メルマガで思うような結果が出ない理由





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「結果を出す」と言っても、色々と基準値があります。

では、とりあえず例として業界最大のASPであるインフォトップのランキングを見てみましょうか。

→ http://ayu777.net/rank2016.html


私は普段ランキング非公開なのですが、話に説得力を持たすために、一時的に公開してキャプチャを撮りました。

今は、もう非公開です。


これを見ると、そうですね・・・

毎月最低でも200万円は、基準として欲しいところですけど、とりあえず150万円としましょうか。

インフォトップでこのくらいの結果をコンスタントに出すには、どうしたらいいのかって話です。


何が大事だと思います??

どうしたら、結果が出ると思います??


これはですね・・・


ズバリ、集客です。

それも、継続的な集客です。

継続的に集客ができているか否かが、とっても重要なんですね。


現在のリスト数ではないですよ。

「継続的」に「集客」ができていないとダメなんです。

メルマガ読者が数千人いようと、今もって「継続的」に「集客」ができていないとダメ。


天才的にマーケティングが組めていて高額コンテンツを超濃密顧客にリピートで販売できていれば話は別ですよ。

だけど、そんなのはトップオブザトップ。

一握り中の一握りです。

そうではない普通の我々は、ちゃんと集客し続けないといけません。


販売するコンテンツが良かろうと、

セールスが上手かろうと、

メルマガでファン化を頑張ろうと、

集客できていないと意味がありません。


いや、これらが無意味ってことはありません。

どれをとっても大事ですし、ちゃんと磨いていくのは当然な話です。

だけど、やっぱり集客です。

今のリスト数云々ではなく、継続的に集客ができていることが重要。


じゃあ、どのくらい集客できていれば、いいのかって話になりますよね。

まずは最低限目指す部分で、1日平均5名は新規読者が欲しいです。

このくらいは目指して欲しいですね。

逆に、このくらいあれば、そこそこ結果は出していけると思います。

できれば、無料レポートではなく、自分のメルマガ登録ページやブログ経由での登録が望ましいです。

集客方法は有料でも無料でもかまいません。

無料で1日5名の新規読者があれば、これはかなり素敵ですよ。

特に検索エンジン経由のブログからのメルマガ登録は良いです。


そうですね・・・

三浦 孝偉さんの1日の新規登録者数が、どれくらいなのかを知れたらいいですよね。

2月は5位です。

http://ayu777.net/rank2016.html


少なくとも、普通の人はそれよりも多くないとダメですよ。

孝偉さんほど発信力やファン化の力が、普通の人は無いわけじゃないですか。

そうしたら、集客で劣っていたら、あの数字になんか絶対にたどり着けないわけ。

加えて、「情報発信バイブル」というメガヒット教材の購入者さんもいますから。


あとで新規登録者数を、孝偉さんに聞いてみます。

今どのくらいなのかな〜。


最低限の目標が1日5名だとすると、目立つ結果を出すには1日30名くらいは、平均で集客できていたいです。

1カ月で900名ですか。

こうなると、それこそインフォトップの150万円は固いと思います。

良い商品があれば、200万円も普通に毎月超えていけるでしょう。

発信&セールスが上手ければ、もっと行けます。

500万円なんかも普通に見えてきます。


もちろん、この集客数になりますと、広告は必須ですよ。

有料の集客を展開しないといけません。


例えば、メンタークラブ2期生の坂本さん。

彼は書道家として活動しているのですが、最近2回くらい月収1000万円を超えました。

それまで、200万円くらいだったのが、ドーンと伸びたわけです。

マーケティングの精度は上げましたが、決定的に変わったのは集客です。

確か号外広告を月に4〜5回出したはずです。

広告費として100万円ちょっとくらいかな。

それまでは、そんなアグレッシブに集客をしていませんでしたが、号外広告で踏み込んだら結果に直結しました。


ちなみに、私の例で言いますと、1日100名の新規読者を獲得しています。

有料での集客が8割で、無料では2割ほどです。

広告はfacebook広告とグーグルアドワーズとYDNを使っています。

まあ、ほとんどがfacebook広告ですね。

アドワーズとYDNはイメージ広告的に使っているので、読者獲得は1日3〜5名ほど。

ゆるーーーい運用です。

これに加えて1〜2カ月に1回、キャンペーンを打って9000名ほどの新規読者を獲得します。

そんな感じですね。

今後はもうちょっと気合を入れて、1日500名というところをターゲットとして考えています。


ということで、

・最低限1日5名の新規読者

・1日30名以上だとかなり良い

ここを基準値に自分の集客を見直してみてください。


ちなみに、インターネット集客について、セミナーを無料公開しました。

インターネット集客・インターネット広告を解説するセミナーを無料公開します。
インターネットビジネスを始めて、今年で7年目となりました。7年間やってきて改めて思うことは「集客を制するものはビジネスを制する」ということです。 売上を決める公式として、売上=単価×成約率×客数というものがあります。もちろん、全て重要なのは言う...

この動画は販売しようと思っていたものですので、内容はかなり良いものだと思います。

集客についての知識が不足している方は、見ておいてくださいね。


メルマガを発行している人で、2〜3日に1登録というような人って、結構いると思います。

それで、なかなか結果が出ないと困っていたりするわけです。


「日々の発信も良いと思うし、セールスも気合入っているのになあ」

なんて悩んだりするんですね。


それを解決するのが「集客」です。

個人ブランドがどうのこうの、セールスがどうのこうの、考えることは多くありますし全部大事です。

だけど、ちょいと集客状況を確認してみてください。

その上で、お話しした基準に達していないなら、今すぐ「集客」に注力しましょう。

それだけで、かなり結果が変わりますよ。



PS

メルマガについて「集客」以外の観点は、こちらの記事にまとめました。

メルマガアフィリエイトで稼ぐための5つのポイント
メルマガアフィリエイトは、1度の配信で多くの読者さんに情報を届けることができる上に、ブログと違いこちらのタイミングで情報を届けることができます。このような媒体を「プッシュ媒体」といい、セールスなど「人を動かす」ということに非常に強いという特徴があ...

基礎的な部分から丁寧に解説しましたので、初心者は必見の記事だと思います。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP