少数です。


これを合宿でしっかり理解してもらって、実践部分まで落とし込めたのは、かなり良かったんじゃないかと思います。

強烈に収入に直結する部分ですので。


そんなこんなで、2夜連続で合宿メンバー全員で飲んだりと非常に有意義な週末になりました。

やっぱり1日目の夜にお酒を入れると、2日目のコミュニケーションが格段に良くなりますね。

「飲みニケーションとかふざけんな!」ってサラリーマン時代は思っていましたけど、同士とは飲めば飲むほど深まります。

あとは、自分がもう少しお酒が飲めれば良かったんですけど・・・。


参加者のみなさん、超ハードな合宿お疲れ様でした。

2日間で信じられない成長を見ることができて、とてもエキサイティングでしたよ!!

引き続き頑張っていきましょう!


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

まだデータがありません。

週間

PAGE TOP