私が2年くらい続けているマーケティングの考え方。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前回、前々回と私のビジネスポリシー的な、そんな話をしています。

よかったら過去記事を振り返ってみてください。


「マーケティングじゃないからな、それ。」

→ http://kodamaayumu.com/blog/archives/5142.html


「疑いウイルス」

→ http://kodamaayumu.com/blog/archives/5146.html


かなり分量も多くなったので、この2つの記事を簡単にまとめると・・・

・私は商品を誰にでも売ろうとしていない。
・売っている事すら知られないように売っている。
・疑いから入る人についてはお引き取り願う。
・コミットの強い人が結果を出す事ができる。
・私の目的は結果を出させる事が最優先。

という感じになります。


誰にでも売ろうとせずこっそり売っても、今月の売り上げを先ほど確認したところ1401万円となっていました。

心から私の商品を欲しいと思っている人であり、この人に買ってもらいたいと私が思っている人に購入いただいてこれだけの金額になります。

これは、お互いにとって素晴らしいことです。


私は直近2年くらい、このやり方を続けてきました。


「小玉の商品なかなか買えない、むしろどこで売っているのマーケティング」

です。


これを続けることで私は精神的にストレスを抱えず、それでいて成功者も多数生み出すことができたわけです。

例えば私の主宰するコミュニティーは、こんな感じの雰囲気になっています。




・・・こんな感じのことをやっていると「あれ?FMCのセールスくるんじゃね?」と思うかもしれませんが、セールスしません。

そういうことをしたいわけではないので。

むしろ、あえてセールスしないというレベルです。


私のコンテンツが欲しいと思っていれば、いつか購入できるタイミングが来るでしょう。

それは、あなたにとっても私にとっても、その購入が最高の結果につながると断言できるという状態になった時です。

もったいぶっているわけではなく、そうしたほうがお互いに良いんですよ。


私は私のコンテンツには圧倒的な自信があります。

私自身、何もない普通のサラリーマンだった所から年商10億円の会社を作れましたし、年収1億円を超える教え子も4人輩出しました。

年収数千万円規模なら数え切れません。


とはいえ、そのコンテンツを手にした人が、全員結果を出せるとは思いません。

そのコンテンツの通りに全て実践すれば、年収3000万円程度なら行くと思います。

このくらいの金額であれば、頑張れば普通に届くような感じで、私のコンテンツは作られています。

ですが、昨日話した「疑いウイルス」が体の中にいたりすると難しいわけです。

ですから、いつでもどこでも売らないよという事です。


「稼げる情報を他人に教えるわけがない」とか、そんな事を言っている人に自分の大事なコンテンツを渡したくないと思うのって普通だと思いませんか?

渾身のコンテンツを渡したのに実践せず、あげくに「小玉のコンテンツ稼げない」なんて事を言うような人に売りたくないって普通だと思いませんか?


ネットビジネスをやっている人は、無限にたくさん稼ぎたいと思っているはずです。

ですが、頭の片隅にでもいいので、この3日間のメールの内容を置いておくと良いと思います。


私ののコンテンツは極めて強力で、実践すれば間違いなく大きな結果が出る。

魅力的に見せれば必ず誰しもが欲しがるだろう。

だけども、そのコンテンツは、誰にでも売るようなものではない。

ほとんどの人は買う事ができない。

心から私の商品を欲しいと思っている人であり、この人に買ってもらいたいと私が思っている人に、その商品を手にしてもらう。


これを考えてビジネスを進めると、自分自身も顧客も互いに大きな結果を出し、永久に続く正のスパイラルに入ります。


これが2年くらいやっていた

「小玉の商品なかなか買えない、むしろどこで売っているのマーケティング」

です。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

▶︎小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP