『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』

6月13日に幻冬舎から私の新刊が発売になります。


普通に大学を出てサラリーマンをやってきた私は、世の中って意味分かんない「常識」がたくさんあると感じます。

あまりに「不条理な常識」が多いんですよね。


『クビでも年収1億円』でもたくさんの「不条理な常識」を指摘しましたが、まだまだこんな物じゃないと思っています。

みなさんも、たくさんあるでしょう?


始業時間は9時なのに、8時くらいから会社にいるヤツがエラいみたいな風潮とか。

休日に会社からの電話に出れなかっただけで、「人間失格」みたいに怒られたりとか。

ものすごく売上を作っているのに、給与にはほとんど反映されなかったりとか。

混むのが分かっていて、世の中の出勤の時間が一緒とか。

仕事をがんばる事よりも、社内政治に忙しそうにしているバカ課長とか。

年長者ってだけで役職にいるヤツに、飲み会でお酌をしなければいけない事とか。


心のどっかでモヤモヤを抱えながらも、「しょうがないよ」って思ってますよね。

でも、それって洗脳みたいな物だと思いますよ。


なので、「常識人」ってただ世の中に洗脳されてるだけの人だと思います。


まあ、サラリーマン経験の無い人にはわかんないでしょうね。

妄想で「サラリーマンはクソだ!」なんて言っても、「いやいや、お前に何が分かるんだよ」って思いますよ。

普通に止めた方がいいですよね。


そんなこんなで、おかしい事を「おかしい!」と言えるのは自分しかいないと思っています。

ですので、これからもどんどん言っていきます。


本当に世の中「不条理な常識」にがんじがらめになって身動きが取れなくなっている人が多い。

日本が元気無いっていうのもそのせいだと思っています。

こういった物から解放されて、みんなが生き生きした人生を送れるようになってほしいと思います。


というか世の中がこんなにも変わっているんだから、昔の常識なんて今には足かせにしかならないですからね。

そんなものを吹っ飛ばして自由に生きましょう。


6月13日発売です。

お楽しみに!!


3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP