お金を稼ぐと性格が悪くなるのか?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「お金を稼ぐと性格が悪くなる」「お金を稼ぐと人が変わる」と、世間ではよく言われます。

あなたは、これについてどう思いますか?

お金を稼いだ結果、ちょー嫌な奴になった人が周りにいるなんてことはありますか?


私はお金が人の性格を悪くするのではなく、本来の性格が表に出てくる、もしくは、増強されるのだと考えます。


世の中のほぼすべての人は、何らかの抑圧のもとに生きています。

本当の自分を隠しながら、毎日を生きているのです。

そして、その理由というのが、私たちが資本主義社会の中に組み込まれていることにあります。


この世の中では、自給自足で生きない限りはお金が必要となります。

ですから、何とかして、お金を得ていかなくてはいけません。

すると、我々は一般的に、会社勤めをすることになります。


ここでいわゆる・・・

・嫌いな上司
・理不尽な取引先
・性格の合わない同僚

などと、うまくやる必要が出ます。


そして、

・乗りたくない満員電車
・やりたくない仕事
・行きたくない飲み会

などにも、耐えなければいけません。


要は給料を得るために、自分を押し殺して生きていかなくはいけなくなってしまうのです。

もちろん個々の特性もあるので、度合いは様々だと思います。

ですが、会社でやっていくには、自分より立場が上の人に対して、基本的には従うよりほかありません。

それが普通です。


ですから、私たちというのは多かれ少なかれ本当の自分を隠して、社会的に順応した仮面をかぶって人生を過ごしているのです。

平たく言ってしまうと、資本主義社会=お金によって支配され、「自分」を無くしているということ。

そして、お金の支配という抑圧から解放されない限り「自分」を出すことはないということになります。


そこに来て、急にお金を稼ぐとどうなるか?

この仮面が外れてしまうわけです。

仮面を外した後に現れるのは、「本当の自分」になりますよね。


先ほども言いましたが、自分を抑圧することの原因の大半は、お金によるものだと思います。

ですから、起業してお金を得てしまうと、その抑圧がなくなってしまい、仮面なんか不要になってしまうのです。


お金を稼ぐと性格が悪くなるのではなく、「本当の自分」が解放されるだけです。

こればっかりは「本当の自分」ですから、どうしようもないのだと思っています。

いかに、世の中の全てが資本主義社会の抑圧というか、お金に支配されているかが分かります。


FMCをやっていても、変わっちゃう人っています。

目の前のお金に走ってしまい、仁義もクソもなくなる人が、たまーに出てきたりしますよね。

私に直接的に何かあった事はないのですが・・・。

もちろん、そういったものを大事にするかというのは、人それぞれなのは間違いないです。

ですから、仁義的なことを押し付けるつもりはなく、自分が大事にしているだけです。


ただ、これっていうのも、お金を稼いだから仁義もクソもなくなるというのではなく、もともとそういう人だってことです。

これまで、資本主義経済の中で生きるために、仁義を守った生き方をしていただけで、それがお金を得たことによって、その生き方が不要になってしまっただけなんです。

ちなみに、そういう人はカラーが合わないのか、稼げるようになった後にFMCからいなくなってしまいます。


でも、逆もあるんですよ。


これまたFMCでの話です。

成果を出してお金を得るようになって、周囲への気配り、応援、サポートが、よりできるようになる人もいます。

そして、周囲の信頼や感謝の気持ちを得て、さらに大きく成功していきます。

今まではそういった目立つことをするのは、置かれた社会的な状況においては、マイナスでしかなかったのかもしれません。

もしかしたら、そういった余裕が無かったのかもしれません。

ただ、もともと気配りや応援やサポートをする気質を持っていたのが、お金を得たことで大解放されたということですね。

こうなると、お金を稼ぐと性格が悪くなるなんて言えないですよ。



何はともあれです。

FMCの文化としては成果を出した人が、これからの人を応援してあげる、支えてあげるという場所にしたいです。

そして、これからの人は、その先輩の姿を見て先輩のようになる。

そのためにムチャクチャがんばる。

そんな素敵な連鎖が続けばいいなと私は思っていますし、そうなるようにFMCを運営していきます。


ということで「お金を稼ぐと性格が悪くなるのか?」という問いの回答は、「お金を稼ぐと本来の性格が表に出てくる」だと私は思っています。

あなたは、どう思いますか?



ちなみに、性格が悪いことで有名な私ですが「小玉は中学校の頃から性格が悪かった」と、ネットのどこかに書かれていました。

私がかぶっていた仮面は、そこまで自分を隠せていなかったようです。

生まれてから今の今まで、ずーっと嫌な奴です、わたし。

悲しいですが持って生まれたものなので、多少は目を瞑っていただければ助かります・・・。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP