号外広告って凄いなと今更思った。

私の媒体では2月から号外広告を販売しているのですが、想像以上にイケている結果になっています。

何がイケているかというと、広告を出した人の費用対効果ですね。


以前に、せどり教材で広告を出された方がリスト取りではなく、レターを直で出して普通に広告費をペイした話をしました。

確か2万円とかの教材だったと思います。


最近、さらに驚愕の報告がありました。

なんと号外広告1通で、29万8000円のスクールに3件の申し込みがあったとの事です。

しかも、これまたレター直の紹介。

19万8000円の投資で、89万4000円の売上って、かなりいい感じの結果だと思います。


ただ、上記のいずれの方も、やっぱりリスト取って、そこからのステップの方がいいと思うんですけどね・・・。

余計なお世話か!!



ちゃんとリストをとって結果を出したと言えば知っている範囲ではゴールデンクラブ生の中川くん。

最近メルマガスタートして直後に号外広告。

何リスト取れたかは聞き忘れましたが、その流れでアフィリエイトをして合計40万円の報酬を得たそうです。

初メルマガアフィリエイトではかなり立派な結果。


結果を出したご褒美にに、ここで紹介しますね。

なかなかしっかりブログがんばっています。

http://nakagawayosuke.com/



あ・・彼は副業なのか。

まあ、これでバレてしまって晴れてクビですね!


みなさん、応援してあげてください。



あと、トシ君もうまく活用してくれていると思います。

自社のキャンペーンのリスト取りに使っていただいていて、どのくらいのリスト数かは分かりませんが反応はいいはずです。

でも、もっと重要な事があって、それは告知効果があるってことですね。

要は、世のアフィリエイターたちに、「こういう無料オファーありまっせ!」と知らせる事ができる。


キャンペーン主催者側じゃないと分からないと思いますが、今はアフィリエイターに動いてもらうのって大変です。

昔は「無料オファーやりまーす!」って言ったら、多くのアフィリエイターが動いて1万人とか2万人とか登録者が集まってたんです。

だけど、今は色んなキャンペーンがかぶりまくるでしょ?

そうなると、多くの情報に自分のキャンペーン情報が埋もれて、紹介してもらうのが大変になるんです。

キャンペーンの存在を知らしめる事自体が大変という・・・。


そうしたら、私の媒体みたいに業界に広くリーチしている所に普通に号外広告を出すじゃないですか。

そして、登録後にリダイレクトとか自動返信で「あなたも紹介しませんか?」ってアフィリエイトのオファーを出すんですよ。

すると、いい感じに広がっていきますよね。

私みたいな情報収集オタクであれば、センスのいい無料オファーがメルマガで流れてきたら見てすかさず自分も紹介しちゃいますし。


トシ君にこういった意図があったか分かりませんが、複数回広告を出していただいている所を見ると考えている感じはします。



最後に小山さん。

3回号外広告出していただいて、こんな感じでFacebookに書いてくださいました。

==============

今回のテーマは、ズバリ『集客』

という事で、人生で1度は悩むテーマだと思うのですよ。
ビジネスをしてる、してないに関わらずね。

で、ある程度ビジネスをしている人は
『広告』を売ってみよう~って話になる訳ですが、
初心者だと、どれにお金をかけたらいいか分からない!

そんな人は多いと思います。

そんな中、私はテストの為だけに
広告をガンガンつぎ込みます。

その中で、今月面白かったのが、小玉歩さんって人のメルマガです。

ご存知ならOKですが、

知らないかもしれないので、一言

現在、私の著書「5分の使い方で人生は変わる」は
軒並みランキングで上位に出て、NHKでも特集されたのですが

実はその時、私の本は”2位”であって
”1位ではない”のです。

さて、なんとなく想像がつくと思いますが
その時の1位が小玉歩さんです。

大体どこのランキングでも、

小山竜央のランキングの上には、小玉歩がいる。
こんな構図です。

ネット界隈では知らない人はいない程の有名人で、

詳しくプロフィールを書くと、

仮面社蓄という本を書いてる人です。

そして会社をクビになって億万長者になった人です。

あれ?2行でプロフィールおわっちゃった。

まあいいか。

そんな小玉さんなのですが、
今月からメルマガ号外広告を募集していたので、
こっそり入れました。

A、B、Cって広告があって

よく分からないけど全部入れると
276,000円になります。

これを2回申し込みしました。

なので、ちょっと計算できないけど50万くらいかな。
(実は暗算が苦手です)

何で2回申し込みするの?って

広告は2回目に効果が一気に下がるからです。

広告の事も分かってない常識知らずの人は、
大体1回しか配信しないか、お金がないか、ど素人のどれかです。

見ればわかります。

で、広告効果を調べるときは、
必ず1回目と2回目を比べたとき
どこまで反応率が下がるかが問題。

小玉さんのメルマガを読んでると分かりますが

いや今いっぱい広告が飛んでるじゃないですか、

明らかに失敗作みたいな号外もあって、
絶対効果とれてないよね~ってのがあったけど

うちで言うとクリックがA+Bで
今1200くらい。

まだまだ伸びそうです。

小玉さんが使ってる、エキスパートメールのクリック測定と

うちの計測ツールではクリック測定が
10%くらい乖離があるので、実数はもっと増えてるかもしれない。

まあ、1回の配信で、
1000クリック以上取れてるので
かなり反応いいですね~って話なんですが、

さっきも言ったように、反応はどんどん下がるので
2回目が問題ですし、ただ広告を打つだけでは意味がない。

最終的な着地点として、どれだけ利益が出せるか?

がやっぱり問題じゃないですか~。

まあ、その辺りはここでは掲載できないので
明日お話します!


*下記より転載
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1452310468332212&set=a.1433789660184293.1073741828.100006598183162&type=1&stream_ref=10

==============


こうやって見ると、かなりイケている媒体だぜ!と思うと同時に、みんな号外広告活用しているな~と思いました。

そういえば、私も以前号外広告を打ちまくってテストをしまくった事があります。

その時に特に反応が高かったのが、原田陽平さんと中松祐太さんでしたね。

しかも、安いんですよ。


一気に大量にリストを集めようとすると無料オファーとかがいいでしょう。

でも、最近は顧客リスト取得単価が800~1200円とかどえらい事になってきている時代です。

しかも、1回に1000万円は用意しとかないといけないですしね。

なので、そんなに超大量に人を集めるわけでなければ反応の高い媒体に号外広告を出した方が、顧客リスト獲得単価も低いですし、登録後の精読率も高いです。


以前、デヴィ夫人のメルマガに号外広告を出したんですね。

クビ億発売時に立ち読みのオファーを投げたんです。

広告は1通50万円だったんですけど、1000名ちょっとの方に立ち読み登録いただきました。

そしたら、顧客リスト獲得単価500円だから、かなりいい感じだと思うんですよ。

まあ、読者さんから「こんな下品なタイトルの書籍を宣伝するな!」とクレームメールがたくさん届いたのはいい想い出です。(遠い目)



そんな事を思いながら、またちょっとマーケティングを練って号外広告乱れ打ち作戦をしたいなと考えてました。

顧客リストを獲得したくて少々費用を使えるのであれば、メルマガ号外広告が今はいいと思います。


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP