後発で業界に参入して、トップ層をなぎ倒す方法。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はブルーオーシャンには興味が無く、レッドオーシャンに参入するのが好きです。

といいますか、基本そればっかりです。

レッドオーシャンでもマーケティングが幼稚園レベルな業界ですと、これは本当にご馳走にしか見えない世界です。


タイトルの、

「後発で業界に参入して、トップ層をなぎ倒す方法。」

ですが、実は難しいことはありません。


ポイントは2つしかなくて、

・トップ層のいい所を参考にする
・自分の武器を注入する

ということだけなんですよ。


例えば弊社で参入した天然石業界。

参入時には明確にターゲットとしたネットショップがありました。

本当に素敵なショップでして、「この世界でこんな感じでやる人がいるんだ!」と感動を覚えたほどでした。

ですから、まずはこのショップがやっていることを研究し、それを120%で実践しました。


そこに加えて私が得意としている、ネットマーケティングの要素をどんどん投入していったわけです。


具体的には、

・ネット広告
・情報発信
・動画の活用(生放送含む)

という所です。


この辺に関しては得意過ぎるので、負ける気は全くありませんよね。

研究したことを120%実践して、得意な事を加えていくわけですから、ターゲットとしたショップに実績も評判もグングン迫っていくわけです。


そうすると、何が起こると思います?


ターゲットとしていたショップが、私たちのショップを意識しだします。

意識して、真似をするわけです。


YouTubeで動画を配信してみたり、LINE@を始めてみたりするのです。

私たちのショップの「ような」セールを、いきなりやったりするのです。

ところがところが、マーケティングというものはそんな簡単なものではないので、真似なんてできないんです。

特に情報発信というのは、知識と経験とカンが要るので、とっても難しいです。

そんな感じで、意図している「狙い」を理解せずにやるので、劣化コピーどころの話ではありません。


そうこうしているうちに、ペースを乱してしまい、元々持っている良い部分が薄まり、お客さんが離れる事になります。

トップ層は前だけ見て走ればいいんです。

後ろを振り返っちゃうから、曲がって進んでしまうんですよね。


私の大好きだったショップは、残念ながら今は虫の息です。

ですが、こちらも遊びではなく、市場も限られているので、仕方のない事だと思います。



弊社は天然石業界で、ショップを2つやっています。

1つは高級天然石のショップで「premium stone gallery」というもので、もう1つは今年始めたものです。

もちろん、こちらのショップも、ターゲットとしているショップがあります。

このターゲットとしているショップが、LINE@を開始しました。

実は少し前からペースを乱している事を感じていましたが、LINE@の開始はかなり大きいと思います。

弊社としても一気に勝負をかけるタイミングがやってきたと感じています。


後ろを振り返って意識してしまうと、破滅に向かってしまうということには、唯一の「決定的な理由」があります。


それは、、、


お客さんの方向を
〜〜〜〜〜〜〜〜

向かなくなるからです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私たちが一番考えるべきは、お客さんのことです。

お客さんのためになる事を、お客さんが楽しめる事を、お客さんが喜んでくれる事を、第一に考えなくてはいけません。

マーケティングも、全てそこに向かっているからこそ、売り上げにつながるんです。


追いすがるライバルを見てペースを乱すと、ライバルばかりを見て、お客さんを見なくなります。

見るべきはライバルではなく、お客さんです。

綺麗事でも何でもなく、商売の基本はお客さんを見る事です。

これ無しで上手くいくわけがないんですよね。


トップを走るのは大変です。

背後から追いすがって来る新参者が気になるのは、それはもちろん分かりますよ。

ただ、そんな時にでもペースを乱さず、前を向いてお客さんを見て、走り続ける事が重要です。


新参者を見るのもいいですけど、それが今のお客さんにとって本当に必要なものかということは、常に考えなくてはいけません。

そんな事を思った、とある秋の祝日でした。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP